映画『ジョン・ウィック:パラベラム』(2019年)のザックリとしたあらすじと見どころ

アクション

映画タイトル:ジョン・ウィック:パラベラム

原題:John Wick: Chapter 3 – Parabellum

製作年:2019年 アメリカ

監督:チャド・スタエルスキ

映画『ジョン・ウィック:パラベラム』は、

前作で追われる身となったジョンと、ジョンを狙う暗殺者との新たな戦いを描きます。
舞台はニューヨークからモロッコ、そして再びニューヨークに。キアヌ・リーヴス、イアン・マクシェーン他おなじみのキャストにハル・ベリーらを新たに加え、なんでもアリ感が増した人気シリーズの第3作です。

キャスト

・キアヌ・リーヴス(ジョン・ウィック)
伝説の殺し屋

・イアン・マクシェーン(ウィンストン)
コンティネンタルホテル・ニューヨークの支配人

・ハル・ベリー(ソフィア)
コンティネンタルホテル・モロッコの支配人で元殺し屋

・マーク・ダカスコス(ゼロ)
ジョン・ウィックを追い詰める暗殺者

・ランス・レディック(シャロン)
コンティネンタルホテルニューヨークのコンシェルジュ

・ローレンス・フィッシュバーン(バワリー・キング)
地下犯罪情報組織の王

・エイジア・ケイト・ディロン
主席連合のメンバー

・アンジェリカ・ヒューストン
主席連合の支配下にある組織「ルスカ・ロマ」の首領 ジョンの育ての親

・サイード・タグマウイ
主席連合の首長 モロッコを拠点

映画『ジョン・ウィック:パラベラム』の見どころと感想

(*ちょっとネタバレありです)

(R), TM & (C) 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

舞台は前作の直後のニューヨーク。コンティネンタルホテルの掟を破り、ホテル内で殺しを犯したジョンは追放処分となり、その身柄に1400万ドルの懸賞金がかけられています。

支配人ウィンストンの計らいで1時間の猶予が与えられニューヨークからの脱出を試みるジョン。しかしすでに暗殺者の手は近くに及んでおり、戦いの末、自身を暗殺者として育てた犯罪組織「ルスカ・ロマ」の手引きでモロッコへ渡ります。

主席連合の首長に会うため旧知のソフィアを訪ねるジョン。ようやく首長に会えたジョンは、暗殺指示の撤回と引き換えに、あることで忠誠を誓うことを約束します。

そしてニューヨークに戻ったジョンはー。


前作から数日後の話なんですが、ちょっとジョン老けてます。そりゃ映画製作自体は前作から3年近く経ってるわけですから仕方ないのですが。

とはいえ、今回もアクション三昧のこの映画。誓印だとか掟だとか、それをまたいちいちジャッジしにやってくる裁定人とか、設定が(無駄に)細かいわりには、今回はモロッコまで行っちゃうし、暗殺者は寿司握っちゃうし、本で!? 馬で!? ナンデモありなんですか、とっ散らかりすぎじゃないですか、犬は!? と言いたくなる3作目です。1作目にあった男の陰りなんざもう微塵もないっ!残念。

で、まだまだシリーズは続くようで、4作目は真田広之を加え、2022年の公開予定です。これ以上どうなる、どうするジョン?

タイトルとURLをコピーしました