映画『ブーリン家の姉妹』(2008年)のザックリとしたあらすじと見どころ

ブーリン家の姉妹歴史ドラマ

映画タイトル:ブーリン家の姉妹

原題:The Other Boleyn Girl

製作年:2008年 アメリカ・イギリス

監督:ジャスティン・チャドウィック

映画『ブーリン家の姉妹』は、

16世紀のイングランドを舞台に、 宮廷に上がった姉妹と国王ヘンリー8世の愛憎劇です。
賢く野心家の姉アン(ナタリー・ポートマン)と、癒し系の妹メアリー(スカーレット・ヨハンソン)。対照的な2人による王をめぐる確執は、国をも巻き込み歴史を動かすことにー。

英国史実に脚色を加えた、豪華な昼メロ的映画です。

キャスト

・ナタリー・ポートマン(アン・ブーリン)
ヘンリー8世の王妃となる姉

・スカーレット・ヨハンソン(メアリー・ブーリン)
アンの妹

・エリック・バナ(ヘンリー8世)
イングランド国王

・マーク・ライランス(トーマス・ブーリン卿)
ブーリン姉妹の父

・ベネディクト・カンバーバッチ(ウィリアム・キャリー)
メアリーの夫

・エディ・レッドメイン(ウィリアム・スタフォード)
メアリーの再婚相手

映画『ブーリン家の姉妹』の見どころと感想

(*ネタバレありです)

(C)2008 Columbia Pictures Industries,Inc and Universal City Studios Productions LLLP and GH Three LLC. All Rights Reserved.

お世継ぎとなる男児が生まれない国王ヘンリー8世のもとに娘を差し出すことにしたブーリン家。父トーマスは姉アンを、と考えていましたが、国王の目に留まったのは妹メアリーでした。

メアリーは既に結婚していたため、離婚させられ宮廷へ。一緒に宮廷に上がった姉アンは婚約者のいるパーシーと関係を持ってしまい、このことがもとでフランス宮廷に追放されます。

一方、国王の寵愛を受けたメアリーはめでたく妊娠しますが、体調がすぐれず隔離されてしまい、国王の気持ちも別の女性に移っていきます。

ほどなくフランスから呼び戻されたアン。洗練された魅力で王を虜にし、自分をモノにしたいのなら妹メアリーと関係を断つよう王に要求します。失意の中、男児を出産したメアリーですが、王の気持ちが戻ることはなく田舎に帰ることにー。

さて、ここからはアンの独壇場です。

王妃の座を狙うアンは、現王妃キャサリンと離婚して自分と再婚するよう国王に迫ります。
当時のカトリック教会の教義により離婚は認められず国王は教会(ローマ教皇)に激怒。教会と断絶し英国国教会を成立したイングランドは、宗教的にも孤立することに。国を二分してまでもアンを王妃にしたかった国王。

ほどなく王妃になったアンは女児を出産します。が、その後流産を繰り返し、「男児を産まなければ!」と焦ります。あげく王以外の複数の男性と関係を持ち(その中には実弟ジョージも)、その罪(姦通罪・近親相姦)と国王暗殺の容疑により斬首刑に処されます。

刑を見届けたメアリーは女児引き取り、軍人と再婚し静かな暮らしに戻ります。

そしてこの女児こそが、のちのエリザベス1世となるのですー。


アンって……。野心もほどほどにしないと、と思いますが、このまっすぐな血がエリザベス1世に受け継がれたとすれば納得です。

ヘンリー8世は、キャサリン、アンのほか、結局6人の王妃と結婚。めでたく男児も誕生(3番目の王妃ジェーン・モアがエドワード王子を出産)しますが、王妃は産褥死。いろいろあったヘンリー8世は、シェイクスピアの戯曲にも取り上げられた人物でありながら、この映画ではまったく魅力的には描かれていません。

その甲斐あってか、姉妹2人や脇役(メアリーが離婚させられた最初の夫を ベネディクト・カンバーバッチ、再婚する軍人を エディ・レッドメインって、どんだけ恵まれとんねん!)の魅力が際立つ映画にしあがっています。ぜひお楽しみください。

タイトルとURLをコピーしました