好きな映画を聞かれたときに「ラブコメ映画」をあげてもいいのか問題

好きな映画を聞かれたときに「ラブコメ映画」をあげてもいいのか問題

「映画好き」が聞かれて困る質問のひとつが「いちばん好きな映画は何?」

「コレです!」と迷いなく答えられる人もいるでしょうが、「アレもいいし、コレもいいし、〇〇監督作品だったらコレかな、△△シリーズで言えばー」と、なかなか決められないのも映画好きの性です。

 

けれども「いちばん」を答えることができなくても、ジャンルぐらいは答えたい。

そこで、です。

好きな映画を聞かれたときに「ラブコメ映画」をあげてもイイものでしょうか?

 

「社会ドラマ好き」の仮面をかぶり、ひそかに「ラブコメ映画」を堪能する私が「ラブコメ映画」の様々な疑問と格闘する【私的ラブコメ映画論】です。どうぞ。

 

<関連記事>

 

Advertisement

「ラブコメ好き」は恋愛妄想体質!?

好きなんだったら堂々と「ラブコメ映画が好き」って答えればいいはずなんです。

が、「ラブコメ映画」には次の問題があるためなかなか容易ではありません。

ラブコメ映画は現実味がない

「えっ!あのときのカレが偶然隣に引っ越してきた!?」みたいに都合のいい展開が多いラブコメ。

ヒロインはモテないと嘆くけど、ナンダカンダ言ってモテてるし(『ラブコメ映画 のヒロインは、結局モテてるやん!問題』)、お相手の男性も不思議とだんだんイイ男に見えてくる(『ラブコメ映画 の謎!? だんだん「イケメン」に見えてくる問題』)しで、ラブコメ映画には現実味がありません。

 

ラブコメ映画は退屈

中心となる男女が、惹かれ合っているのに意地を張り合ったりすれ違ったりで、なかなか話が進みません。

ラブコメは一応コメディでもあるので(『ラブコメ映画 は笑えない!? ラブコメ映画の「恋愛」と「笑い」の配分はどうなっているんだ問題』)、凄惨な事件や社会を揺るがすような大問題は起きません。

で、どうせくっつくんですよ、二人は。

「狭い範囲」の「短い時間」で「お決まりの結末」を迎えがちなラブコメ映画。

退屈と思われても仕方がないでしょう。

 

(ベタなセリフや展開に)見ていて恥ずかしくなる

ラブコメ映画の世界にドップリ浸かっていても、ふと現実にかえるとめちゃくちゃ恥ずかしくなってしまう。

自分が言われているわけではないー、と分かっていても、です。

 

ラブコメ映画好きはこうした問題を重々承知の上で見ています。
ときには、「あの恥ずかしさを味わいたい」という思いで見ることさえあるのです。

 

が!「ラブコメ映画が好き」というと、「 相手(男性)に対する理想が高すぎ 」とか「映画みたいなアプローチを期待してるんじゃないの?」と思われ、現実を見ようとしない恋愛妄想体質という印象を与えかねません。

 

Advertisement

こんなシーンで「ラブコメ映画愛」を語ると危ない

恋愛に夢を抱いていると思われてしまうー。

「ラブコメ映画好き」を公言するデメリットはこれだけではありません。

 

恋愛がらみではないシーンで、「ラブコメ映画愛」を語るのも非常にリスクがあります。

 

たとえば職場

趣味の話になり、「最近何か面白い映画みた?」といった他愛もない話から「好きな映画ってなに?」に発展し、勢い余って「ラブコメ映画」をあげてしまうと、「‥‥‥なんかイメージと違う」となり、空気が一変するかもしれません。

 

もちろん就職面接でも「ラブコメ映画」の話題はダメ。

「好きな映画は『10日間で男を上手にフル方法』です」
「なるほど! あなたは計画性もあって仕事も早そうですね」

とはなりません!

 

<関連記事>

 

たとえば家族
家の某所にあるラブコメ映画DVDの山を、たまたま家族が発見したらー。

で、気まずい雰囲気を何とかしようと、必死でラブコメのストーリーとか誰が出ているとか同じような作品はー、とか熱弁をふるうと、さらにー。

 

「ラブコメ映画愛」はこんなシーンで語りたい

なかなか公言しにくい「ラブコメ映画好き」ですが、「実は好きなんですよ」という「隠れラブコメ映画好き」はけっこういるようです(私もその一人です)。

 

映画の話題も一通り終わり、ちょっと間が開いたところで、

「ラブコメ‥‥‥、って見ます?」
「‥‥‥、見ます」
「よね」
「ね」

というように、若干の探り合いの後に一気に盛り上がる。

こんなふうに「ラブコメ映画愛」を語りたい!

 

って、これこそラブコメ映画好きの「妄想癖」かもー。

 

◆「ラブコメ好き」の公言は計画的にー

私的ラブコメ映画論カテゴリの最新記事