『 うちにユダヤ人がいます 』ラーラ・ヴァプニャール 不合理の面白さ

『 うちにユダヤ人がいます 』ラーラ・ヴァプニャール 不合理の面白さ

『 うちにユダヤ人がいます 』は、ユダヤ系ロシア人作家による短編集です。

作者ラーラ・ヴァプニャールは1971年生まれ。2008年発刊の本書がデビュー作です。

 

Advertisement

『うちにユダヤ人がいます』はこんな話

表題作の『うちにユダヤ人がいます』は、ユダヤ人の友人母娘(ラーヤとその娘)を自宅にかくまうロシア人女性ガリーヤの物語です。

舞台はナチスによるユダヤ人狩りが進むロシア市街地。

戦地の夫からの連絡も途絶えがちになり、小さな娘と2人で暮らすガリーヤは、ナチスの支配から逃げ遅れた友人ラーヤ母娘を自宅にかくまうことにします。

ガリーヤの顔色をうかがうように生活するラーヤ母娘と、その存在にイラ立ちを覚えるようになるガリーヤ。

気分転換のために街に出たガリーヤは、ナチス兵士のいるこの場所で「うちにユダヤ人がいます」と言ったらどうなるだろう、と考えます。

 

――――――

 

ガリーヤの心境が面白い。

友情や親切心からユダヤ人である友人をかくまったのに、次第にその狡猾さに嫌悪感を覚えるようになるガリーヤ。

その微妙な気持ちがなんとなく理解できるな、と思ったところでむかえるラストは、けして心地のいいものではありませんが、味わって損はないかも。

 

人の心の複雑さが、短い話の中にギュッと収められています。

 

Advertisement

人間は合理的なことだけをする存在じゃない、面白さ

表題作のほか、計6作品が掲載されているこの本のなかで、私がもっとも面白く読んだのは「愛人(ミストレス)」です。

 

タイトルから想像するなまめかしさは微塵もない、ロシアからアメリカに移民した家族の物語。

口うるさい祖母にうんざりし、その話相手になりたくないがために宿題に精を出す少年ミーシャ。

アメリカに移って以来寡黙になった祖父は、家族に勧められて渋々「英語教室」に通うようになり数ヶ月が経ちます。

が、その英語教室も終わりに近づき、もとの祖母との生活が戻ろうとしているー。

 

そのラストで寡黙な祖父がミーシャに放つ言葉がすごくイイんです。

「いいか、わしの通っている英語教室の授業は6月15日には終わらない。いや、つまり、終わるんだが、わしは別の教室を見つける、それが終わったらまた新しいのを見つける。ミーシャ、ブルックリンには無料の英語教室がたくさんあるんだぞ。どれくらいあるかなんてわかったものではなかろう!」(引用)

 

普通の人の小さな叛逆というか、抵抗というか、モチベーションもおかしいんだけど、それでもとにかく清々しい。

 

人間って合理的なことだけをする存在ではないー、という面白さが詰まった短編集です。

 

おすすめの本カテゴリの最新記事