映画『ウィークエンドはパリで』(2013年)のザックリとしたあらすじと見どころ

恋愛ドラマ

映画タイトル:ウィークエンドはパリで

原題:Le Week-End

製作年:2013年 イギリス

監督:ロジャー・ミッシェル

映画『ウィークエンドはパリで』は、

結婚30周年でパリ旅行をする熟年夫婦を描くヒューマンドラマです。
悲観的な夫に対し、今にもどこかに飛んでいきそうな自由な妻。2人の危うい関係はー。
この結末の妙は大人にしかわからない!? ゴダールの『はなればなれに』へのオマージュをこめたダンスシーンも印象的な大人の映画です。

キャスト

・ジム・ブロードベント(ニック・バロウズ)
イギリスで暮らす大学講師

・リンゼイ・ダンカン(メグ・バロウズ)
ニックの妻 教師

・ジェフ・ゴールドブラム(モーガン)
ニックの大学時代の後輩 作家

映画『ウィークエンドはパリで』の見どころと感想

(*ちょっとネタバレありです)

(C)2013 Free Range Films Limited/ The British Film Institute / Curzon Film Rights 2 and Channel Four Television Corporation.

結婚30周年の記念に、かつて新婚旅行で訪れたパリにやってきたニックとメグの夫婦。
ニックが予約していたホテルの部屋が気に入らないメグはタクシーで市内観光した後、エッフェル塔がベストポジションで見える一流ホテルのスイートに泊まることに。

ぎくしゃくしながらも旅行を楽しもうとする2人ですが、突然ニックは勤め先である大学を解雇されたことを告げます。メグはニックを責めることなく、互いにもっと自由に生きることを考えようと答えます。

メグに見放された思いのニックに対し、メグは自由に豪遊三昧。高級レストランを無銭飲食し、逃亡中にニックの大学時代の後輩モーガンと再会します。作家として成功したモーガンにパーティに誘われる2人。

そのパーティの席で、ニックのメグに対するある思いが爆発しー。


熟年夫婦、いや、これは熟年男の危機といったところでしょうか。
突然職場を解雇されたニックは、妻メグに頼り切りなうえ、すでに家庭を持っている息子を同居させようとするなど、子離れもできていません。

現状にも将来にも悲観的なニックに対し、「なるようになるでしょ」という自由なメグ。旅行中も喧嘩が絶えず、こうやって熟年離婚へー、

とはならないんですよね。なんだかこの夫婦、2人でいるときは若い恋人同士のようでもあり、長い付き合いの友だち同士のようでもあり、この先もナンダカンダありながら、こうやって支え合っていくんだろうな、と思わせてくれます。

ストーリーのスパイスになるのはニックの後輩モーガン。ニックと対照的な成功者として登場しますが、モーガンもまた悩める大人。このモーガンをジェフ・ゴールドブラムが絶妙の胡散臭さで好演。

妻メグのパリファッションも素敵。

ラストはそんな悩める大人たちが戯れに踊るゴダールの映画『はなればなれに』(1964年)のマディソン・ダンス。これは大人だからこそ楽しめる作品かもしれません。

タイトルとURLをコピーしました