映画『マイケル・コリンズ』(1996年)のザックリとしたあらすじと見どころ

歴史ドラマ

映画タイトル:マイケル・コリンズ

原題:Michael Collins

製作年:1996年 イギリス・アイルランド・アメリカ

監督:ニール・ジョーダン

映画『マイケル・コリンズ』は、

イギリスの植民地であったアイルランドを独立に導いた英雄マイケル・コリンズを描く歴史ドラマです。イースター蜂起後から亡くなるまでの革命家政治家としての半生を旧友との三角関係を絡めて描かれています。

キャスト

・リーアム・ニーソン(マイケル・コリンズ )
アイルランド独立の英雄

・エイダン・クイン(ハリー・ボランド)
マイケルと行動を共にする親友

・アラン・リックマン(エイモン・デ・ヴァレラ)
アイルランド独立を目指すシン・フェイン党党首

・ジュリア・ロバーツ(キティ・キールナン)
マイケルの恋人

・ブレンダン・グリーソン(リアム・トビン)
アイルランド兵士

・スティーヴン・レイ(ネッド・ブロイ)
マイケルに協力する市警

・チャールズ・ダンス(ソームズ)
イギリスから派遣される市警

映画『マイケル・コリンズ』の見どころと感想

(*ちょっとネタバレありです)

1916年、イギリスからの独立をめざしたイースター蜂起がイギリス軍によって鎮圧。捉えられた首謀者たち(パトリック・ピアースら)が次々と処刑されるなか、米国籍のエイモン・デ・ヴァレラは処刑を免れます。

マイケル・コリンズとハリー・ホランドも収監され2年後に釈放。コリンズはシン・フェイン党に加わり頭角を現していく中、ひとりの女性キティと出会います。

ダブリンに「ドイル・エアラン」(アイルランド共和国議会)を創設したコリンズ。独自の情報網と周到な戦略により、警察の武器庫の襲撃や脅迫、暗殺などゲリラ戦を展開していきます。そして刑務所からデ・ヴァレラを奪還。デ・ヴァレラはアメリカに協力を求めるためホランドを伴って渡米します。

その間も国内の紛争は激化。コリンズによるMI5暗殺の報復として、イギリス警察部隊による一般市民を巻き込んだ銃殺事件(血の日曜日:1920年11月21日)が起こります。

デ・ヴァレラはアメリカの協力を得られないまま帰国。キティとの仲が深まったコリンズの一方、ホランドもキティに心を寄せていました。

その後、イギリスとの和平交渉の場に派遣されるコリンズ。が、交渉はアイルランドに不本意な条件を突きつけられます。(アイルランドは自由国となるが国際的にはイギリスの自治領という位置づけ)

さらに北アイルランドは強硬派の希望によってイギリスに帰属することとなり、このことから党は分裂。長年行動を共にしてきたデ・ヴァレラ(このときアイルランド共和国初代大統領)とホランドは条約反対派としてコリンズと対立の姿勢をとるようになります。

国民投票では条約支持が多数となりますが、内戦は激化を極めー。

評)三角関係なんて挟んでる場合じゃない。アイルランドの英雄の判断とは

史実に基づく話です。そこにコリンズとホランド、キティの三角関係を加えドラマチックに、といった映画になっています。

前半はとにかくカッコイイ。影を多用したショットで見せるスパイ映画さながらのフィルム・ノワールな味わい。後半の戦闘シーンも臨場感たっぷりです。

が、キティ(ジュリア・ロバーツ)をめぐる三角関係が”いかにも”でホントにつまらない。
ラスト、コリンズの戦死時にキティはウェディングドレスを選んでいる、という演出もベタ。
とにかく女性の描き方が添え物的でいただけない。イースター蜂起では女性スナイパーのマーガレット・スキニダーもいたし、サフラジェット(参考映画『未来を花束にして』)の活動が盛んな時代でもあったはず。完全にラブストーリー要員として置かれたキティにモヤモヤします。

もう1点ツッコミどころを。
本家も長身だったというコリンズに北アイルランド出身のリーアム・ニーソンはハマっているかと思いきや、亡くなったのが31歳だったというキャプションに、どう見ても40歳半ばでしょーがっ!

とはいえ、キャストは充実のオジ揃い。もう一人の主人公デ・ヴァレラにアラン・リックマン。刺客として送り込まれる市警にチャールズ・ダンス。最後の戦線を共にする兵士の一人にブレンダン・グリーソン。ベタなラブストリーなんかナシでも充分見ごたえがあったはずです。

終盤のコリンズの政治的判断をもっと掘り下げてほしかった。戦略家と言われたコリンズが西郷隆盛的な最期を迎える背景こそ、ここからさらに長く続いた北アイルランド問題につながったのではないか、なんてことまで考えてしまいました。

映画『マイケル・コリンズ』 アイルランドの歴史とともにどうぞ。

◆Amazonプライムでの最新の配信状況はサイトでご確認ください。

Amazonプライム会員に登録
タイトルとURLをコピーしました