本屋好きのための、本屋通いをやめる方法 「二階ぞめき」計画

本屋本と読書

「本屋」が好きで好きでたまらない。本そのものよりも「本屋」が好き。なぜ書店員にならなかったのかと、いまだに激しく後悔しております。

本棚にずらりと並ぶ本の背表紙を見るだけで恍惚となり、確実に便意をもよおし、究極の弛緩状態に入る。α派が出まくっているのでしょう。

 

 

背表紙にすら主張がある「単行本コーナー」
出版社ごとに、作家ごとに、色も文字も整然と並ぶ「文庫コーナー」
これでもか!というほどに人の興味を引くタイトルが並ぶ「新書コーナー」

いずれも楽しい。

本を買う予定はなくとも3日と明けず本屋に通い、行けば行ったで何かしら買ってしまう。明らかに読める以上の量の本を買い込んでしまいます。

このままではー。

 

 

スポンサーリンク

「二階ぞめき」とは?

落語に『二階ぞめき』という話しがあります。

吉原好きの若旦那が、毎日毎日吉原に通う。しかも女がどうのこうのではなく、あの雰囲気が好きなのだと。そんな若旦那に業を煮やした番頭は「自宅の二階に吉原を作ってしまえば、若旦那の吉原通いが止められるだろう」と、そっくりに作ってしまった。が当然、人(お客も女性も)はいない。そこで若旦那は一人何役も演じ分けー。

というようなお話です。

 

スポンサーリンク

本屋が好きなら、うちの二階を-、「二階ぞめき」計画

「そんなに本屋が好きなら、うちの二階を本屋にしたらいい」と、わが家でも「二階ぞめき」計画が浮上。

わが家にある「本の倉庫」と呼ばれる部屋には、狭いながらも様々な本が積み上げられています。ここを本屋風にすれば、本屋に行った気分になりはしないかー、という、なかなかの名案です。とりあえず、いらない本が多いことは薄々、いやハッキリと気づいていたので、これを機に”棚卸し”と”返品”(処分または売却)を決行。

どの本を面陳列(表紙を見せて陳列すること。本屋では「おすすめの本」をこの方法で陳列することが多い)にするかを吟味し、同じ作家のものは、左から出版が早い順に並べるー。

自分で言うのもナンですが、長年、書店員に憧れただけのことはあり、なかなかの仕事ぶりである。ちなみに、私が書店員としてのノウハウを培ったのはこちらの本。

注:たいへんな名著ですが、あなたが長年培ってきた社会的イメージを崩壊させる恐れのある抱腹絶倒モノですので、お読みになる際は周囲の環境に充分に注意してお読みください。

 

こうして、ひと通り片づいた「二階の本屋」は、私のお気に入りの本が並ぶ普通の書棚となってしまいました。

 

こうじゃないっ!

これでは楽しみようがないじゃん。よし、さっそく仕入れに行こう!

(結局、行きます)

 

「二階ぞめき」計画は失敗なのかー。

近所の行きつけの書店は、マンガや雑誌、ベストセラー本ばかりの品揃えばかりで正直つまらない。私はやる気のない書店員の胸ぐらをつかみ、「アンタは本への愛情があるのか!? 本のことを日夜どう思っているのか!?」と詰め寄り、たかった。

 

いや、書店員はみな本が好き、本屋が好きとは限りません。むしろ本屋での重労働で本がキライになり「本なんて無くなっちまえばいい!」「電子書籍バンザーイ!」と思っているかもしれないのです。

本屋の神に呪われそうな妄想をしながら、お気に入りの作家の本で手元にないものを幾つか購入。さらに古本屋を巡り、気がつけばいつも以上の買い物をしていました。

いかん……。

本屋に行かないようにするための「二階ぞめき」計画が完全に裏目に出てしまっている。しかし、これはもう買い物ではなく「仕入れ」なのだから仕方がない。そういうことにしておこう。

自分で集めたものだけでは飽きたらず、人に譲ってもらったりもした。多少趣味が違っても、好きな人や親しい人から譲り受けた本は、それはまた興味の対象として書棚に並べ、出来上がった「二階の本屋」。

でき自体はすごく満足なのだけれど、そもそも本屋というのは人と人との交流が「吉原」の数千分の一程度のところ。「二階ぞめき」のように演じ分ける必要がないことに、私、気づいてしまいました。

店員さん(私)も客(私)もまったく無口で騒き(ぞめき)ようがないまったのです。ただジーッと、自分かどこからか買い集めた本を見つめるだけなのです。たいして新しい発見もない。

果たしてこれは楽しいのでしょうか!?

 

余談ですが、その後行きつけの書店は潰れました。

 

本屋通いをやめる方法、まとめ

以上、ただ自宅の「本棚」が片付いた、という話でございました。

 

◆本気で「これ以上本を増やしたくない、本屋通いをやめたい、減らしたい」という方は、こちらはいかがでしょうか。

 

 

◆いや、紙の本が好き! というみなさんは、こちらはいかがでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました