ウディ・アレン

スポンサーリンク
コメディ

映画『おいしい生活』(2000年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『おいしい生活』は、銀行強盗の隠れ蓑に始めたクッキー屋が大繁盛してしまった成金夫婦を描いたコメディ。 ウディ・アレンらしい小ネタがスベリ倒す中、脇役エレイン・メイの名演が光る1本です。
コメディ

映画『誘惑のアフロディーテ』(1995年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『誘惑のアフロディーテ』は、倦怠期夫婦が関係修復のために養子を迎え、そこから起こる騒動を描いたコメディ映画です。ウディ・アレン自身の行いから破局したミア・ファローとの実生活をヒントに作られたと言われる本作。現代的ストーリーにギリシャ神話のコロス(合唱隊)が混ぜ込まれていくウディ・アレンらしい仕立てが楽しめる映画です。
2020.05.12
コメディ

映画『教授のおかしな妄想殺人』(2015年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『教授のおかしな妄想殺人』は、世界をより良くするためにー、という思いこみから完全犯罪を企てる孤独な哲学者を描いたブラックコメディです。 久々に舞台をアメリカ東部に移してのウディ・アレン作品です。
2020.05.12
コメディ

映画『僕のニューヨークライフ』(2003年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『僕のニューヨークライフ』は、コメディ作家の若者と同棲中の奔放な恋人を描いたラブコメディです。 マンハッタンを舞台に、若手作家とその恋人ー、あの『アニー・ホール』(1977年)を彷彿させるウディ・アレン監督作品です。
2020.05.12
ヒューマンドラマ

映画『アニー・ホール』(1977年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『アニー・ホール』は、NYを舞台に男女の恋と別れを描いたラブストーリーです。 ウディ・アレンの初期の名作で、シニカルなストーリーや凝りに凝った演出と撮影技法、アニーのファッションなど、さまざまな見どころのある傑作です。
2020.05.12
ヒューマンドラマ

映画『ギター弾きの恋』(1999年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ギター弾きの恋』は、才能がありながら傲慢で自分勝手な態度で周囲を翻弄するギター奏者の男を描いた物語です。 ジャズ愛好家でミュージシャンでもあるウディ・アレンが描く、音楽と音楽家の「業」とはー。
2020.05.12
コメディ

映画『ウディ・アレンの6つの危ない物語』(2016年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ウディ・アレンの6つの危ない物語』は、かつてコピーライターや小説家として成功した男性が、自宅に転がり込んできた政治活動家の逃亡犯に巻き込まれる騒動を描いたコメディです。(AmazonのオリジナルTVドラマ作品)
2020.06.26
ミュージカル

映画『世界中がアイ・ラヴ・ユー』(1996年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『世界中がアイ・ラヴ・ユー』は、ウディ・アレン初のミュージカル映画です。 NYの上流階級の老若男女の恋愛模様を、ジュリア・ロバーツ、ゴールディ・ホーン、ドリュー・バリモア、エドワード・ノートンら豪華キャストで描きます。
2020.05.29
ヒューマンドラマ

映画『夫たち、妻たち』(1992年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『夫たち、妻たち』は、2組の熟年夫婦の崩壊と再生を描いたドラマ映画です。 この作品の撮影直後にミア・ファローに対するウディの裏切りが発覚。 私生活でも破局を迎えた2人ー、という先入観を持たずに見ることはできない作品です。
2020.05.29
コメディ

映画『スコルピオンの恋まじない』(2001年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『スコルピオンの恋まじない』は、保険調査員の独身男と社内改革に乗り込んできた女性重役が、催眠術をかけられたあげく窃盗事件や恋愛騒動に巻き込まれる話です。 ウディ・アレン自身は「こんなに才能豊かなキャストに恵まれながら、それを活かせなかったのは残念でならない」と、自身の最低作品のひとつと評価していますがー。
2020.05.29
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました