映画『ホンモノの気持ち』(2018年)のザックリとしたあらすじと見どころ

恋愛ドラマ

映画タイトル:ホンモノの気持ち

原題:Zoe

製作年:2018年 アメリカ

監督:ドレイク・ドレマス

スポンサーリンク

◆映画『ホンモノの気持ち』は、

人間関係の改善に取り組む研究所の研究者と、そこで働くヒロインの恋を描いた映画です。
が、ヒロインはアンドロイド。愛してはいけないものを愛してしまうー、王道のラブストーリーです。

スポンサーリンク

◆キャスト

・ユアン・マクレガー(コール)
研究所の研究者

・レア・セドゥ(ゾーイ)
研究所職員

・テオ・ジェームズ(アッシュ)
研究所で製作されたアンドロイド=シンセ

・ラシダ・ジョーンズ(エマ)
コールの前妻

・クリスティーナ・アギレラ(ジュエルズ)
シンセの売春婦

・ミランダ・オットー(デザイナー)
シンセの売春宿の女主人

◆映画『ホンモノの気持ち』の見どころと感想

(*ちょっとネタバレありです)

-Netflix

人間関係の改善に取り組む研究所では、人間ソックリのアンドロイド、シンセを製作し人間との関係をモニターしています。

そこでアシスタントとして働くゾーイ。研究者のコールに好意を抱くゾーイは、ある日相性診断テストを試行。が、テストの結果2人が恋愛関係になる確率は0%。ショックを受けるゾーイですが、さらに驚きの事実をコールに告げられます。

ゾーイこそが、この研究所が生み出したシンセだったのです。
自分が人間ではないと知ったゾーイですがコールへの思いが消えることはありません。
一方、コールもゾーイのことをー。


アンドロイドが人間のようにふるまい―、というストーリーは、これまでも近未来的SF映画でも多く描かれてきました。それらの映画に比べると、設定が甘いとか、世界観が狭すぎるとか、ツッコミどころが満載のこの映画。

が、これは恋愛映画。恋をしてはいけないものに恋してしまう切なさを描いたラブストーリーです。

そして切ないのはゾーイのコールへの思いよりも、コールのゾーイへの思い、つまり人間が機械に恋すること。人間が恋する相手は人間だけでしょうか。人間以外の存在に恋をしてしまったらー、まずはそれが「恋」だと認識することから悩んでしまうことでしょう。

コールもさんざん悩みます。自分が作った機械なのに気持ちが動いてしまう、が、交通事故で損傷した姿を見て「人間ではない」という現実が心を揺さぶってしまうのです。

そんなコールを演じるのは、ユアン・マクレガー。イイ感じに渋くなったユアンです。

が、この映画の見どころはレア・セドゥ。全然アンドロイドっぽくないレア・セドゥですよ。
もうちょっとアンドロイドっぽいキャストもあっただろうに、おそらくあえてのレア・セドゥ。生身感の強いレア・セドゥを持ってきたところが悩ましいったらありゃしない。

繰り返しますが、これは王道のラブストーリー。細かい粗は気にせずに、思う存分恋する切なさを味わう映画『ホンモノの気持ち』は、Netflixで。

タイトルとURLをコピーしました