映画『シャイン』(1996年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画レビュー
スポンサーリンク

映画タイトル:シャイン

原題:Shine

製作年:1996年 オーストラリア

監督:スコット・ヒックス

スポンサーリンク

◆映画『シャイン』は、

実在の天才ピアニスト、デイヴィッド・ヘルフゴットの半生を描いた映画です。

厳格な父親にピアノの才能を見出されたデイヴィッドが、父との対立や精神疾患と戦いながら、ピアニストとして再起していく姿を描いた作品です。

スポンサーリンク

◆キャスト

・ジェフリー・ラッシュ(デイヴィッド・ヘルフゴット)
成人期のデイヴィッド。
精神を病み、父親との関係も途絶え、ボランティアの支えで暮らしている。
ある日、ワインバーでピアノを弾いたことから、ピアニストとして再起していく。

・ノア・テイラー
青年期のデイヴィッド。
父親の期待に応えたい気持ちと、一流の指導を受けたい気持ちの葛藤を抱えながらピアノと向き合う青年デイヴィッド。
父のもとを飛び出しイギリスの音楽学院で指導を受けることになり、才能は開花していく。
しかし、コンクールの演奏直後、精神を病み倒れてしまう。

・アーミン・ミュラー=スタール(ピーター・ヘルフゴット)
厳格な父親。ホロコーストで育ち、自身が音楽家になれなかった夢をデヴィッドに託すが、自分のもとを離れることを嫌い、デイヴィッドとの間に深い溝を作ってしまう。

・リン・レッドグレイブ(ギリアン)
精神を病んだデイヴィッドと支えとなる女性。やがて二人は結婚する。

スポンサーリンク

◆映画『シャイン』の見どころと感想

(*ネタバレありです)


-Fine Line Features / Photofest / ゲッティ イメージズ

オーストラリアのメルボルンで生まれたデイヴィッドは、父ピーターにピアノの才能を見出され、ピーター自身による英才教育を受けます。

地元のコンクールで優勝し、やがてアメリカの音楽学校へ進学のチャンスが-。

しかし、ピーターは頑としてこれを許さず、デイヴィッドとの関係は崩れていきます。

 

父のもとを飛び出す形でイギリスに渡った青年デイヴィッドは、父に認められたい一心で必死でピアノを弾き続ける。

そんな中で行われたコンクールでデイヴィッドが演奏曲に選んだのは、難関であるラフマニノフの「ピアノ協奏曲第3番」でした。

デイヴィッドは見事に演奏を終えますが、その直後に精神を病んで倒れてしまい病院へ送られることに。

 

やがて退院し地元に戻るデイヴィッド。が、ピーターはこれを迎い入れることはなく、デイヴィッドは絶望しー。

ココまでが、青年期です。

 

青年期のデイヴィッドの根底には、父親に認められたいという強い思いがあります。

そんなデイヴィッドに厳しいばかりの「毒親ピーター」と、言いたくもなりますが、ピーターは、デイヴィッドの精神的な弱さを誰よりも分かっており、デイヴィッドを守るために自分のそばに置いておきたかった、的なことを語ります。それも親のエゴだと思うんですが-。
(ちなみに、この映画では「父親との関係がもとで精神を病んだ」とも思えるストーリーになっていますが、実際のデイヴィッドの家族たちはこれを否定しています。)

 

この青年期のストーリーまでで充分お腹一杯になります。

が!この映画の見どころは、もちろんココからです。

 

すっかりオジサンになったデイヴィッド(ようやくジェフリー・ラッシュ登場です!)は、完全に精神を病んだ人として療養所で生活しています。

ボランティアが身元引受人となり社会で生活するようになりますが、いろいろとやらかしてしまうデイヴィッド。唯一の支えであったボロボロのピアノにも鍵をかけられてしまいます。

 

そんな中、あるワインバーで突然ピアノを弾き始めたデイヴィッドに聴衆は沸き上がります。
そして、そのワインバーの店主を通じて運命の女性ギリアンと知り合うことに―。

こうした希望が見えた生活の中で、父ピーターとも再会しますが-。

 

―――――――

 

映画の中での演奏はデイヴィッド自身が行っており、手のアップも本人のものです。

が、ジェフリー・ラッシュの演奏シーンもなかなか、いや驚きです。(ジェフリー自身、子供の頃にピアノを弾いていたそうですが、この映画のために猛特訓したそうです)

 

ストーリー、音楽、映像すべてにおいて珠玉の1本です。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました