「お役立ち系ブログ」の読みすぎは、消費者意識を歪に肥大させてしまう恐れがあります。

ブロガー 猫ブログ作りとライティング
スポンサーリンク

「お役立ち系記事じゃないとPVは稼げませんよ」
「自分が書きたいことじゃなくて、読み手が読みたいことを書くのがブログです」

こうした言葉を裏付けるようにネット上には「お役立ち系ブログ」が溢れています。

 

私もブログを始めたばかりの頃には、たくさんのブログを読み漁っていました。

「ブログはこう書くべし」という人気ブロガーの記事や、人気ブロガーの教えを忠実に守った「お役立ち系ブログ」の数々は、面白いかはどうかではなく、役に立つかどうかが求められています。

ですが、この「お役立ち系ブログ」くれぐれも読みすぎには注意しましょう、というお話です。

 

スポンサーリンク

せっかくの良さが消えてしまった、とあるブログ

たくさんのブログを読み漁る中、ちょっと興味をそそるブログがありました。

文章が上手いわけでもなく、テーマが面白いわけでもない。
ただただ「ブログを書くのが楽しい!」「ブログで毎日が新鮮になります!」が溢れ出ているようなブログでした。

「自分だったらこんなふうには書けないな」「えっ、こんなことも書いちゃうの?」と、興味本位で読んでいる節もあったのですが、久しぶりにそのブログを見てビックリ!

よくある「お役立ち系ブログ」に変わってしまっていたのです。

読む人の不安や悩みを煽り、お決まりの展開で根拠も独自性もない解決法や結論に至る、お役立ちとも言い難い「お役立ち風」の記事ばかり。

記事の構成やキーワードの使い方、見出しの付け方など、ブログの書き方自体は成長したのかもしれませんが、持ち味であった素直な文章は稚拙さばかりが際立って「お役立ち系」としては説得力を欠くものでした。

いろんな興味を掻き立ててくれた「ブログは楽しい!」という万能感も、完全に消え失せていたのです。

 

プロフィールによると、そのブログの書いているのは、ライター経験のないはじめてブログを書いている人。ブログを始めてしばらくは、すごく楽しく書いていたけれど、あるとき自分の書き方が「ブログの正解」から外れているのでは、と思うようになり、コンサルを受け、「正解」に近づくように努力。

その結果、検索流入も増え、ブロガーとしての成長を感じているー、らしい。

それはそれで結構なことです。

私の興味はそそらなくなったけれど、きっとどこかの誰かの役に立っているでしょう。

書き手もそのことを願って書いているのでしょうから。

 

スポンサーリンク

「日記」と「お役立ち系記事」の狭間で

人様のことをあーだこーだと言う私のブログも、身の周りの出来事や自分の思いを綴る「日記」と、「オピニオン記事」と、レビュー、ハウツーといった「お役立ち系記事」の狭間でユラユラしていました。

私は自分のブログを始める前に、外注ライターとして医療系や転職系、出会い系サイトのコンテンツ記事を書いていたのですが、これにはまったくやりがいを感じませんでした。キーワードの使用回数や構成などがガッチリ決められた「型」にハマった記事を書くことには、つくづく向いていなかったのです。

なので、自分スタイルで書くためにブログを始めたのですが、参考にしようと思って見漁った数々のブログは、自分が外注ライターとして書いていたコンテンツ記事と似たようなものばかり。

「こういうものが書きたいんじゃなくてー」と憤っても、

「お役立ち系記事じゃないとPVは稼げませんよ」
「自分が書きたいことじゃなくて、読み手が読みたいことを書くのがブログです」
「大事なのは、共感です!」

という人気ブロガーたちの教え(?)と、前出のブロガーさんのように、それに追従していく人ばかりが目にはいってしまう。

でも私は、サロンに入っているわけでもないし、コンサルを受けているわけでもない。
「あなたのブログを読んで感想を書きます!」といった企画に参加することもない。

自分が思うように書けばいい、はずなのです。

 

スポンサーリンク

「お役立ち系ブログ」の読みすぎにご注意ください。

そんな風にしばらくはモヤモヤしていましたが、あるとき思い切って「お役立ち系ブログ」を見るのをやめました。

するとそれらにかわって、自分もこんな風に書きたいと思う記事が目に入るようになったのです。

ライターや作家や評論家のほか、ブロガーでもアフィリエイターでもない人たちが書いた記事は、お決まりのパターンはなく、テーマも切り口も文体も語彙も独創的で面白いことに気づきました。

 

「お役立ち系ブログ」ばかり読んでいると、「明快な答えが書かれたもの」しか読めなくなってしまいそうです。

そればかりか、「役に立つ/立たない」とか、「コスパがいい/悪い」とか、消費者としての意識ばかりが肥大して、オモシロくない人間になってしまいそうな気がするのです。

 

タイトルとURLをコピーしました