DVDスルー好き/「スーザンを探して」を探して/SNSのそういうとこ、苦手

まんざらでもない日記

2022年6月20日

毎日蒸し暑い。こんな日は、いやこんな日もエアコンの効いた部屋で映画を見るに限る。
話題作やヒット作は数あれど、食指が動くのはなぜかマイナー作品ばかり。劇場公開されずDVDスルーとなった映画を選んでしまう。
*DVDスルーとは、劇場公開を予定して製作されたもののなんらかの理由によって上映されず、後にDVD(昔はビデオ)で発売されることになった作品。

そんなDVDスルー作品もVODで見ることができるのでホントにありがたい。

先日見た『ペイド・バック』(←ジェシカ・チャスティンがイスラエルのモサドに、その20数年後をヘレン・ミレンが演じるという充実映画・2011年)も『コンプリート・アンノウン 〜私の知らない彼女〜』(←15年ぶりに現れたレイチェル・ワイズ演じる元カノの驚きの過去がー、というスリラー・2016年)もそう。

なぜこれがDVDスルーなのか、いや、これは劇場公開ナシもやむなしか、を考えるのも楽しい。そんな感想も含めて「VODで見られる!おすすめDVDスルー映画」でもまとめてみようかな。


映画『マドンナのスーザンを探して』

その一方でVODでも見ることのできない映画もあって悩ましい。目下、見たいのは『マドンナのスーザンを探して』(1985年)

当時スーパースターだったマドンナ(が、スーザン)と、ロザンナ・アークエット(は平凡な主婦)のロマコメ。主題歌は「Into the Groove」

公開当時に映画館で見て以来、37年ぶりに「スーザンを探して」を探しています。

マドンナを思い出しついでに、シャーデーとかジョディ・ワトリーとかトレイシー・チャップマンとか、同時代の女性シンガーを思い出した。

シャーデーはシャーデー・アデュをボーカルとするバンド(だったのね) 1984年の「スムース・オペレーター」が大ヒット。超大人の雰囲気で、当時まだお子ちゃまのワタシをドギマギさせてくれましたな。

ジョディ―・ワトリーは87年にソロデビュー(それ以前はシャラマーの一員) 代表曲は「Looking for a New Love」「Real Love」「Everything」など。当時大ヒットしたれらの曲も今聴いてみるとー、かなりダサい。

トレイシー・チャップマンは、なんといっても1987年のデビューアルバムに収録の「ファスト・カー」 こちらは色褪せることのない名曲。

CDを探し出さなくてもSpotifyですぐに聴けるというのはホントにありがたい。


話は変わります。

某インフルエンサーのインスタの投稿がパクリじゃないか、少々ザワついているらしい。
件の人物に限らず、SNSでウケようとすると、むしろ個性的ではいられなくなるのか。

多くの人の興味や関心を集めたい、共感しあいたい、盛り上がりたい。だったら同じことをするのが手っ取り早い。パクリも二番煎じもアリ。みんなで手垢まみれにしてアッという間に鮮度が落ちる。そしてまた次の話題に移っていく。

SNSのそういうとこ、苦手です。

タイトルとURLをコピーしました