あなたの知らない【 雪次郎 の世界 】

あなたの知らない【 雪次郎 の世界 】

歌は心で歌うもの。
人は喜びを歌い、また悲しみも歌う。

そんな「歌う心」をはぐくむためには「歌詞の世界」を深く深く理解しておくことが大切です。

さあ、深堀りしてみましょう。思う存分に掘ってみましょう。

 

今回取り上げる楽曲は『 雪次郎 鴉(ゆきじろうがらす)』

 

下地亜希子作詞、宮路オサム作曲のこの曲ですが、私は一度たりとも聴いたことはありません。

まったく存じ上げません!

 

さあ、どんな世界が待っているのでしょうか。

 

Advertisement

雪次郎 「自分探しの旅」に出る

 

”酒と女とケンカが好きで、ひとつおまけにお人好し” (『雪次郎鴉』 歌詞より引用 以下略)

 

はいはい、こういうタイプの男性なんですね、雪次郎は。
最近では珍しいタイプかもしれません。

が、そもそもこれは「誰評価」なのでしょうか。
雪次郎の「自己イメージ」なのでしょうか。

「自己イメージ」と「他者評価」がズレているのは往々にしてあることで、それがもとで人間関係がこじれることも珍しくありません。

職場の人間関係トラブルも多くはコレ。

雪次郎さん、自分をわかっていますかー?

 

とりあえず、私が思うところ雪次郎は「次男」です。

日本の「二郎」または「次郎」の上には「一郎」もしくは「太郎」という兄がいるケースが多く、有名どころでは、『石原慎太郎 ー 裕次郎兄弟』『小泉孝太郎 ー 進次郎兄弟』などの例があります。

ちなみに南極でめちゃくちゃ頑張ったあの『タロとジロ』も兄弟で、三男は『サブロ』です。

 

――――――

 

雪が降ってはやみ、降ってはやみを繰り返し、日の差さない玄関先が泥まじりの雪に覆われる季節に生まれた「雪次郎」

雪次郎には二つ違いの兄がおり、名は「晴一郎(せいいちろう)」といいます。
5月の雲一つない晴天の日に生まれ、その名のとおり清々しい性格で見た目もシュッとした好青年の晴一郎。

これに対し雪次郎は、一見、明るく振舞ってはいますが、実は根が陰湿で体躯もゴツイ。

さらに雪次郎には8つ離れた弟がおり、誰もが「ホントにうちの子か?」と疑うほどミステリアスな雰囲気を醸し出しているー、彼の名は「霧三郎(むさぶろう)」といいます。

そんな男三兄弟で育った雪次郎は、努力の甲斐あってそこそこの大学を卒業し、3度の転職の後、現在は食品メーカーの子会社で営業職として勤務しています。

――――――

「酒と女とケンカがー」などとイキって歌っておりますが、こうした行動は間違いなくコンプレックの裏返しです。

「おまけにお人好し」というのも、雪次郎サイドの「自己イメージ」もしくは、飲み屋のママが誉めどころがないときにきまって使う常套句です。

「もう、雪次郎さんったら、ホントに人がイイんだからっ。お銚子もう1本つけとくわね」というアレです。

 

”出世かみしもパラりと脱いで、羽根もないのに旅鴉(たびがらす)”

 

「出世には興味ないゼ」ってことでしょうか。
というか、コンプレックスの塊なのに酒や女やケンカに走るとは、明らかに「ストレス・コーピング行動」に問題ありです。

酒とか女とかケンカとか言っとる場合じゃないっ!

一度ゆっくりを時間をとって休むことをお勧めします。

旅行はいかがでしょうか。

 

”みぞれ舞い散る甲州路”

 

ハイ、行先了解いたしました。

 

”肩で風切る雪次郎”

 

いつまでもそんなこと言ってないで、普通に歩きましょう。

 

”バカは死ななきゃ アアン…アン”

 

どうした!雪次郎、しっかりせい!

