ジョン・ル・カレ

サスペンス/ミステリー

映画『ナイロビの蜂』(2005年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ナイロビの蜂』は、ナイロビ駐在の外交官が妻の不審死から新薬の臨床実験の真相に迫るサスペンス映画です。原作はスパイ作家のジョン・ル・カレ。「愛」によって世界は変えられるのか。アフリカを舞台とした異色の仕上がりも見どころの1本です。
サスペンス/ミステリー

映画『裏切りのサーカス』(2011年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『裏切りのサーカス』は、東西冷戦下のヨーロッパを舞台にしたスパイ・サスペンスです。原作はジョン・ル・カレ。派手さゼロながら緻密に作りこまれた作品世界と緊張感あふれる名演で「余韻」までたっぷり楽しめる1本です。
サスペンス/ミステリー

映画『われらが背きし者』(2016年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『われらが背きし者』は、休暇中に出会った男からUSBメモリを手渡されたことから、ある事件に巻き込まれる大学教授を描く。原作はスパイ小説の雄、ジョン・ル・カレの同名小説。一介の素人なのにー、というスリリングかつ不可解な展開が見どころのスパイサスペンス映画です。
サスペンス/ミステリー

映画『テイラー・オブ・パナマ』(2001年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『テイラー・オブ・パナマ』は、パナマに左遷されたMI-6の諜報員と、情報源とされた仕立て屋が思わぬ国際紛争の危機を招くサスペンス。原作小説はジョン・ル・カレの『パナマの仕立て屋』 仕立て屋にジェフリー・ラッシュ、諜報員にピアース・ブロスナン。007とは一味違う地味さが見どころのスパイ映画です。
サスペンス/ミステリー

映画『誰よりも狙われた男』(2014年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『誰よりも狙われた男』は、ドイツ、ハンブルクを舞台にイスラム過激派組織の密入国者を追う捜査官と、事態をめぐる各国の思惑を描いたサスペンスです。原作はスパイ小説で知られる作家ジョン・ル・カレの同名小説。名優フィリップ・シーモア・ホフマンの遺作となった映画です。
タイトルとURLをコピーしました