『窓から逃げた100歳老人』 ヨナス・ヨナソン 抱腹絶倒の歴史エンタメ小説

本と読書

人生100年というけれど、この人の100年はスゴイ。波乱万丈、抱腹絶倒。
スウェーデン人作家ヨナス・ヨナソンによるエンタメ小説『窓から逃げた100歳老人』は、100歳の誕生パーティを逃げ出し偶然知り合う仲間たちとともに繰り広げる珍道中です。ちょっとだけ世界史の勉強にもなる!?かも。

『窓から逃げた100歳老人』の内容紹介

100歳の誕生日パーティーを目前に、おしっこ履きのまま老人ホームを逃げ出した主人公アラン。お酒(とくにウオッカ!)が大好き、宗教と政治が大嫌い。
ひょんなことから手にした大金入りスーツケースをめぐって、ギャングや警察に追われることとなり、途中で知り合ったひと癖もふた癖もあるおかしな仲間とともに珍道中を繰り広げる。
一方、過去のアランはというと、爆発物専門家としてフランコ将軍やトルーマン、スターリンと日夜酒を酌み交わしては、エポックメイキングな人物として世界史の重大シーンにひょこひょこ顔を出す!
アランの逃避行と100年の世界史が交差していく、二重構造ならぬ「百重構造」のドタバタコメディ。

西村書店HPより引用

ザックリと100年の世界史を振り返っておくべし

この物語は老人ホームを脱走した100歳のアランの「現在」と「過去」が交互に描かれています。
現在のほうは、あることからギャングに追われることになるストーリー。運よく難を逃れていくアランの飄々とした存在感は痛快そのものです。アランはなんでこんなに泰然としていられるのかー、その過去がこの物語の読みどころです。

アランはこの100年、世界で起きたあらゆる事件にいっちょ噛みしていたという設定で、あらゆる要人との過去の接点が明らかになっていきます。

ザックリまとめますと、

24-34歳 スペイン フランコ将軍
34-40歳 ルーズベルト大統領 J・ロバート・オッペンハイマー
40-42歳 トルーマン副大統領 宋美齢 毛沢東 江青
43-48歳 べリヤ元師 アルベルト・アインシュタイン スターリン
48歳   金日成 金正日
63歳   ド・ゴール大統領 リンドン・B・ジョンソン大統領
63-70歳 ニクソン大統領 ブレジネフ ロナルド・レーガン
(*年齢は作中のアランの年齢)

これらがどういう人物なのかを知っているのと知らないのとでは面白さがぜんぜん違ってくる。せっかくなのでいくつか紹介しておきましょう。

・フランコ将軍(フランシス・フランコ)1892-1975
クーデター(スペイン内戦)を起こし、その後独裁政権を築いた

・ルーズベルト大統領(セオドア・ルーズベルト)1858-1919
第26代アメリカ大統領 大国として世界に影響力を行使した棍棒外交(「太い棍棒を持ち、穏やかに話す」が口癖だったそうな)で知られる

・毛沢東 1893-1976
中華民国の指導者、蒋介石との国共内戦に勝利し中華人民共和国を設立 主席に就任 江青 1914-1991は毛の4番目の妻で文化大革命を指導した「四人組」の1人  宋美齢 1898-2003は蒋介石の妻

・スターリン( ヨシフ・スターリン) 1878-1953
ソビエト連邦の最高指導者  1924~53年まで秘密警察による支配や大規模粛清など全体主義による恐怖政治を行った

・ニクソン大統領(リチャード・ニクソン)1913-1994
第37代アメリカ大統領 暗殺されたJ・F・ケネディと後を継いだリンドン・B・ジョンソンの民主党政権に代わって大統領に就任 が、民主党本部に対する盗聴事件、いわゆる「ウォーターゲート事件」で任期中に辞任した

これらの人物とアランはどのように渡り合ったのか、そんなバカな!の連続で、まさにフィクションならではの面白さが満載です。ここに日本の要人が登場しないのが残念ですが……。

映画化作品もぜひ

映画『100歳の華麗なる冒険』 (C)NICE FLX PICTURES 2013. All Rights Reserved

なんと、映画化作品もあります。
2013年のスウェーデン映画『100歳の華麗なる冒険』(フェリックス・ハーングレン監督)
スウェーデンではアナ雪を超える爆発的ヒットだったそうです。

そして、2017年にはウィル・フェレル(『ユーロビジョン歌合戦 〜ファイア・サーガ物語〜』ほか)主演でハリウッド版の製作の話題もありましたが、こちらは頓挫しているのか? 

読んで歴史の勉強をして映画まで楽しめる『窓から逃げた100歳老人』 ぜひ。

タイトルとURLをコピーしました