【Dinksから専業主婦になる】と、生活レベルが下がるってホント?

【Dinksから専業主婦になる】と、生活レベルが下がるってホント?

専業主婦になると決めて仕事を辞めるときに、何人もの人から「生活レベルは絶対に下げられないよ」と厳しい忠告を受けました。

もちろんそれを覚悟した上で専業主婦を選択したのですが、実際にはどうなのでしょうか?

 

Dinksから専業主婦にになると、生活レベルは下がるのでしょうか?

 

Advertisement

 

Dinksから 専業主婦 での収入の変化

私の給与収入がなくなったことにより、世帯収入は約40%ほど減りました。

しかし、在宅での仕事(ライター業)が増えたことや、夫の会社の家族手当の支給など、若干の収入増があります。

 

Dinksから専業主婦での支出の変化

支出が減ったもの

◆食費

外食や中食が減り、私の昼食代がわずかで済むため、食費は10~20%削減できています。

もともとかなり無頓着だったため、ちょっと意識するだけでもこの程度の削減ができています。

本格的な「節約メニュー」の導入や「禁酒」を実行すると、あと10~15%くらいは削減可能と考えています。

 

◆被服費

もっとも大きな支出減はココです。

もともとオシャレ好きで、そこそこ街中の職場までの通勤だったため、洋服やバック、靴、アクセサリーなどにもお金をかけていました。

頑張って仕事をしている「自分へのご褒美」として、かなりの散財っぷりでした。

 

が!専業主婦になるとー、ま、着るものは何でもイイわけではありませんが、それほど気を遣う必要はありません。

被服費は90%以上の削減となりました。

 

◆美容代

被服費と同じく、美容代も50%以上は削減できています。

美容室をリーズナブルなところに変えたことで、料金は60~70%減です。

また、毎日メイクをしないようになり、クレンジングによる肌負担がなく、スキンケアも簡単に済ませられるようになりました。

 

もちろん美容費を削ったところで、急に「おブス」にはなりません。

仕事の疲労やストレスがない分、ずっと健康的で美しくいられる(ハズです!)

 

<関連記事>


 

◆娯楽費

趣味の読書や映画にかかる支出はほとんど変化はありませんが、無駄な雑誌の購入やゲームなどのストレス発散の遊興費が減り、娯楽費は40~50%の削減です。

 

◆その他

職場関係の飲み会がなくなり、交際費はかからなくなりました。

車を普通車2台体制から1台を軽自動車に買い替えたことにより、維持費やガソリン代も削減できています。

また、給料から天引きされていた社会保険料も、夫の扶養に入ることで実質的には支出減になっています。

 

支出が変わらないもの

◆光熱費

「昼間家に居るようになると光熱費は増えるかな」と思っていましたが、そうではありませんでした。

専業主婦になるのを機に、冷蔵庫やエアコン、照明を省エネ家電に買い替えた効果もありますが、昼間の消費電力はほとんど変化はありません。

 

むしろ、洗濯機や掃除機をきちんと自己メンテするようになった効果か、無駄な長時間使用がなくなりました。

 

◆住居費

持ち家で住宅ローンを組んでいましたが、専業主婦になるのを機に、一括返済しています。

固定資産税や維持費の変化はありません。

 

◆医療費

幸い病気やケガもなく、歯科の定期健診費と市販薬の購入のみで大きな変化はありません。

しかし、今後は加齢に伴う病気の発症は充分に考えられるため、将来的には支出増と考えています。

 

◆通信費

スマホやネット環境、有料TVや動画配信サービスは私のライフラインなので、ココに関しては現状維持としています。

<関連記事>

 

支出が増えたもの

◆特になし

今のところ、専業主婦になったことで支出が増えた項目はありません。

 

このように、Dinksか専業主婦になることで、収入は減りましたが支出もかなり減っています。

これは「生活レベルが下がった」という状況なのでしょうか?

 

Advertisement

 

生活レベルは「お金」だけの問題じゃない!

そもそも「生活レベル・生活水準」って、どういうことでしょう?

 

総務省のデータでは、二人以上の世帯の住居費を除く消費支出は、1世帯当たり 28万円となっています。

ちなみに我が家の月々の支出もこのくらいです。

この28万円より多く消費していれば「生活レベルが高い」というのでしょうか?

 

上記のようなデータは、生活にどのくらいのお金がかかっているかの指標にはなります。

しかし、お金のかけ方の中身は人それぞれです。

家や車にお金をかける人もいれば、趣味やカルチャースクール、スポーツジムにお金を使う人、海外旅行を楽しむ人などがいる一方、極力「もの」をもたない「ミニマリスト」と呼ばれる生活をおくる人もいます。

私の場合は「読書と映画にかかるお金は減らしたくない」と思っていますが、前述したとおり、被服費や美容代はガッツリ削ることができました。

 

生活レベルが高いとか低いとか、人と比べてどうこうというよりも、「自分は何にお金を使って、どういう生活を送るのか」をしっかりと考えておくことが重要なのではないでしょうか。

その延長線上に、自分らしい老後があるのだと思います。

 

まとめ

Dinksから専業主婦になると、収入は減ります。

が、だからといって「生活レベルが下がる」とは一概には言えません。

家事能力と金銭管理能力が著しく(?)向上するため、無駄な支出が減ります。

 

2040年にはわたしも高齢者の仲間入りです。

どんな社会になっているかは分かりませんが、老後のイメージが少しでも明るいものになるように、いまを生きる「老活」をはじめてみてはいかがでしょうか。

 

『Dinksから専業主婦になる』カテゴリの最新記事