思い切って仕事を辞めたのに‥‥‥、思うような生き方ができないのはなぜ?

仕事を辞めた明日のヒントを映画で
スポンサーリンク

「このまま仕事をしていたら、間違いなく死んでしまう」

過重労働や人間関係、仕事内容とのミスマッチなどに大きなストレスを感じ、仕事を辞めた人は少なくありません。

仕事から解放されたくて退職したものの、思うような生き方ができない

その原因として、

① 無計画だった
② 現実をよく分かっていなかった
③ 自分は何がしたいのかハッキリしていなかった

などがあげられます。

この原因を踏まえながら、仕事を辞めたけど思うような生き方ができない人に、ぜひ見ていただきたい映画をご用意しましたので、どうぞご確認ください。

スポンサーリンク

映画『アルゴ』に学ぶ、「計画だけじゃダメ!体験が必要」


-WarnerBros./Photofest/ゲッティイメージズ
今の仕事を辞めたい一心で、「とにかく辞める」「先のことは辞めてから考える」という辞め方。

「ストレスでパンパンの頭で考えても、いい考えなんて出るわけないっ!」「とにかく辞めてからゆっくり考える!」と強行的に退職したはいいけれど、辞めてから思う、「このままでいいんだろうかー」

私も一度はこれを体験しました。

「とりあえずやってみよう」と思うことも、「なんか面白そう」と思う余裕もなくなり、「働かなくては収入がない!」という現実に直面し、結果再就職をしました。

 

で、それから数年経って二度目の退職は、計画的に実行。

過重労働や人間関係、給与云々の不満は、前回の退職とさほど変わりはなかったのですが、再び同じ過ちを犯すわけにはいきません。

退職後の生活設計や資産運用について入念に計画を練りました。

「月々食費はこのくらいかなー」というザックリ勘定ではなく「予算」を決め、退職する数ヶ月からその予算内で生活し、「仕事を辞めて収入が減ると、こうなる」という生活感覚をわが身に叩き込んだのです。

そのうえで退職し、現在に至ります。

 

計画は頭や机上、PC上でするのではなく、体験しておくことが重要。

そのことを教えてくれる映画は、イラク革命下で起きた「アメリカ大使館占拠事件」を舞台とした映画『アルゴ』(2012年)です。

 

 

架空のSF映画「アルゴ」の制作を計画し、救出を待つアメリカ人を、そのロケハンとしてイラクを訪れていたことに仕立てます。

イラクには責任者のトニー(ベン・アフレック)ひとりが乗り込みますが、その裏ではホンモノさながらの脚本の準備、スタジオ確保、大々的なプロモーション活動が行われます。マジ、映画撮れるんじゃないの?というくらいの綿密さです。

しかし、こうして綿密に練られた計画でも、すべてが思い通りには進まず―、この先は映画でお楽しみください。

 

 

スポンサーリンク

映画『ウディ・アレンの重罪と軽罪』に学ぶ、「灰色の現実から目を背けてはいけない」


-OrionPictures/Photofest/ゲッティイメージズ

仕事を辞めて社会とのつながりが希薄になると、誰かとつながりたくなります。

職場の人間関係やなんやかんやで消耗した経験から、「信用」とか「価値」とか「人とのつながり」みたいなキレイな言葉に心を動かされます。

そして、そんな言葉で自分の未来を想像したくなります。

 

が!世の中そんなにキレイなもんじゃない。

「向き不向き」とか「幸不幸」とか「善悪」とか、とにかく白黒ハッキリつけなきゃ落ち着かない性分の人は、ぜひこちらの映画『ウディ・アレンの重罪と軽罪』(1989年)を参考に。

仕事も恋もうまくいかないイジイジ中年(ウディ・アレン)と、成功者の眼科医の人生の交錯を描きながら「罪とは何か」を問う映画です。

 

 

ネタバレになりますが、いわゆるハッピーエンドではありません。

「世の中、こんなもんよ。不条理なことだらけよ」を冷笑的に提示してきます。

 

さて、どうします?

正義の拳を突き上げますか? 正論で立ち向かいますか? 甘んじて受け入れますか?

いずれにしても、現実から目を背けてはいけません。

泣きながら撤退するときも、現実をガン見して散りましょう。

 

 

スポンサーリンク

映画『リミットレス』に学ぶ、「目的と手段をはき違えない」


-(C)2011 RELATIVITY MEDIA.

「自分は何がしたいのかよく分かっていなかった」

「自分探し」でぶち当たる定番の壁ですが、少し難しく考えすぎてないでしょうか?

「自己投資」「いろんな人と会う」「ブログで発信する」は目的ではなくて、すべて手段です。

なのに、それをやることに必死になって「やりたいこと=目的」にすり替わってやしませんか?

 

映画『リミットレス』(2011年)は、作家志望のエディ(ブラッドリー・クーパー)が、脳を100%活性化させる薬に手を出したことから人生を狂わせていく話です。

脳が100%活性化されると、そりゃもうナンデモできます。アッというまに原稿を書きあげ(うらやましい)、投資話で大儲け(超うらやましい)。

しかし、薬の効果がなくなると、元の冴えない自分に戻ってしまいます。
やがて、エディは薬を手に入れるために手段を選ばなくなります。

薬が何かを成し遂げるための「手段」ではなく、薬を手に入れること自体が「目的」になってしまったエディはー。

 

さて、「自分やりたいことを探す」ことが目的なのでしょうか?

多分、それも何かの手段だと思います。

で、その何かを突き詰めると「人間はなぜ生きるのか?」とか「人生の目的は何か?」みたいな究極の問いになっていくのです。

そんなことは、みんな分からない。分からないから生きている。

自分探しも、ほどほどでいいのです。

 

タイトルとURLをコピーしました