映画『地球は女で回ってる』(1997年)のザックリとしたあらすじと見どころ

コメディ

映画タイトル:地球は女で回ってる

原題:DECONSTRUCTING HARRY

製作年:1997年 アメリカ

監督:ウディ・アレン

映画『地球は女で回ってる』は、

ニューヨークの小説家と、彼をめぐる女性たちの物語です。ウディ・アレン自身を投影した主人公のあきれるほどの自己愛と、自己愛が作り出す虚構の世界ー、そして妙に清々しいラストが印象的な作品です。

キャスト

・ウディ・アレン(ハリー・ブロック)
小説家

・カースティ・アレイ(ジョーン)
ハリーの2番目の元妻 精神分析医

・エイミー・アヴィング(ジェーン)
ハリーの3番目の元妻

・ジュディ・デイヴィス(ルーシー)
ジェーンの妹 ハリーと不倫関係

・エリザベス・シュー(フェイ)
ハリーの元恋人

映画『地球は女で回ってる』の見どころと感想

(*ちょっとネタバレありです)

FineLineFeatures/Photofest/ゲッティイメージズ

ニューヨークに住む小説家のハリーは、私生活をネタに書いた小説がベストセラーになったが、それがもとで結婚生活は崩壊。さらに最近はスランプに陥っています。精神分析医である2番目の妻の出産後に妻の患者に手を出したり、3番目の妻の妹とダブル不倫したりー。

これらを赤裸々に小説に書いたもんだから元妻たちは大激怒。さらに別れた恋人が結婚するという話に心を乱されるハリー。

そんなハリーのもとに、出身大学から栄誉賞を贈りたいとの知らせが届きます。
友人と娼婦、そして元妻のもとから誘拐した息子とともにハリーは大学に向かいますがー。


この映画は、ハリーの「現実世界」と、ハリーが書いた「小説の世界」が交差しながら描かれています。(一人だけピントがボケてしまう俳優役のロビン・ウィリアムス。ホントにずっとピンボケです!)

ハリーのクズっぷりはかなりのもので、他のウディ・アレン作品では多少なりともある「愛すべきポイント」すら見当たらないのです。

ここまでして自分を晒さなければならないハリーと、ほかでもないウディ・アレンの自意識は理解しがたいのもがあります。が、そんなハリーが行きついた先が、意外なほどに清々しいのです。

『真実はひとつでも人生は人によって受け止め方が違う。安らぎは書くことだけ。小説だけが彼の人生を救うのだ』

「小説」を「映画」や「脚本」に置き換えると、ウディ・アレンそのものなんだな、と。

邦題は意味がよくわかりませんが、原題の 『DECONSTRUCTING HARRY』を直訳すると、「ハリーを解体する」「ハリーを分析する」となります。ハリーは自分自身を解体することで自分し救済し、ウディ・アレンもまたこの映画で自身を救済しているのでしょう。

好みは別れると思いますが、かなりこれぞ「ウディ・アレンの世界」といえる1本です。

タイトルとURLをコピーしました