映画『愛と裏切りのゲーム 殺人連鎖』(2000年)のザックリとしたあらすじと見どころ

サスペンス/ミステリー
*本記事のリンクには広告が含まれています。

映画タイトル:愛と裏切りのゲーム 殺人連鎖

原題:THE UNSCARRED

製作年:2000年 イギリス・ドイツ

監督:バディ・ジョヴィナッツォ

映画『愛と裏切りのゲーム 殺人連鎖』は、

20年ぶりに会う同級生たちの混沌とする善悪をめぐるネタバレ禁系のサスペンス映画です。キャストを見ても誰がどうなるのか予想できないB級ならではの面白さ!?

キャスト

・ジェームズ・ルッソ(ミッキー)
その日暮らしの賭博打ち アメリカ在住

・スティーヴン・ウォディントン(トラヴィス)
ミッキーの学生時代の友人 ドイツベルリン在住

・ハイノ・フェルヒ(ヨハン)
ミッキーの学生時代の友人 建築家 

・オルネラ・ムーティ(ラファエラ)
ミッキーの学生時代の友人 ヨハンの妻

映画『愛と裏切りのゲーム 殺人連鎖』の見どころと感想

(*ネタバレなしです)

1979年、ドイツベルリンの大学に通っていたミッキーは卒業を控えたある晩、飲み会で泥酔し、トラヴィスとの勝負事で揉めたあげく2階から転落。一命はとりとめたものの嘱望されていた野球選手としての将来を失ってしまいます。

20年後、アメリカで野球賭博による借金を抱え、その日暮らしを送るミッキーのもとにベルリンで暮らすトラヴィスから久しぶりの連絡が。

誘われるままベルリンを訪れたミッキー。建築家として活躍するヨハンの隠れ家で友人らと再会します。

が、その夜、トラヴィスがクラブから連れ帰った女性を誤って転落死させてしまいます。ミッキーはお金欲しさのためにこの殺人の隠蔽に加わりますが、そこにはー。

評)知らないキャストだからこその楽しみ方がここに

ほぼ4人による密室劇です。夢を失いヤサグレたミッキー、人は良さそうだけど浅慮なトラヴィス、仕事も金も手に入れたヨハンとその妻になった美女ラファエラというキャラ立てもわかりやすく、この4人の過去と現在の人間関係の緊張感を序盤から手際よく見せていきます。

ミッキーの過去の転落事故と同じような事故、そして隠蔽工作。途中から隠蔽に加わるラファエラのただならぬ仕切り具合や、クールに見えたミッキーの想像以上のゲスっぷりに「何かあるな」と匂わせる。

そこに驚愕の事実がー、というここから先はネタバレ禁の展開です。

何せキャストは知らない人ばかり。なので、「この人は実はー」という読みも立たず最後までストーリーを楽しめる映画です。ぜひ、ネタバレ禁でどうぞ。

◆Amazonプライムでの最新の配信状況はサイトでご確認ください。

Amazonプライム会員に登録
タイトルとURLをコピーしました