映画『ブエノスアイレス恋愛事情』(2011年)のザックリとしたあらすじと見どころ

ロマコメ

映画タイトル:ブエノスアイレス恋愛事情

原題:Medianeras

製作年:2011年 アルゼンチン・スペイン・ドイツ

監督:グスタボ・タレット

映画『ブエノスアイレス恋愛事情』は、

ブエノスアイレスを舞台に恋に傷ついた30代の男女を描くロマンティック・コメディです。靴箱と呼ばれる狭い部屋でバーチャルに生きる2人。建造物や現代アートも楽しめ、意外なところに日本文化もー。エンドロールも見逃せない1本です。

キャスト

・ピラール・ロペス・デ・アジャラ(マリアナ)
ショーウィンドウを装飾する仕事に就く独身女性 本業は建築家

・ハビエル・ドロラス(マルティン)
ウェブデザイナー 広場恐怖症で飼い犬とひきこもり生活

映画『ブエノスアイレス恋愛事情』の見どころと感想

(*ちょっとネタバレありです)

アルゼンチンの首都ブエノスアイレス。歴史的建造物と近代的建物が混在する街の中で、マリアナとマルティンはそれぞれに孤独な毎日を過ごしています。

ショーウィンドウのディスプレイの仕事をしているマリアナは、4年間同棲していた恋人と別れ、元の1人暮らしの部屋に戻ってきたもののまったく気持ちを切り替えることができません。絵本「ウォーリーを探せ」でどうしてもウォーリーを見つけられないページを眺めてばかり。

一方、マルティンは7年前に恋人と別れ、その後は愛犬と2人暮らし。広場恐怖症と診断され、それを克服するためにカメラで写真を撮り始めます。

2人の住む部屋は「靴箱」と呼ばれる集合住宅。ここから抜け出し、やがて2人はー。


ブエノスアイレスの建築事情がけっこうなボリュームで語られる冒頭。宮殿などの古い建造物のすぐそばに近代的な建物が作られていく。そんな雑多な環境は、それはそれで魅力的でもあるのです。が、そんなゴチャゴチャがしんどいときもある。本意ではない仕事、恋人との別れからも立ち直れない。街のエネルギーに負けてしまいそうになるー、マリアナとマルティンはそんな30代男女です。

何度もすれ違っているのに気づくことのない2人が偶然ネットで知り合ってー、というベタな展開。普通だったらモヤモヤしたりイライラしたりするところ(?)ですが、この2人のことは全力で応援したくなるから不思議。2人がようやく出会うラストと、その後の主題歌「Ain’tNo Mountain High Enough」がバックに流れるエンドロールは実にイイ!

恋愛事情のほうはこんな感じですが、建築事情というか住宅事情もたっぷり楽しめる映画です。
2人の部屋は「靴箱」なんて言われていますが、日本の普通の、いや普通よりも俄然広々としたワンルームですよ。インテリアもお洒落(なぜか日本グッズ多めです)だし、そこでウディ・アレンの映画『マンハッタン』なんか見ちゃって、ホントにもう、好きっ(スイマセン、完全に私個人の好みです)。

もともとは短編として2005年に作られたこの映画。世界的に評判となって長編として再作成されたそう。ホントにいい映画です。大好きな映画です。ぜひ。

タイトルとURLをコピーしました