映画『スペシャル・フォース』(2011年)のザックリとしたあらすじと見どころ

アクション

映画タイトル:スペシャル・フォース

原題:Forces spéciales

製作年:2011年 フランス

監督:ステファン・リボジャ

映画『スペシャル・フォース』は、

アフガニスタンで武装組織に誘拐されたフランス人ジャーナリストの救出劇を描くアクション映画です。少数精鋭の部隊によりアジトからの奪還に成功するものの、さらなる困難がー。

キャスト

・ダイアン・クルーガー(エルサ)
フランス人ジャーナリスト

・ジャイモン・フンスー(コバックス)
スペシャルフォースのリーダー 

・ブノワ・マジメル(ティクタク)
スペシャルフォース隊員

・ドゥニ・メノーシェ(リュカ)
スペシャルフォース隊員

・ラファエル・ペルソナ(エリアス)
スペシャルフォース隊員

映画『スペシャル・フォース』の見どころと感想

(*ちょっとネタバレありです)

アフガニスタンの首都カブールで女性たちの取材を続けるジャーナリストのエルサ。エルサはタリバン系武装勢力のリーダーを批判したことが原因で拉致されます。

事態を重く見たフランス政府は軍特殊部隊「スペシャル・フォース」に救出命令を下し、リーダーのコバックス以下6名の精鋭が現地へ。部隊はアジトを特定しエルサの奪還に成功。武装勢力の追撃をかわしながらパキスタンとの国境を目指しますが、目の前には極寒の高山がー。


1人を救出するために多くの犠牲がー、いう類の映画です。
2015年前後、過激派組織「イスラム国」にジャーナリストが拉致される事件が多発。日本人ジャーナリストも犠牲となった衝撃は忘れることはできません。

が、この映画の「テロ組織は絶対悪」であり、それに勇敢に立ち向かう「特殊部隊は英雄」、という描き方にはかなりモヤモヤさせられます。現地人ガイドや一般市民を犠牲にし、さらに救出部隊も1人、また1人と。だんだん「あ、この人死ぬな」と読めてしまう展開にも興ざめしてしまうのです。

そんな中での見どころは追撃を逃れ国境を目指すシーン。アフガニスタンというイメージからは程遠い豪雪の高山越えに挑みます。

が、ジャーナリスト、エルサに「自分のために多くの犠牲がー」という迷いがたいして感じられないし、次々死んでいく特殊部隊は無駄にカッコ良すぎ。ま、そこまではまだ許せるとして、最大の不満はラスト。

この映画に幸せオチってどうよ!? 恋バナいらんやろ! という1本です。

タイトルとURLをコピーしました