「看護師って○○ですよね」をそろそろやめていただきたい。看護師のイメージとは

「看護師って○○ですよね」をそろそろやめていただきたい。看護師のイメージとは

看護師といえば ”大変な仕事” とか、”面倒見がよくて天使のようにやさしい” とか、”いや、けっこう性格はキツイ” とか、”高給取りで金遣いが荒い” とか、”医者狙いで男遊びが激しい” とか、”実は汚部屋に住んでいる” とか、いろんなイメージを持たれています。

 

実態はどうあれ、イメージしやすいというか、人々の想像を掻き立てるというかー。

これも「看護師」という職業の特徴のひとつでしょう。

 

が、当然ながらそんな人ばかりじゃありませんし、こんなふうに思われてしまうので職業を聞かれたときに「看護師です」と答えたくないと思うこともー。

 

全国の看護師を勝手に代表させていただきますが、看護師は「看護師さんって○○ですよね」にイラっとしています。

 

そろそろ「看護師って○○ですよね」をやめていただきたい!

 

というお話です。

 

Advertisement

 

「看護師って大変なお仕事ですよね」はもはや時候の挨拶です

もっとも多く言われるのがコレでしょう。

 

「大変な」って、ま、ザックリな言われようですが、大変なことに間違いはありません。

心身の苦痛を抱えた人を相手にする仕事ですし、自分の判断や行動によって事態が大きく変わることもある。予定外にトンデモナイことも発生するし、他の医療スタッフとの連携も欠かせないー。

看護師が「大変」と自覚するのは、こうした「看護師の仕事の全容」に対してでしょう。

 

が、世間はちょっと違います。

「大変なお仕事ですよね」とザックリ切り込んだあと、「夜勤があって大変でしょう」とか「血とか見るんでしょう?」とか「注射とか練習するんですか?」といった、ピンポイントをついてきます。

が、その多くは的外れでとるに足らない部分なのです。

 

で、そのひとつひとつに「そんなことはないんですよ。本当に大変なのはー」と答えるのもめんどくさいので「そうですねぇ」という返事をしてしまうのです。

 

「看護師って大変なお仕事ですよね」や「夜勤がー」や「注射がー」は、もはや時候の挨拶くらいにしか思っていません。

 

しかし、機嫌が悪い看護師にとっては、「は、アンタに看護師の何がわかってんのよっ! 大変って、そんなことじゃねーよ」とブチ切れる火種にもなりかねないのでご用心。

 

「看護師さんてやさしいですね」「いや、性格キツイですよね」は愚問です

婚活や男女の出会いの場で「看護師」は人気があり、「やさしい」とか「思いやりがある」とか「癒してくれそう」とか思われるようです(白目)。

 

一方では、女の世界で生きているから「性格がキツイ」とか「意地が悪い」とか「威張り散らしている」と言われることもあります。

 

そりゃそうですよ。

やさしくするときもあれば、ちょっとキツくあたることもあるでしょう。

看護師だって人間ですから。

 

ただ仕事においては、自分の感情や気分がダイレクトに出ないようにコントロールして「やさしく」「思いやるのある」行動をとっているのです。

 

なのに、職業が看護師というだけで、その人のすべてが看護師らしい性格(やさしいとかキツイとか)であるように思われるのはどうなんスか!?

 

職業が看護師であって、その人のすべてが看護師ではないんですよ。

 

私は「私は看護師です」というのにスゴく違和感があって、職業を聞かれたら、日本語的にはおかしいですが「私の仕事は看護師です」とか「看護の仕事をしています」と答えるようにしていました。

 

看護師という仕事に「やさしさ」や「厳しさ」を求められることはあっても、「=性格」ではありませんからね。

 

ってなことをこんこんと説明すると、間違いなく嫌がられるのでご用心。

 

Advertisement

 

ナンでもありか!「看護師って○○ですよね」

冒頭でもちょっと触れましたが、看護師って金遣いが荒いとかとか、男遊びが激しいとか、汚部屋に住んでるとか、まあ結構な言われようなんですよ。

 

私の知る限りそんな看護師はー、

 

 

 

おる!

 

 

看護師って100万人以上、准看護師を合わせると150万人近くもいるんですよ。

そんだけいれば、なかには「浪費家」や「男好き」や「汚部屋主」だっているでしょうよ。

 

ただ、なんで看護師はこんなふうに言われてしまうのか。

フツーの会社員や主婦もにだって「浪費家」や「男好き」や「汚部屋主」もいるわけで、看護師に特徴的にそれらが高いという統計データでもあるんスか!

 

 

イメージですよ。

 

これこそが、看護師がイメージされやすい仕事がゆえの災いなのでしょう。

 

――――――――

 

というわけで、イメージを払拭する映画でお口直をししておきましょう。

 

ロバート・ダウニー・Jrといえば、アイアンマンでおなじみのハリウッドスターです。

が、そのヒーロー的イメージとはかけ離れた映画がこちら。

 

映画『レス・ザン・ゼロ』(1987年)


-TwentiethCenturyFox/Photofest/ゲッティイメージズ

当時22歳のロバート・ダウニー・Jrは、この映画のなかでドラッグに溺れる若者を演じています。

 

高校を卒業後、親の金で事業を起こすが早々に失敗し、ドラッグに手を出してしまうジュリアン。
大学に進学した友人クレイ(こっちが主役ですよ、アンドリュー・マッカーシーね)とその元カノでジュリアンの今カノのブレアはジュリアンを救おうとするのですがー。

 

この映画のロバート・ダウニー・Jrのヤク中っぷりは、まさに迫真の演技! 演技ですよ。

その後、薬物問題で逮捕されますけど。

 

ロバート・ダウニー・Jrは、この薬物依存のイメージを『アイアンマン』で見事に払拭しました。

そして2019年『アベンジャーズ・エンドゲーム』を最後にマーベル作品からの引退を表明。

 

私としてはヒーローとして活躍するロバート・ダウニー・Jrのほうが違和感があって、『ゾディアック』(2007年)のアル中でヤク中(またかいっ!)の新聞記者や、 『ジャッジ裁かれる判事』(2014年) で父子の確執に直面する悪徳弁護士のほうが圧倒的に好きだったので、脱『アイアンマン』のロバート・ダウニー・Jrに期待しております。

 

 

 

 

明日のヒントを映画でカテゴリの最新記事