映画『 人生はシネマティック! 』(2016年)の ザックリとしたあらすじと見どころ

映画『 人生はシネマティック! 』(2016年)の ザックリとしたあらすじと見どころ

映画タイトル: 人生はシネマティック!

原題:THEIR FINEST

製作年:2016年 イギリス

監督:ロネ・シェルフィグ

◆映画『人生はシネマティック!』は、

第2次世界大戦中のイギリス・ロンドンを舞台に、映画製作に情熱を注ぐ人々を描いた人間ドラマです。

国民を勇気づけるためのプロパガンダ映画の脚本家に抜擢されたカトリン。
カトリンをスカウトしたバックリーとともに脚本を作り上げ、数々のトラブルに見舞われながらも映画は完成を迎えます。

が、そのときー。

 

Advertisement

 

◆キャスト

・ジェマ・アータートン(カトリン・コール)
コピーライターの秘書 映画の脚本家として抜擢

・サム・クラフリン(トム・バックリー)
情報相映画局の特別顧問 カトリンを新作映画の脚本家に抜擢する

・ビル・ナイ(アンブローズ・ヒリアード)
ベテラン俳優 長年パートナーを組んでいたエージェントのサミーを空爆で失う

・ジャック・ヒューストン(エリス・コール)
カトリンの夫
スペイン戦争で足を負傷。空爆監視員を務めながら画家を志している

 

◆映画『人生はシネマティック!』の見どころと感想

(*ちょっとネタバレありです)

-(C)BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THEIR FINEST LIMITED 2016

 

1940年ドイツ軍の空爆により瓦礫が散乱するロンドン市内。
映画館では国威発揚の映画が映し出されています。

 

コピーライターの秘書として働いていたカトリンが書いたコピーが情報省映画局の特別顧問バックリーの目に留まり、「ダンケルクの戦い」を題材にした映画の脚本家に抜擢します。

戦地となった海上で傷ついた兵士を助けた民間人の中に、若い双子の女性がいたこと新聞で知ったカトリンは、彼女たちの話を題材にしようと取材に出かけます。

が、取材の結果わかったのは、双子姉妹の船はダンケルクまでたどり着けず、ずっと手前の海上で救護活動を行っただけー、新聞報道ほどの活躍ではありませんでした。

 

しかし、カトリンはこの事実を隠し、双子姉妹が語った細かなエピソード(兵士のカバンに犬が入っていたこと、フランス人兵士にキスをされたこと)をアピールし企画を通します。

カトリンにはスペイン戦争で負傷し足が不自由となった絵描きの夫がおり、生活費を稼ぐために何としても稼がなくてはなりませんでした。

 

バックリーとパーフィットと3人で脚本作成に取り組みますが、早々に双子の話にウソがあることが露呈。

バックリーに非難され、その後も政府や軍から内容に関する横やりが入り、製作は難航します。

 

撮影が開始されてからも、双子姉妹の叔父を演じるベテラン俳優のヒリアードは、かつての栄光が忘れられず自分の出番が多くなるようにと、カトリンの手を焼かせます。

さらに米軍の注意を引くためにアメリカ人の英雄的パイロットを映画に起用することが決まります。が、まったく演技ができない素人ー。

 

何度も書き直しを迫られる脚本を共に書きあげるうちに、カトリンとバックリーは自然に惹かれあっていきます。

 

そんな中、夫エリスがロンドンで個展を開催。
映画のロケ地デヴォンから駆けつけるカトリンですが、そこで遭遇したのは夫の浮気現場。

失意のままデヴォンに戻ったカトリンに好意を伝えるバックリー。

 

そして、思いを伝えあった二人を襲うトラブルがー。

 

Advertisement

 

戦争の影が重くのしかかっているの中、賢明に脚本を書くカトリンやバックリーの姿が印象に残ります。

狭い仕事場でタイプライターを打ち続けるふたりが、惹かれ合っていくところがすごくロマンチック。

で、ベテラン俳優ヒリアードもウザイだけではない、人間の深さで魅了します。

 

あー、いい映画だな……、としんみりするところでショックな事件がおこるわけですがー。

 

――――――――

 

カトリン役のジェマ・アータートンって『007慰めの報酬』(ダニエル・クレイグ主演)でボンドガールを務めた美女のはずなんだけど、この映画では実に地味。地味さがイイ。

一方のサム・クラフリン
こちらも地味なナリをしていますし、性格(役柄の)的にも甘さ控えめなんですが、まさに英国紳士らしい美しさです。

 

結末はどうあれ、私はこの映画、間違いなく好きです。

自分の努力や仲間の存在を信じたいときに見直したい1本です。

 

映画レビューカテゴリの最新記事