映画『ハリウッドランド』(2006年)のザックリとしたあらすじと見どころ

サスペンス/ミステリー

映画タイトルハリウッドランド

原題:Hollywoodland

製作年:2006年 アメリカ

監督 : アレン・コールター

スポンサーリンク

映画『ハリウッドランド』は、

人気俳優の死の真相をめぐり、当時の映画界、テレビ界の闇を描いた実話に基づく物語です。
苦悩の大根役者を演じるのはベン・アフレック。その真に迫る演技が見どころの1本です。

スポンサーリンク

キャスト

・エイドリアン・ブロディ(ルイス・シモ)
ジョージ・リーヴスの事件を追う探偵

・ダイアン・レイン(トニー・マニックス)
ジョージ・リーヴスのパトロン

・ベン・アフレック(ジョージ・リーヴス)
TVドラマ「スーパーマン」の主演俳優

・ボブ・ホスキンス(エドガー・マニックス)
トニーの夫 映画会社の重役

映画『ハリウッドランド』の見どころと感想

(*ちょっとネタバレありです

1959年6月16日、テレビドラマ『スーパーマン』の主演俳優であるジョージ・リーヴスが自宅で死去した。銃による自殺という判断に疑問を持ったジョージの母は探偵に調査を依頼します。
当初乗り気でなかった探偵シモですが、調査を進めるうちにジョージが置かれた映画界の闇に近づいていきます。

本当に自殺なのか。ジョージの死の真相はー。


実在の俳優ジョージ・リーヴスは、『スーパーマンシリーズ』で人気を博したものの、そのイメージが強くほかの役につけなかったことや、そもそも子ども向けのドラマで演技力は求められていないことに悩んだー、と言われています。

この映画でジョージを演じるベン・アフレックもかつては大根役者と言われたお人。そのベンがショボいワイヤーで吊られてスーパーマンを演じるシーンなんか、ホントに泣けてきます。
ジョージの俳優としての苦悩を誰よりも知るベンのこの映画での演技は、ゴールデングローブ賞助演男優賞にノミネートされるなど高い評価を受けました。

映画のほうは、しがない探偵シモがジョージの死の真相に迫ります。ジョージは恋人レオノアとの結婚を控えていましたが、その一方で映画会社の重役夫人トニーというパトロンもいる身。トニーの夫はシモに圧力をかけ調査を妨害しー、という展開をみせますが、実話に基づく以上、真相が明らかになることはなく、事件を追う探偵自身の家庭問題をクロスさせながらモヤモヤッとするラスト。

ああ、ベンの名演が報われない……。



タイトルとURLをコピーしました