映画『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』(2015年)のザックリとしたあらすじと見どころ

サスペンス/ミステリー

映画タイトル:アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場

原題:Eye in the Sky

製作年:2015年 イギリス

監督 : ギャヴィン・フッド

映画『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』は、

すべてが遠隔で行われる現代の戦争と、そこに携わる人々の葛藤を描いた軍事サスペンスです。究極の決断に直面する大佐をヘレン・ミレンが熱演。アラン・リックマンの遺作となった映画です。

キャスト

・ヘレン・ミレン(キャサリン・パウエル大佐)
常設総合司令部司令官

・アラン・リックマン(フランク・ベンソン中将)
国防副参謀長

・アーロン・ポール(スティーヴ・ワッツ中尉)
操縦士

・ジェレミー・ノーサム(ブライアン・ウッデール)
閣外大臣

・イアン・グレン(ジェームズ・ウィレット)
英国外相

映画『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場 』の見どころと感想

(*ちょっとネタバレありです

(C)eOne Films (EITS) Limited

ケニア国内のテロに備える英米、ケニアの合同軍。イギリス軍のキャサリン・パウエル大佐はイギリス、ロンドンでその指揮にあたっています。偵察機やドローンによる監視を行うなか、首都ナイロビの市中に潜伏するアル・シャバブのテロリストを確認。テロリストたちは自爆テロの決行直前でした。

捕獲をあきらめた合同軍はテロリストへの攻撃を決定。しかし、ちょうどそのとき隠れ家の近くの路上でパンを売る少女がー。このまま攻撃すれば少女を巻き添えにしてしまう。現地工作員にパンを買い上げ少女を店じまいさせようとしますが、あえなく失敗。民間人の犠牲にしてでも作戦の決行を主張する大佐に対し、内閣府での意見は割れたまま。そしてついにテロリストへの攻撃を決行しますがー。


大佐のいる司令部はロンドン。偵察攻撃機を操作するパイロットがいるのはアメリカの米軍基地。
現地にいるのは室内も撮影できる昆虫型の小型ドローンを操作する現地工作員だけ。これがまさに今の戦争の姿なのでしょう。

高性能のドローンや偵察機によって現地の様子は手に取るようにわかる。攻撃を実行する米軍パイロットも少女の姿を確認しているのです。「犠牲やむなし」という大佐の意向に葛藤するパイロット。が、その大佐にも「上」がいる。内閣府です。大臣たちは会議室に集まっているものの、誰も責任を取りたくないのがありありとわかる。海外出張中の大臣にまで電話で判断を仰ぎますが、誰も決定しようとしないのです。

映画は、現地と遠く離れた司令部、攻撃を実行する軍部、会議室、出張先のもようを同時進行で描きます。2時間の出来事を2時間で見せる臨場感がなかなかのものです。
この2時間を経て、国防副参謀長は平穏な日常にもどり、米軍パイロットは仮眠後に勤務が再開する。そして現地の少女とその家族はー。


『ダイ・ハード』のテロリストほか、クールな演技で魅了したイギリスの俳優アラン・リックマンの遺作となった本作。この映画のラスト、作戦の決行を批難する女性政務次官に「戦争の代償を知らないなど軍人に言うな」と渾身の一言が印象的です。

一方、主役のヘレン・ミレンは、ベテラン過ぎて、いまさら軍服でもー、という違和感。いや、この違和感も映画の狙いなのでしょう。

タイトルとURLをコピーしました