映画『カイロの紫のバラ』(1985年)のザックリとしたあらすじと見どころ

恋愛ドラマ

映画タイトル:カイロの紫のバラ

原題:THE PURPLE ROSE OF CAIRO

製作年:1985年 アメリカ

監督:ウディ・アレン

 

スポンサーリンク

◆映画『カイロの紫のバラ』は、

1930年代、大恐慌時代のニュージャージー州が舞台。映画館に通いつめるウエイトレスの女性と、映画『カイロの紫のバラ』から飛び出してきた役者とのラブロマンスです。

ウディ・アレン監督作品で、当時の恋人ミア・ファロー主演の、大人切ない映画です。

 

 

スポンサーリンク

◆キャスト

・ミア・ファロー(セシリア)
無職の夫との生活にうんざりしているウエイトレスの女性。映画館での映画鑑賞だけが唯一の癒し。

・ジェフ・ダニエルズ(トム・バクスター/ギル・シェパード)
映画『カイロの紫のバラ』の若き探検家のトム・バクスター。それを演じる売り出し中の若手俳優ギル・シェパード。

・ダニー・アイエロ(モンク)
セシリアの夫。失業中にもかかわらず、遊んでばかりの道楽者。セシリアに金を無心し、留守中に女を連れ込み、イラつくと手を上げるダメ夫。

 

◆映画『カイロの紫のバラ』の見どころと感想

(*ちょっとネタバレありです)


-Orion Pictures Corporation / Photofest / ゲッティ イメージズ

働かないで遊んでばかりの夫との生活にウンザリしているセシリアの唯一の楽しみは映画鑑賞。街の映画館に通いつめの毎日。

上映中の映画『カイロの紫のバラ』と出演中の俳優ギル・シェパードに夢中で、ウエイトレスの仕事中も映画の話ばかりで身が入らず、失敗続きの末、ついに解雇されてしまいます。

 

何度目かの『カイロの紫のバラ』を見に行ったある日、映画の中から探検家のトムがセシリアに話しかけてきます。

トムは、何度も映画を観に来ているセシリアが気になっており、話をしたいとスクリーンから飛び出してきます。

スクリーンと飛び出したトムは、セシリアを連れて逃走。

これは、セシリアの妄想ではなく、周りの人もしっかりを巻き込まれた(映画の中の)現実です。なので、スクリーンに残されたほかの役者は「話が進まないじゃないか!」と怒り出し、警察やマスコミを巻き込んで大騒ぎに。

 

セシリアを連れて、今は営業していない遊園地に逃げ込んだトムは、セシリアのことがずっと好きだったと告白。セシリアは戸惑いながらもトムに惹かれていきます。

 

そこに、トムをスクリーンに戻すために探しに来た、トムを演じる役者ギルが登場。

「お前は実在しないんだ。スクリーンに戻れ!」というギルの説得にも頑として応じないトム。そんなトムに手を焼きセシリアを頼るうちに、ギルもまたセシリアに惹かれていき―。

 

実在しないトムと憧れのギルとの三角関係になってしまうセシリア。

セシリアの出した結論は―。

 

――――――

 

日本映画『今夜、ロマンス劇場で』(2018年・綾瀬はるか主演/竹内英樹監督)にも使われている「スクリーンの中から映画の登場人物があらわれー」という手法です。

「ここからは、もうロマンスしかないっしょ」となりますが、そこはウディ・アレン。ロマンスだけでは終わらせません。

 

20数年前にこの映画を見たときは、「結局、現実社会の中で生きるしかない、本当の幸せは現実の中にある」という『オズの魔法使い』的な印象だったのですが、最近になって見なおしてみると、全然違った思いです。

 

「現実は現実、虚構は虚構」

 

現実と、虚構や憧れは、ちゃんと別モノであることがすんなりと受け入れてしまえる「大人の切なさ」を感じました。

 

「それはそれってことで-」

ラストシーンのセシリアはこう思ってるんじゃないかな、ってどうですかね? 監督。

 

 

タイトルとURLをコピーしました