「ダメ男」は映画で堪能するに限る! ダメ男で身を滅ぼさないためのおすすめの映画

おすすめの映画

好きになる男はなぜか「ダメ男」ばかり。

仕事が長続きしない、女グセが悪い、投資やギャンブルで失敗して借金まみれ-。

世の中にはさまざまな「ダメ男」がいます。

 

が、ハッキリ言って彼らはとても魅力的な存在です。

もし、この世の中が、イケメンで細マッチョ、髪の毛もフッサフサ。性格も申し分なく、仕事もそつなくこなし、 家族や友達を大切にし、 家事も進んで行う。お金の使い方もスマートで、もちろんリッチ。結構難しいことも知っているのに、ひけらかさない。

こんな男ばかりだったらどうします?

 

 

大歓迎ですっ! パラダイスです!!

 

 

には違いありませんが、たぶん、こういう男性ってつまらなくなると思うんですよね。

ま、「たぶんー、」としか言いようがないんですが-。

 

その点「ダメ男」は、こちらを退屈させることもなければ、安心させることもない。

ありきたりの日常に刺激を与えてくれるのは、「イイ男」ではなく「ダメ男」です。

が! だからといって、ガチの「ダメ男」を夫や彼氏にしてしまうと、トンデモナイ事態になるかも。

そうならないために、映画の中の「ダメ男」を堪能し、「ダメ男耐性」をつけておきましょう。

 

スポンサーリンク

映画『ハーフネルソン』のダン 典型的なダメ男


-ThinkFilm / Photofest / ゲッティ イメージズ

映画『ハーフネルソン』(2006年)は、ドラッグ常習者の中学校教師ダン(ライアン・ゴズリング)と、ヤクの売人の兄を持つ女生徒との交流を描いた映画です。

 

ドラッグ常習者が教師-、という時点で「あの国はどうなってんだ!」と思いますが、日本でもちょいちょいニュースになりますよね、教師が薬物に手を出していたという事件が。

ま、この映画ではそういった社会情勢云々はスルーして(するんかいっ!)薬に溺れる男の危ない魅力を存分に堪能しましょう。

 

主演のライアン・ゴズリングはこの映画の演技を高く評価され、以後、『マネー・ショート』『ブレードランナー2049』『ラ・ラ・ランド』などのヒット作への出演が相次ぎます。

あの「眠そうな垂れ目」が、どきゅーんずきゅーんと女心を刺激するのですが、今作のダンはまさに極めつけです。

 

自分もまだヤクを断ち切れない身でありながら、少女のおかれた劣悪な環境を憂い、なんとかして救い出そうとします。

が、そこはダメ男!

完全無欠のヒーローになれるはずもなく、さらにヤクに溺れ、女に手を出しー。

救い出すどころか、

 

少女に助けられてるやんアンタっ! しっかりしい!

 

と、叱咤激励したくなる典型的なダメ男のダンです。

 

もし、この手のダメ男に心を奪われたら大変なことになりますよ。

映画のクールな黒人少女のように、友情をベースにした付き合いを心がけるべきでしょう。

 

 

スポンサーリンク

映画『スリー・ビルボード』のディクソン 悲しいダメ男


-Fox Searchlight Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

映画『スリー・ビルボード』(2017年)は、娘を殺された母(フランシス・マクドーマンド)が建てた3つの看板が映し出す、事件や地域社会をめぐる「怒り」と「許し」を描いた作品です。

ディクソンは怒りの矛先となる警察署長の部下。差別主義者で身勝手な仕事っぷりの背景には、しあわせとは言えない家庭環境がありー。

 

 

ディクソンは、「悲しいダメ男」
こういう風にしか生きられない男っているんですよね。

が、あることを機に、ディクソンは変わっていきます。
捨て身で犯人の手がかりを探し出し-。(いろいろと考えさせられるラストは、本編でお楽しみください)

 

ディクソンを演じるのは、サム・ロックウェル。

『ウェルカム・トゥ・コリンウッド』のペロのような「飄々とした」のイメージがあります、どこか「悲しさ」を感じさせる役者さんです。

 

 

そういう風貌なのかもしれませんね。

こういう悲しいダメ男は、「私が救ってあげる」なんて思ってはダメ。悲しいダメ男の内面をかえって傷つけることになります。

変化を待つしかないでしょう。

 

「ダメ男」は映画で堪能する まとめ

愛すべき「ダメ男」

けれども、自分の生活にガッツリ関わってくるのはちょっと厄介です。

 

なんだかんだ言っても、ライアン・ゴズリングもサム・ロックウェルもめちゃめちゃイイ男。

身を滅ぼさないためには、映画で「イイ男」が演じる「ダメ男」を堪能する!

これに限ります!

タイトルとURLをコピーしました