映画『ウディ・アレンの重罪と軽罪』(1989年)のザックリとしたあらすじと見どころ

監督別 ウディ・アレン
スポンサーリンク

映画タイトル:ウディ・アレンの重罪と軽罪

原題:crimes and misdemeanors

製作年:1989年 アメリカ

監督:ウディ・アレン

スポンサーリンク

◆映画『ウディ・アレンの重罪と軽罪』は、

成功者と挫折者、それぞれの人生が微妙に交錯しながら進んでいく人間ドラマです。

「重罪と軽罪」というタイトルどおり、大きな罪と小さな罪の結末に、ウディ・アレンならでは思想とアイロニーが込められた作品です。

 

 

スポンサーリンク

◆キャスト

・ウディ・アレン(クリフ)
売れないドキュメンタリー映画作家。
製作助手のハリーにご執心で、妻とはうまくいっていない。

・マーティン・ランド―(ジュダー)
成功した眼科医。
付き合いが長くなった愛人ドロレスから、妻との離婚を迫られている。

・アラン・アルダ(レスター)
辣腕TVディレクター。
クリフの妻ウェンディの兄。アランもハリーを狙っている。

・ミア・ファロー(ハリー)
映画の製作助手。クリフの好意に気づいてはいるが、仕事のためロンドンに渡る。

・アンジェリカ・ヒューストン(ドロレス)
ジュダーの愛人。

スポンサーリンク

◆映画『ウディ・アレンの重罪と軽罪』の見どころと感想

(*ネタバレありです)


-OrionPictures/Photofest/ゲッティイメージズ

いい歳してイジイジしている映画作家(クリフ)が、知的な製作助手の女性に引かれていくが、なかなか思うようにいかないストーリー。
それとは別のところで、社会的に成功をおさめた眼科医のストーリーが進みます。

 

愛人から「妻と離婚しなければ財団の資金流用をバラすわよ」と脅迫された眼科医(ジュダー)は、窮地に立たされることに。
で、この眼科医はチンピラの弟に相談したものの、弟に「チンピラを雇って始末するよ」と言われ、罪の意識に苦しむことになります。

 

この二人(クリフとジュダー)は直接の接点はありませんが、それぞれの人間関係が複雑に交錯していきます。

 

クリフは妹の夫であるレスターから、自身のドキュメンタリー映画を撮ってほしいと依頼されます。
しかし、レスターのことを快く思っていないクリフは仕事に身が入らず、夫婦関係もうまくいかない。
クリフの関心は製作助手のハリーだけ。

しかし、そのハリーが1年間ロンドンに渡ることになります。

 

一方、ジュダーの愛人は殺し屋によって殺害されますが、事件は迷宮入り。

1年後、ジュダーの患者であり、クリフの妻の兄であるベンの娘の結婚式(ここで二人はつながります)で、クリフとジュダーは、それぞれの人生を語り合うことに。

 

クリフは、妻との離婚が決まっているが、ロンドンに行ったハリーが、なんとレスターと結婚することを知り、激しくショックを受けます。

一方ジュダーは、愛人を(間接的に)殺害した罪の意識を、自らの思想によってなんと、解消済み!

 

ウディ・アレンらしい不条理感あふれる映画です。

 

ー―――――

 

このレビューを書いているのは、2018年1月です。

今、ウディ・アレンはミア・ファローとの間(二人は結婚はしていませんでした)に迎えた養女への性的虐待疑惑によって、かつてウディ・アレン作品に出演した俳優からも「出演したことを後悔してる」と言われています。

このような疑惑は今回が初めてではなく、ミア・ファローの養女(今回の件とは別の女性です)に手を出し、のちに結婚し、このこと(だけじゃないと思いますが……)がもとで、ミア・ファローとは破局後、ドロドロに-。

 

あらためて「罪とは何か」です。

社会的な罪と個人的な罪は必ずしも一致しない、人生は不条理だらけ。

ウディ・アレンの映画には、こうしたテーマがよく取り上げられていますが、中でもこの「重罪と軽罪」は、それが色濃く描かれた作品です。

 

 

タイトルとURLをコピーしました