友だちの誘いに違和感あり 宗教か?マルチか?

友だちの誘いに違和感あり 宗教か?マルチか?

20年以上会っていない「友だち」から突然の連絡があった。

久しぶりに帰省するので会いたいという。

 

「友だち」とはいったが、正確に言えば単なる「同級生」

在学中もそれほど親しかったわけでもなく、20年以上も会っていないのだから、それを「友だち」と呼ぶのもおこがましい。「友だちの水増し」のようなものだ。

 

ここではその「友だちの水増し枠」におさまる彼女をA子と呼ぼう。

 

Advertisement

 

「 友だち 」の誘いに違和感あり

「元気?」
「いまは何しているの?」
「どこで働いているの?」
「家は前と同じ?」

など、食い気味に聞いて来るA子にわずかな違和感を覚えながら、それなりに久しぶりの友立ち同士っぽいやり取りを続けた。

 

するとA子が、

「今日って予定ある?」

と。

 

今日!?

 

ワタシは「久しぶりに地元に帰るので、何人かで会いたいね。都合のいい日ある?」くらいの距離感で話をしていたつもりが、A子は急激に詰めてきた。

今日とはどういうこと?

 

久しぶりに帰るのでー、ではなく、すでに数日前から帰ってきており、A子は「今日なら会えるから」と。

 

ん?

A子への違和感が30%くらいに増した。

「えっ、今日って突然……」と、返事を濁し、「他に誰が来ると?」と聞いてみた。

「ううん。淀川ちゃん(ワタシのこと)だけよ」

 

ん?

A子への違和感は50%を超えた。

それほど親しくもなかった同級生と20数年ぶりに会う。しかも二人っきりでー。

どう考えても普通の「再会」ではなさそう。

 

「どう?今日ムリ?」と、畳みかけるように聞いてくるA子。

「今日はちょっとムリかな」と、やんわり答えるワタシ。

 

以下、緊迫の攻防戦の模様をどうぞ。

 

Advertisement

 

「 友だち 」が変貌していく

A子「ちょっとだけでも時間ない?」

ワタシ「うーん」

A子「私がそっちにいくから。近くでお茶しようよ」

ワタシ「イヤイヤ、それは……」

A子「30分でもいいの」

ワタシ「……」

A子「すぐにそっちに行けるから」

 

 

待てぃ!

 

 

「久しぶりに帰るのでー」ではなく、「もう帰ってきている」しかも「あなたの家のすぐそばにいるから」「30分でもー」って、もうぜんぜん友人の再会じゃないやん。怖いやん。

 

コレって、アレでしょ。

 

 

宗教もしくはマルチ。ネットワークビジネスかなんかでしょ!

 

ワタシ「いや、ムリっ」

A子「えーっ?どうして」

ワタシ「どうしてって、どうしてそうまでして会いたいと?」

軽く探ってみた。

A子「うーん、そう思うよね……」

ワタシ「うん」

A子「その変なアレじゃないよ。ただね、どうしても聞いてほしいことがあるの」

ワタシ「ナニ?」

A子「電話じゃムリな話でー」

 

いよいよ、あやしい。変なアレとしか思えない。

 

A子への違和感は99%に達した。

ワタシ「電話じゃムリなような大変な話には気が乗らないんだけど?」

 

と、結構強めに拒絶してみた。

 

が、A子はひるまない。

A子「そう?でもね、これってすごく大事な話で、ぜひ淀川ちゃんには聞いてほしくて……。まだあまりみんなには知られていないことだけど、知らないと大変なことになることでー」

 

みんなって誰?

 

もう完全に変なアレでしょう。

宗教かマルチかはわからんけど、ナニやっとんねんA子。

ワタシ「あー、そういうの興味ないしー」

A子「いや、聞いたら絶対そうは思わないって。すごく大事な話で、話をするのは私じゃなくてちゃんと信頼できる人だからー」

 

仲間がおるんかいっ!

 

勧誘する気マンマンかいっ!

 

A子への違和感が100%を超えてしまい、いよいよ怖くなったので本気でお断りの姿勢をみせた。

ワタシ「残念だけど、会う気はない。電話切るよ」

A子「えっ……。ホントに?ホントにー」

(電話を切る)

 

すぐさまA子の番号を着信拒否にし、自宅周辺を見回した。

怖いよ、なんだよ。A子。アンタやっぱり「友だち」じゃないよ。

 

Advertisement

 

それはもはや「友だち」ではなかった

数日後、別の友だちS(こっちはホントの友だち)にA子の電話の一件を聞いてみた。

 

Sは交友関係も広く人が良いので、もしかするとホイホイとA子の誘いに乗っているかもしれない。

 

S「あー、アレね。私も誘われたよ。でもね、ホントに忙しくて、旦那のお母さんがこっちに来ててー」

(以下、延々とSの愚痴が続くー)

「でも、それって2、3年前の話だけどー。まだやってんだA子」

 

2,3年前!?

Sによると、A子がハマっているものはマルチ商法的なもので、友だちに片っ端から連絡をしていたらしい。

が、その友だちの勧誘のピークは2、3年前らしく「とうとう淀川ちゃんにまでー、結構切羽詰まってるのかもね、フフフ」と、Sは笑いをこらえることなく言った。

 

おい、コラッ!「淀川ちゃんにまで―」って、どーゆーことやねん!

ワタシは初回の「友だち枠」には入ってなかった、っちゅーことか!?  切羽詰まった要員か!

 

A子への違和感は150%に達し、もはやそれは「違和感」なんていう生易しいものでもない。

 

もはやこれは「友だち」じゃない。

 

「ねえAちゃん。こんなこと(あやしい勧誘)してたら友だちなくすよ」

なんて「友だち」っぽいことを言わなくてよかった。

A子にとってワタシは「友だち」じゃないんだろう。

 

世の中うまくできているものだー。

 

「友だち」は大切に。

 

◆失業した男があやしい教団を作って金儲けしようとするが、さまざまなトラブルに巻き込まれる話。おすすめです。

 

 

<関連記事>

『非おばさん的中年女性論』カテゴリの最新記事