映画『カーラの結婚宣言』(1999年)のザックリとしたあらすじと見どころ

ロマコメ

映画タイトル:カーラの結婚宣言

原題:The Other Sister

製作年:1999年 アメリカ

監督:ゲイリー・マーシャル

映画『カーラの結婚宣言』は、

軽度の知的障害を持つ娘カーラが、母親に反対されながらも自立、結婚しようとする姿を描いた映画です。
障害を持つ娘を演じるのは、1990年代人気絶頂だったジュリエット・ルイス。演技派とも言われていたジュリエットですが、本作ではラジー賞にノミネートされています。その演技やいかにー。

キャスト

・ジュリエット・ルイス(カーラ・テイト)
テイト家の末娘 軽い知的障害を持つ

・ジョヴァンニ・リビシ(ダニエル・マクマオン)
カーラと恋に落ちる青年 同じく知的障害者

・ダイアン・キートン(エリザベス・テイト)
カーラの母

・トム・スケリット(ラドリー・テイト)
カーラの父

・サラ・ポールソン(ヘザー・テイト)
カーラの姉

映画『カーラの結婚宣言』の見どころと感想

(*ちょっとネタバレありです)

全寮制の学校を卒業し自宅に帰ってきたカーラ。子ども時代、しつけられずやむなく全寮制の養護学校に預けられたカーラの成長に家族は安堵します。が、厳格な母エリザベスは少し戸惑い気味。

そんなことは気にとめないカーラは、職業訓練校に通い自立したいと言い出します。当然エリザベスは猛反対。しかし、理解のある姉や父に支えられ一人暮らしを始めるカーラ。職業訓練校で同じ障害をもつダニエルと知り合い、恋に落ちます。

そしてダニエルと結婚したいとー。



障害がありながらも自立し、恋愛し、自分の幸せを求めていくカーラに心打たれー、と言いたいところですが、ちょっと何点かモヤモヤすることがー。

カーラの家はなかなかのお金持ち(父は開業歯科医)なんですよね。希望する教育を受けられるし、自立と言いつつ快適なマンションを親が借り与えているわけだし。母親も厳格というよりは、単に子離れできていないふうにも見えるし。

なにより、このカーラを見ているとだんだんイライラしてくる。カーラとダニエルの恋模様がやらたとピュアで、いや、ピュアなのはいいんですよ。ピュア結構。気になるのはジュリエット・ルイスの演技。やりすぎでワンパターンでリアリティがない。ご都合主義な展開と相まって、すっかり興ざめしてしまう。製作公開から20年超とはいえ、そこには古さ以上の現実とのズレがあるような。


見どころは、カーラの姉を演じるサラ・ポールソン。役柄の設定にもニヤリ。
TVシリーズを中心に出演していたサラが25歳当時の本作。当時から落ち着いた上品な雰囲気があり、なおかつキュート。いろいろあったジュリエット・ルイスと比べると、20年の月日を感じさせないサラ・ポールソンをぜひ。

タイトルとURLをコピーしました