映画『クレイジー・ハート』(2009年)のザックリとしたあらすじと見どころ

ヒューマンドラマ

映画タイトル:クレイジー・ハート

原題:Crazy Heart

製作年:2009年 アメリカ

監督:スコット・クーパー

映画『クレイジー・ハート』は、

アル中の落ちぶれカントリーミュージシャンの再生を描くヒューマンドラマです。シンプルなストーリーにジェフ・ブリッジスのヨレヨレ具合と哀愁漂う歌声がベストマッチの1本。アカデミー賞主演男優賞ほか受賞作品です。

キャスト

・ジェフ・ブリッジス(オーティス・ブレイク)
落ちぶれたカントリーミュージシャン バッド・ブレイク

・マギー・ギレンホール(ジーン・クラドック)
地方紙のジャーナリスト

・ロバート・デュヴァル(ウェイン・クラマー)
バッドの旧友 バーのマスター

・コリン・ファレル(トミー・スウィート)
売れっ子ミュージシャン バッドの弟子

映画『クレイジー・ハート』の見どころと感想

(*ちょっとネタバレありです)

(C)2009 Twentieth Century Fox

カントリー・ミュージシャンとして一世を風靡したバッド・ブレイク。57歳となったバッドは酒に溺れ、場末のライブハウスやボウリング場のステージなどドサ回りの日を過ごしています。一方、かつて自分の弟子だったトミーは超売れっ子に。

そんなバッドのもとに知人の姪でジャーナリストのジーンが訪れます。ジーンはいまだ離婚の傷が癒えないシングルマザー。やがて2人は心を通わせるようになり、人生をやり直そうとしますがー。


ありきたりのストーリーなのに、なぜかハマるこの映画。多少の紆余曲折はあるとはいえ、それほどの一大事が起きるわけでもなく、奇をてらう仕掛けもありません。アメリカ南西部を舞台に一人のオジサンミュージシャンが立ち直ろうともがく。恋仲になりそうな女性も大きな挫折を味わっている。こうなったのは自業自得、因果応報なのか。同じ過ちを繰り返したくないと迷う2人の選択は胸に響くものがあります。

ジェフ・ブリッジスはまさに当たり役。腹も出て酒浸りでー、というと映画『ビッグ・リボウスキ』のデュードを思い浮かべますが、この映画のバッドはデュードのファンキーさの代わりにたっぷりと哀愁を漂わせています。

シングルマザーのジーンを演じるマギー・ギレンホールも魅力的。売れっ子になった弟子のトミーのコリン・ファレルもちゃんと売れっ子ミュージシャンに仕上がっていて、ありがちに天狗になってないのもイイ。

シンプルでありながら、なお余力残しな感じと、ジェフの歌声に酔いしれる大人の映画『クレイジー・ハート』 おすすめの1本です。

タイトルとURLをコピーしました