 

“直らねぇ”

 

大変です。雪次郎は自分を見失ってしまったようです。

果たして雪次郎は長期休暇明けに、無事に職場に戻ってくるのでしょうか。戻らなければ雪次郎の処遇はー。

 

ハイ、次、2番にまいりましょう。

 

Advertisement

雪次郎 家族を思ってさまよう

”元をただせば侍くずれ、野暮でござんすいうじゃねぇ”

 

雪次郎は2つ上の兄の影響で、小3の頃から野球をしていました。

中学、高校とも野球部のレギュラーで、一時は「プロ野球選手」を志していましたが、地区予選で敗れ、甲子園には行けずじまい。
大学に進学しサークル活動や合コンに明け暮れるうちに、その夢もうやむやになってしまいました。

「あのまま野球を続けていたら、俺も今頃『侍ジャパン』だったなー」というのが、飲んだときの雪次郎の口癖で、いつしか人は「侍くずれの雪次郎」と言うようになったー、という野暮な話です。

アンタdisられてんのよ、わかってる?

 

”可愛いあの娘(こ)の情けを蹴って、捨てた故郷、両親(おや)の顔”

 

「モテる、って言うかー、言い寄ってくる女もいたわけヨ」みたいに、聞いてもいないことをペラペラしゃべる男がいますが、雪次郎もそれですね。

カッコつけてないで、たまには里帰りしてほしいところです。

 

”脇差(どす)を抱き寝の東海道 泣けてきやんす雪次郎”

 

思いつめた雪次郎が物騒なものを持ち出したのか! と、思いきや、そうではありません。

さっきから適当にスルーしてきましたが、タイトルにもあるように雪次郎には「鴉(カラス)」という一言がついています。

これは、「雪次郎@カラス」的な意味合いで、さしずめ「チームカラス」「カラスグループ」「カラスブラザー」のようなものです。

 

いいですか、ココ大事です!

 

脇差(どす)=ドス。

ドス@カラス。

つまり、ドス・カラス。

 

入場曲『スカイ・ハイ』とともに、華麗なる空中殺法で1970年代の少年少女の心を鷲摑みにしたメキシコの覆面レスラー、ミル・マスカラスの実弟です。

 

つまり、「ドスを抱き寝のー」は、年の離れたミステリアスな弟、霧三郎を思ってー、のことです。

そりゃ、泣けてきやんすね、雪次郎。

 

”バカは死ななきゃ アアン…アン”

 

もういい! そんなに自分を責めるもんじゃありません。

 

“直らねぇ”

 

開き直るのはまだ早い。とりあえず東京に戻って会社に行きましょう。

 

さあ、最後は3番です!

 

Advertisement

雪次郎、ふたたび旅に出る

”人の値打ちをうわべで決める そんな世間はまっぴらさ”

 

なんとか長期休暇から戻ってきた雪次郎ですが、期末の人事考課で厳しい評価を受けたようです。

おまけに同期のシマダが課長に昇進することにー。

これを知った雪次郎は「シマダが課長になんの?あいつうわべだけじゃん」と荒れ狂います。

 

”ゆすりたかりは見捨てておけぬ 男一匹暴れ旅”

 

行きつけの居酒屋は健全な客が多く暴れることもできない。

鬱憤のたまった雪次郎は、Twitterや有料note、サロンなどで巧みに集客していく猛者たちにクソリプを飛ばしまくりましたが、やがて孤立していきます。

 

”明日は木曽路か中仙道 草鞋(わらじ)任せの雪次郎”

 

今度は休暇ではなく、出張です。
先週納品した商品に重大な不具合があり、謝罪のために出向かなくてはなりません。

でも、雪次郎、安心してください。

日本全国、ネットは繋がっています。

靴なら激安の通販「ヒ〇キ」だってあります。

頑張れ、雪次郎! 負けるな、雪次郎!

 

”バカは死ななきゃ アアン…アン”

 

またそれかいっ!

って、「死ななきゃ詐欺」じゃない!? 「アアン…アン詐欺」じゃない!?

 

“直らねぇ”

 

直りませんっ!

 

”オソマツ!!”

 

って、誰!? 誰呼んどんねん!

 

―――――――

 

えーっと、冒頭にもお伝えしましたが、私はこの「雪次郎鴉」という歌は一度も聴いたことはありません。

今回、私が深掘りして作り上げた「雪次郎の世界観」が損なわれるのがイヤなので、今後もこの歌を聴くことはないでしょう。

 

ただ、これからも日本のどこかで、全国の「雪次郎」を私は応援しています。

 

頑張れ、雪次郎! 負けるな、雪次郎! アアン…アン雪次郎!

モロモロの書庫カテゴリの最新記事