映画『ベスト・オブ・エネミーズ 価値ある闘い』(2019年)のザックリとしたあらすじと見どころ

ヒューマンドラマ

映画タイトル:ベスト・オブ・エネミーズ 価値ある闘い

原題:The Best of Enemies

製作年:2019年 アメリカ

監督:ロビン・ビセル

映画『ベスト・オブ・エネミーズ 価値ある闘い』は、

1971年、アメリカ、ノースカロライナ州を舞台に、小学校における人種統合をめぐる短期集中審議(シャレット)を描く実話に基づく映画です。対立する2人を演じるタラジ・P・ヘンソンとサム・ロックウェルの熱演に注目の1本です。

キャスト

・タラジ・P・ヘンソン(アン・アトウォーター)
公民権運動家

・サム・ロックウェル(C・P・エリス)
KKK幹部

・ウェス・ベントリー(フロイド・ケリー)
エリスと活動を共にするKKKメンバー

・バボー・シーセイ(ビル・リディック)
シャレットの専門家

・アン・ヘッシュ(メアリー・エリス)
エリスの妻

映画『ベスト・オブ・エネミーズ 価値ある闘い』の見どころと感想

(*ちょっとネタバレありです)

1971年、人種隔離政策下のノースカロライナ州ダーラム。黒人の小学校が火事によって使えなくなったことから、町を二分する対立が起こります。白人学校の共用を求める黒人とこれを拒む白人。事態の解決のために役所は協議の場を設けます。

協議は短期集中で行うシャレット。その専門家として現地入りしたリディックは、それぞれの議長として、黒人側は公民権運動家のアン・アトウォーターを、白人側はKKKの幹部C・P・エリスを指名します。

真っ向から対立する2者。「協議したところで、すれ違いに終わるだけ」と誰もが思っていました。

しかしー。


デキすぎた話ー、と言いたいところですが、これは実話に基づくストーリー。ラストには当時を知る人のインタビューとともに、実在のアトウォーターとエリスの姿が流れます。

映画は白人と黒人の対立が当たり前にある社会のなかで、ひとりひとりが人間として差別とどう向き合い乗り越えていくかを問いかけます。

舞台はアメリカの古い体質が染みついた田舎。そんな村社会で何にも属せずに生きていくのは難しい。エリスにとってKKKが自分の存在価値を認めてくれる唯一のより所。が、シャレットという与えられた機会は、白人側の代表としてではなく、個人としての判断を迫られることになるのです。

アトウォーターの働きかけがエリスの心を解きほぐしたー、ではやはりデキすぎなこの話。しかし、2人が個集団の代表でいる場面と一個人となる場面を行き来するなかで揺れる気持ちは、見ているこちら側にも伝わってきます。よくデキた話だけじゃないな、と思えることで見方も変わってくるのです。

見どころはなんといっても主演2人の熱演。
サム・ロックウェルは、映画『スリー・ビルボード』(2017年)の警官役を彷彿させる、自分の不遇を誰かのせいにしてしまう差別主義者。弱い心の中に微かに残る自尊感情を垂れ流す、あの表情はお手の物です。圧巻はタラジ・P・ヘンソン。立ち姿、歩き方すべてで1970年代の戦う黒人女性の体現しています。

映画『ベスト・オブ・エネミーズ 価値ある闘い』は各動画配信サイトでどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました