実話をもとにした映画

ヒューマンドラマ

映画『ボトル・ドリーム カリフォルニアワインの奇跡』(2008年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ボトル・ドリーム カリフォルニアワインの奇跡』は、のちに”パリスの審判”と呼ばれる1976年のワインのブラインドテイスティングと、そこに至るまでのカリフォルニア、ナパのワイン醸造家の物語です。ワイン好きは必見の1本です。
歴史ドラマ

映画『未来を花束にして』(2015年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『未来を花束にして』は、1910年代のイギリスを舞台に参政権を求めた女性たちを描くヒューマンドラマです。 原題にもなっている「サフラジェット」と呼ばれた女性たちの活動は過激なものですが、そうならざるを得なかった背景こそ必見の映画です。
ロマコメ

映画『ロンドン、人生はじめます』(2017年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ロンドン、人生はじめます』は、ロンドンのハムステッドを舞台に、人間関係に疲れた未亡人と自然に囲まれて暮らす男との出会いを描くロマンティックコメディです。2007年の実際の出来事を基にしたこの映画。自分らしく生きることをダイアン・キートンがお洒落に指南してます。
2021.08.10
コメディ

映画『アメリカン・アニマルズ』(2018年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『アメリカン・アニマルズ』は、退屈な毎日を過ごす普通の大学生4人が、刺激を求めて起こした強盗事件を描くストーリー。これが実話というからビックリ。実際の犯人たちのインタビューを盛り込みながら、ポップでオシャレに描くグダグダ具合がたまらない犯罪コメディ映画です。
サスペンス/ミステリー

映画『ミュンヘン』(2005年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ミュンヘン』は、1972年に起きた「ミュンヘン五輪虐殺事件」に対するイスラエル側の極秘の報復計画を描いた作品です。 監督はスティーブン・スピルバーグ。テロの背景にある国家や民族の複雑な問題と、その中で苦悩し自分を見失っていく主人公。娯楽的要素は皆無の社会派ドラマです。
サスペンス/ミステリー

映画『記者たち 衝撃と畏怖の真実』(2017年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『記者たち 衝撃と畏怖の真実』は、2003年3月、イラクの大量破壊兵器の存在を理由に開戦に踏み切ったアメリカを、唯一批判した新聞記者たちを描く実録風サスペンス映画です。
歴史ドラマ

映画『マチルダ 禁断の恋』(2017年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『マチルダ 禁断の恋』は、滅びゆく帝政ロシアを舞台に、最後の皇帝ニコライ2世と美しきバレリーナ、マチルダの恋を描いたストーリーですロシアでは神格化されているニコライ2世の実話に基づくスキャンダルを描いた本作。すべてはマチルダをどう思うか、にかかった映画です。
ヒューマンドラマ

映画『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』(2018年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』は、株取引で優位に立つために、高速の光ファイバーを1600㎞に渡って敷設しようとする実話に基づくストーリーです。奇想天外なプロジェクトを起こす主人公をジェシー・アイゼンバーグ。『ソーシャル・ネットワーク』を彷彿させる早口だけではない人間ドラマに仕上がっています。
歴史ドラマ

映画『それでも夜は明ける』(2013年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『それでも夜は明ける』は、奴隷として売られた自由黒人ソロモン・ノーサップが、解放されたのちに綴った伝記『Twelve Years a Slave』を映画化したものです。本作は、第86回アカデミー賞の作品賞をはじめ、多くの映画賞を受賞しています。
2021.09.29
ヒューマンドラマ

映画『リチャード・ジュエル』(2019年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『リチャード・ジュエル』は、1996年アトランタオリンピックで起きた爆破テロ事件を題材にしたヒューマンドラマです。 事件の第一発見者として英雄となった警備員リチャード・ジュエルが、一転、容疑者に。無実を信じる弁護士とともに社会の不条理に立ち向かう姿をクリント・イーストウッド監督が描きます。
2021.07.26
タイトルとURLをコピーしました