自分語りおばさんにも効果ありの一言!「#ブログ書け」

自分語りおばさんにも効果ありの一言!「#ブログ書け」

「中年女性であっても『おばさん』にはなりたくない」

 

その一心でこんな記事(『おばさん的クソコメントの原因と対策』『話を聞くときは気を付けて!頷きすぎるおばさんの謎に迫る』)を私は書いているのだが、どちらにも共通する「ある結論」を発見した。

 

おばさんのクソコメントの原因は、自分の話をブッコんでくることにあり、頷きすぎるおばさんの最終形態は、自分の話をしだすことにある。

 

両者に共通することは、おばさんは「隙あらば自分の話をしたがる」ということ。

 

おばさんの自分語りは、若者の自己顕示欲や謎の万能感による自分語りとは大きく異なり、「気がつくと語っていた」という無意識によるものが多い。

無意識だからこそ怖い。自分で気がついてやめることができないのだから。

 

どうにかしてこのウッザイ自分語りを止める方法はないものか、その方法を見出さなければ、私自身も「自分語りの穴」に落ちてしまいそうだ。いや、もう片足くらいは突っ込んでいるかもしれない。

で、「隙あらば自分のことを話す」というおばさんの悪癖をどうにかしようと考えていたら、まさかの「あの一言」に行きついたのだ。

 

「#ブログ書け」

 

この試みは、プロブロガーのもとに「自分語りおばさん」を差し出し、洗脳、疲弊、消耗によって語れなくすることを目的とするものではありません。

「自分のことばかり話す」という、いかにもおばさん的な行動を見直し、節度ある「中年女性」であるための提案です。

 

では、まいりましょう。

 

Advertisement

 

「話す」を「書く」に変えてみる

私は前職場で、面談の際には必ず事前に「文章にまとめておくこと」を勧めていた。

その文章で何かを評価をするわけではなく、事前に一度「考えを整理しておいてほしい」という意図で。

 

が、なかには「すいませーん、直接お話したほうがいいと思ってー」と、明らかに準備していないことを感じさせる下手なウソをつく人もいた。おばさんナースXだ。

案の定、おばさんナースXは、話が脱線しまくり、こちらが何を話しても、気がつけば周りへの愚痴と自分を擁護する話にすり替えた。

 

「はい、じゃ、その話はいいので、本題のー」と、露骨に話を断ち切っても、

「はい、それはですねー、えっとー」と、あーだーこーだ言っているうちに、自分の話したい話題にすり替えているのだ。

 

マジシャンか! イリュージョンか!

 

そんなミラクルな人は、おばさんナースXだけではない。
結構な頻度でいる。

それが日本のおばさんだ。

 

そんな人におすすめしたいこと、いや、ぜひ実行していただきたいことは、「話す」を「書く」に変えてみることだ。

 

文章を書くことのメリットには、

・自分の考えを整理する機会になる
・考えの幅が広がる
・表現力がつく

などがある。

 

このメリットは、おばさんに限らずどの世代にも当てはまることだが、つい反射的に口を開いてしまうおばさんにとっての効果は非常に大きい。

「考えてから話す」という、おばさんが失ってしまった「大人の基礎能力」を再生させることにつながるので、ぜひ一度お試しいただきたい。

 

おばさんも「 ブログ書け 」

 

では、なぜブログなのか。

 

前述したとおり、おばさんの自分語りは自己顕示欲や承認欲求の要素はそれほど大きくはない。
が、やはり、多くの人にブログを読んでもらうことで自分の意見や考えが認められたり、そこでコミュニケーションの機会を得ることは喜びにつながる。

 

Twitterでは文章が短すぎる。

おばさんの自分語り欲をTwitterだけで満たそうとすると、おおかた感情的になったり短絡的になったりしやすい。
文章を書きなれていないがゆえに、真意がきちんと伝わらずトラブルになってしまう。

 

ブログに「何を書くか」「どう書くか」はさまざまだけど、「自分のことを話したい」というおばさんの純な欲求を満たす目的であれば、黒子に徹しなければならないアフィリエイトは不向きだろう。

 

また、「やりたいことだけをやろう!」とか「ポジティブな考えの人だけでつながろう!」というようなウェイウェイした層に混じろうとすると、おかしな方向に進みかねない。

道を踏み外したときの損失や恥さらしなどの痛手は、若者の比ではないことも知っておこう。

 

<関連記事>

 

自分が何を考え、何を話したいのか、何を伝えたいのかをしっかりと「考えて」書く。

 

そしてそれをときどき読み返して、さらに考えを深めたり、改めたりー。

それを積み重ねていけば自分語りでウザがられることもなくなるはず、です。

 

<関連記事>

 

Advertisement

 

まとめ

私は願います。

むちゃくちゃ自分のことばかりを話していたおばさんが、ある日「あ、今度ブログに書くから読んでね」といって、さわやかに去っていくことをー。

 

さあ、ブログを書こう。ブログ書け!

 

補足:「#ブログ書け」のムーブメントを起こした当人は、現在「#動画取れ」に変化しております。

当ブログでは引き続き「#ブログ書け」を推奨してまいりたいと思います。

 

<関連記事>



『非おばさん的中年女性論』カテゴリの最新記事