映画『ジョン・ウィック チャプター2 』(2017年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画レビュー
スポンサーリンク

映画タイトル:ジョン・ウィック チャプター2

原題:John Wick: Chapter 2

製作年:2017年 アメリカ映画

監督:チャド・スタエルスキ

スポンサーリンク

◆映画『ジョン・ウィック チャプター2』は、

前作で復讐を遂げ、再び平穏な生活に戻ろうとするジョンが、あたらな殺し合いに巻き込まれる映画です。

今回の鍵は「誓印」

裏組織を抜けるときにサンティーノに対し血の誓いを立てていたジョンは、借りを返すように脅され再び殺し屋稼業に戻ります。

 

スポンサーリンク

◆キャスト

・キアヌ・リーブス(ジョン・ウィック)
元殺し屋 前作でロシアンマフィアへの復讐を遂げ、平穏な暮らしに戻ろうとしている

・リッカルド・スカマルチョ(サンティーノ・ダントニオ)
ジョンに実姉殺しを依頼するイタリアマフィア

・コモン(カシアン)
ジョンの標的(サンティーノの姉ジアナ)の護衛役

・ローレンス・フィッシュバーン(キング)
ニューヨークギャングのボス ホームレスを隠れ蓑に活動

・イアン・マクシェーン(ウィンストン)
殺し屋の定宿コンチネンタル・ホテルの支配人

 

スポンサーリンク

◆映画『ジョン・ウィック チャプター2 』の見どころと感想

(*ネタバレありです)

-Summit Entertainment / Photofest / ゲッティ イメージズ

前作から5日後。奪い返していなかった(そういえばそうです)愛車を奪還するために、ヴィゴの弟が所有する倉庫に乗り込むジョン。

抗争の末ボロボロになった愛車を取り戻したジョンは、その中から亡き愛妻の写真を取り出します。

家には、前作のラストで動物センターから連れ出した愛犬がおり、ジョンは銃や武器を床下に埋め、平穏な暮らしに戻ろうとしています。

 

が、そこにイタリアンマフィアのサンティーノがやってきて殺しの仕事を依頼します。

「誓印」があるため掟上は断れない依頼でしたが、ジョンは「自分はもう引退した」と仕事内容を聞くことなく拒否します。

大人しく引き下がるはずのないサンティーノは、ジョンの家を爆撃炎上(もう、ホントやることがえげつない)。

焼け出されたジョンと犬(無事ですっ!)は、困ったときのコンチネンタルホテルを訪れます。

 

オーナーのウィンストンに相談したものの「当人同士で解決するしかない」という大人の回答。

が、「この依頼をやり遂げれば、そのあとは誓印に縛られることもなくなる」という助言によってジョンは依頼を引き受けます。

 

そして舞台はローマにー。
マフィア組織の中心に立ちたいサンティーノは、今その地位にいる実姉ジアナの殺害をジョンに依頼します。

ジョンは仕事をやり遂げますが、今度はジアナの部下に追われ、サンティーノが命じた殺し屋等に命を狙われることに。

前作よりも激しいやり合いの末(地下鉄ではノールックで乱射よ、あぶねーって!)コンチネンタルホテルに戻りますが、そこで優雅にお食事をしているサンティーノを発見。

「コンチネンタルの中での殺しはご法度」を破り、サンティーノを射殺するジョン。

ジョンに対し闇組織が動き始めます。

 

――――――――

 

とりあえず、犬、無事です。

 

もうお気づきかとは思いますが、この話はシリーズ第3弾『ジョン・ウィック・パラベラム』(2019年)に続きます。

 

 

「犬と車」に続き、今度は「家」を失い殺し屋稼業に戻ってしまったジョンは、コンチネンタルのサポートも失い、世界中の闇組織から命を狙われることになるのです。

 

一度、闇社会に属してしまうとそこから抜けるのは難しいー。

「一生殺し屋で生きていくしない」というと身も蓋もないけど、そういうジョンの苦悩がこのシリーズの根っこにあるテーマでしょう。

なのでやたらと撃ち合いが続くと苦悩どうこうよりも、怒りを制御できない男にしか見えなくなってしまい残念。

あまりアクションものが好きではない私には「ギリギリOK」の映画です。

といってもキアヌを始め、役者は完璧です。

 

1作目の朋友マーカスを演じたシブすぎるウィレム・デフォー。今作で最強の相手をなるカシアンを演じたコモンもめっちゃカッコイイ!

そして、このシリーズのキーマン的存在コンチネンタルのウィンストン役のイアン・マクシェーン。

 

ぜひ、男になった気分で楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました