映画『パドルトン』(2019年)のザックリとしたあらすじと見どころ

ヒューマンドラマ

映画タイトル:パドルトン

原題:Paddleton

製作年:2019年 アメリカ

監督:アレックス・レーマン

映画『パドルトン』は、

末期がん宣告を受けたのマイケルが、隣人のアンディーの協力のもと、安楽死を遂げるストーリーです。家族も恋人もいない中年男性2人。あえて「日常」を続けようとした2人の思いとはー。

キャスト

・マーク・デュプラス(マイケル・トンプソン)
末期がんで余命宣告を受ける中年男性

・レイ・ロマーノ (アンディー・フリーマン)
マイケルと同じアパートに住む中年男性

・クリスティン・ウッズ (医師)
マイケルの主治医

映画『パドルトン』の見どころと感想

(*ちょっとネタバレありです)

-Netflix

アメリカの田舎町に暮らすマイケルは末期がんの宣告を受けます。その場に同席したのはマイケルと同じアパートの2階に住むアンディー。

安楽死を選択したマイケルは、アンディーとともに致死量の薬を求めて車で6時間かかる病院へ。入手した薬を預かろうとするアンディーですがー。


ちょっと冴えないオジサンが2人、一緒にお気に入りのカンフー映画を見ながらピザを食べ、夜はそれぞれの部屋に帰っていく。休日は「パドルトン」と呼ぶ独自のルールによる壁打ちテニスを楽しむ。マイケルが末期がんの宣告を受けた後も、この日常が変わることはありません。あえてそうしようとするマイケルの思いと、アンディーの理解が日常の繰り返しの中に描かれています。

薬の購入のために車で出かけるシーンは、ちょっとした事件が起きるロードムービー的な趣向。
マイケルの決意を理解しているとはいえ、不安でたまらないアンディーと、できるだけ変わりなく過ごそうとするマイケル。立ち寄ったダイナーで第三者を挟むことにより、少しだけ表面化するそれぞれの思い。全編を通して、2人の心の機微が繊細に描かれています。


主人公マイケルを演じるのはマーク・デュプラス。兄ジェイとともに2000年代に「マンブルコア」と呼ばれる低予算のインディペンデント映画を製作。

本作はそのデュプラス兄弟が、Netflixと4本の映画を製作する契約を結んだうちの2本目の作品です。(1本目は本作と同じアレックス・レーマン監督でサラ・ポールソンと共演した『ブルージェイ』)

過剰な演出を極力控え、説明的な台詞もない。あるのは他愛のない会話(台詞の多くは主演2人の即興だとも)と自然な表情。それらが映し出す「かけがえのない日常」の輝きがたまらなく愛おしい。

映画『パドルトン』はNetflixで配信中です。

タイトルとURLをコピーしました