映画『サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ』(2019年)

ヒューマンドラマ

映画タイトル:サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ

原題:Sound of Metal

製作年:2019年 アメリカ

監督:ダリウス・マーダー

映画『サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ』は、

聴覚を失ったドラマーの青年の葛藤を描く物語です。
ろう者として生きることを身につける一方、インプラント手術による聴力回復の希望も捨てきれないルーベン。その葛藤を音を失っていく世界とともに描いています。第93回アカデミー賞音響賞、編集賞受賞作品。

キャスト

・リズ・アーメッド(ルーベン)
聴覚を失ったドラマー

・オリビア・クック(ルー)
ルーベンの恋人 

・ポール・レイシー(ジョー)
ろう者の支援コミュニティの運営者

映画『サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ』の見どころと感想

(*ちょっとネタバレありです)

(C)Courtesy of Amazon Studios

恋人のルーとともにトレーラーハウスに暮らし、ライブハウスをめぐるヘビメタドラマーのルーベンは、ある日を境に耳がほとんど聞こえない状態に。病院を受診した結果、回復の見込みはないと告知されます。インプラントの補聴器という選択もあるが高額なうえ、得られる聴力も完全なものではないと知り絶望します。

ろう者として生きることを勧められ、滞在型のコミュニティに参加するルーベン。外界との交流を絶ち、生活を変えることが求められるなか、はじめは誰ともコミュニケーションが取れなかったルーベンも手話を覚え、ろう者としての生活に馴染んでいきます。
が、どうしても元の暮らしが忘れられず、トレーラーハウスに積んだ音楽機材を売り、インプラント手術を受けることを決意します。がー。


冒頭の騒々しいライブシーンから、主人公ルーベンとともに徐々に音を失っていく映画の世界。
聴力を失った状況や、終盤インプラント手術で獲得した聞こえ方の再現は、この映画の最大の見どころでしょう。

が、それだけではありません。聞こえない世界に陥ったルーベンの心の葛藤。それを演じるリズ・アーメッドが素晴らしい(個人的にはオスカーもありかと思ったほど)。
ドラマーのルーベンにとって聴力を失うことは、音楽という生業や恋人との生活そのものを失うこと。いくら「ろう者として生きる」「新しい生き方を」と言われても、すんなり受け入れられることではありません。

孤独や不安で自暴自棄すれすれの状態になるルーベンと、それを支えるジョー他、コミュニティのメンバーたちとの関りの描き方も新鮮です。普通ならもっと人情的、感傷的になりそうな「助け合い」を、この映画は極めてドライにフラットに描いています。恋人ルーとの再会もあえてドラマチックにせず、どこか微妙な空気さえ漂わせています。ルーとフランス人パパとのデュエットが……。

絶望からの再生というにはまだまだ途上のルーベン。その選択の是非や、はたして音のない世界が本当に”静寂”なのかはわかりません。が、ルーベンはちゃんとスタートラインに立ったことを、あのラストの表情は物語っているのでしょう。

映画『サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ』は、Amazon Prime Videoで配信中です。ぜひ。

タイトルとURLをコピーしました