映画『ザ・プロム』(2020年)のザックリとしたあらすじと見どころ

ミュージカル

映画タイトル:ザ・プロム

原題:The Prom

製作年:2020年 アメリカ

監督 : ライアン・マーフィー

映画『ザ・プロム』は、

落ち目のブロードウェイ俳優たちが、ある女子高校生を救おうと立ち上がるミュージカルコメディ。田舎町を舞台に偏見や固定観念と戦うライアン・マーフィー監督作品といえば、そう! あの人気ドラマ『glee』の感動がよみがえる1本です。

キャスト

・メリル・ストリープ(ディーディー・アレン)
ブロードウェイのベテラン女優

・ジェームズ・コーデン(バリー・グリックマン)
ブロードウェイの俳優 

・ジョー・エレン・ペルマン(エマ・ノーラン)
ある問題からプロムの参加を禁じられた女子高生

・ニコール・キッドマン(アンジー・ディッキンソン)
パッとしない舞台女優

・キーガン=マイケル・キー(トム・ホーキンス)
エマの通う高校の校長

・アンドリュー・ラネルズ(トレント・オリヴァー)
パッとしない舞台俳優 ジュリアード音楽院卒(を鼻にかけている)

・アリアナ・デボーズ(アリッサ・グリーン)
エマの友人

・ケリー・ワシントン(ミセス・グリーン)
アリッサの母 PTA会長

映画『ザ・プロム』の見どころと感想

(*ちょっとネタバレありです

-Netflix

人気回復をもくろんだ新作ミュージカルが酷評を浴び意気消沈するベテラン俳優のディーディーとバリー。そんな2人のもとにある女子高生の話題がー。

インディアナ州の田舎町に暮らすゲイの女子高生エマは、プロムに同性パートナーと参加しようとしますがPTAが猛反対。プロムの開催自体も中止に。
この事態を知ったディーディーとバリーは、同じくキャリア低迷中の役者アンジーとトレントとともにインディアナ州へ乗り込み、エマの力になろうと計画します。
もちろん自分たちの売名のためにー。


見るまでは”ライアン・マーフィー作品にメリル・ストリープ”というのが正直ピンとこなかったのですが、いやぁメリルさんってナンでもデキるもんですな、と感心。
感心と言えば女子高生エマを演じるジョー・エレン・ペルマンのフレッシュさも良かった。若い頃のドリュー・バリモアを彷彿させます。

そのほかミュージカルではおなじみのジェームズ・コーデン。最近お見かけすることの多いアンドリュー・ラネルズ。キーガン=マイケル・キーやケリー・ワシントンが要所をおさえるという盤石のキャスト。唯一、ん? と思わせたニコール・キッドマンも大女優のオーラをちゃんと消していてコーラスガールクラスの女優を好演。ホントにガゼルみたいな細くて長いおみ足!

こうしたキャストが歌って踊って、閉塞感のある現実に立ち向かっていく、そして夢が叶う、というライアン・マーフィーの世界観に満ち溢れたこの映画。同じく田舎の高校を舞台に人種やLGBTQ、障害といった境遇と戦いながら夢を追う姿を描いたミュージカルドラマ『glee』そのものです。

『glee』に比べると悪役のPTA会長やスクールカーストの上位組の意地悪さもソフトだし、すごく理解のある舞台好きの校長先生(キーガン=マイケル・キーが素敵!)もいるし、映画という2時間の尺に都合よくおさめられた感はありますがー。

『glee』好き、ライアン・マーフィー好きにはたまらない1本の『ザ・プロム』は、Netllixで配信中です。

タイトルとURLをコピーしました