映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』(2018年)のザックリとしたあらすじと見どころ

歴史ドラマ

映画タイトル:ふたりの女王 メアリーとエリザベス

原題:MARY QUEEN OF SCOTS

製作年:2018年 アメリカ・イギリス

監督:ジョーシー・ルーク

 

スポンサーリンク

◆映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』は、

0歳でスコットランド女王になったメアリー・スチュアートと、イングランド女王エリザベス1世との交錯する運命を描いた歴史映画です。
男社会にうごめく陰謀と女の嫉妬ー。2人の最旬女優の競演が見どころの1本です。

 

スポンサーリンク

◆キャスト

・シアーシャ・ローナン(メアリー・スチュアート)
スコットランド女王

・マーゴット・ロビー(エリザベス1世)
イングランド女王

・ジャック・ロウデン(ヘンリー・スチュアート/ダーンリー卿)
メアリーの2番目の夫

・ジョー・アルウィン(ロバート・ダドリー/レスター伯)
エリザベスの寵臣

・デヴィッド・テナント(ジョン・ノックス)
スコットランドの牧師 旧教長老派教会の創始者

・ガイ・ピアース(ウィリアム・セシル)
エリザベスの重臣

 

◆映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』の見どころと感想

(*ちょっとネタバレありです)

-Focus Features / Photofest / ゲッティ イメージズ

1561年のスコットランド。
夫、フランソワ2世の崩御によって若くして未亡人となったメアリー・スチュアートは故国スコットランドに帰国します。

異母兄(庶子)のマリ伯や忠臣に支えられながら女王としての統治を始め、さらに隣国イングランドの王位継承権を主張するメアリー。

一方、イングランド女王のエリザベスは、メアリーの若さや美しさに対する嫉妬とともに、同じ男社会の中の女王として共通する思いを抱いていました。

 

再婚を望むメアリーは、イングランド宮廷から帰国したヘンリー(ダーンリー卿)に惹かれ周囲の反対を押しきって結婚。しかしこの結婚はメアリーの夢を打ち砕くことになります。

新教の普及を拒むカトリック教会はメアリーに関する醜聞を流布し、女王の座から引きずり降ろそうとします。さらにメアリーに仕えるイタリア人の音楽家リッチオの殺害事件によって明らかになる夫ヘンリーや、兄らの王位をめぐる画策。

運命に翻弄される中、男児を出産したメアリーは、エリザベスの統治するイングランドに逃れることにー。

 

――――――――

 

ケイト・ブランシェット主演の『エリザベス』『エリザベス・ゴールデンエイジ』にも微妙な関係として描かれているスコットランドのメアリー女王。
この映画はそのメアリーを中心とした、メアリー側のお話です。

惚れた相手と結婚し、その夫に失望しながらも王子を出産。「女の王なんてー」と軽く扱われながらも、若さと美しさで民衆の人気を得ていた。が、夫や異母兄の裏切り、宗教的策略によって追い詰められた悲劇の女王。

こうしたイメージの一方、野心を秘めた強い女性というメアリーの人物像がシアーシャ・ローナンによって見事に際立たされています。

一方、既に子を持つことが難しい年齢に差し掛かり、天然痘によって顔にはあばたが残ってしまったエリザベス。

女性としての複雑な心境が描かれた、生まれたばかりの仔馬を慈しむシーンや手芸の花作りをやり直すシーンには、胸が詰まる思いがします。

そんなエリザベスを演じたこの映画のマーゴット・ロビーは、本当に素晴らしい!

 

多くの映画の舞台となっている激動の時代。
エリザベス1世の出生の背景や結婚問題と隣国との緊張関係、国を二分する宗教問題など、この映画ではサッとすっ飛ばされているので、そこがわからないとピンとこないかも、という部分はあるものの「ふたりの女性」の生き様を描いた映画として充分に見ごたえある作品です。

 

 

タイトルとURLをコピーしました