映画

恋愛ドラマ

映画『女と男の観覧車』(2017年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『女と男の観覧車』は、子連れ再婚した女性の恋と葛藤を描くウディ・アレン監督の大人のラブ・ストーリー。1950年代のコニーアイランドの幻想的な美しさを背景に、こんなにキツイ話をー。ウディ・アレンってやっぱり最高よね、と思わせる会心の1本です。
ホラー/スリラー

映画『マーサ、あるいはマーシー・メイ』(2011年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『マーサ、あるいはマーシー・メイ』(2011年)は、カルト集団から逃げ出した少女のその後を描くスリラードラマです。姉夫婦のもとに身を寄せるが、マイドンコントロールが解けないマーサを蝕む苦悩とはー。
コメディ

映画『父さんはオジロジカ・ハンター』(2018年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『父さんはオジロジカ・ハンター』は、ハンティングの動画で人気を博す父と離婚後離れて暮らす12歳を描くヒューマンコメディ。息子との絆を深めようと一緒にハンティングに出かけるがまったく関心のない息子にー。父と息子の絆という古典的なテーマにほどよく現代的な視点を加えた1本です。
サスペンス/ミステリー

映画『フラットライナーズ』(2017年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『フラットライナーズ』は、医学生達の臨死実験を描くホラーサスペンスです。実験後、様々な能力が増す一方、封じ込めていた自責の念が幻覚を引き起こしー。1990年の同名作のリメイク作品。映像技術の進歩が見せるよりリアルな臨死体験とは。
コメディ

映画『ファンキーランド』(2012年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ファンキーランド』は、ピアニストを志す青年の夢と現実との葛藤を描くヒューマンコメディです。薬物中毒の母を更生施設に入れようとしますがまさかの事態にー。邦題はジェシー・アイゼンバーグ主演の人気シリーズ『ゾンビランド』に引っ掛けたい気満々?
ホラー/スリラー

映画『ヒッチャー』(1986年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ヒッチャー』は、殺人ヒッチハイカーによる不条理スリラーの名作です。追われる青年役に当時アイドル的人気を誇ったC・トーマス・ハウエル。シンプルなストーリーの中、ルトガー・ハウワー演じる殺人ヒッチハイカーが見せる真の恐怖とはー。
ホラー/スリラー

映画『アイデンティティー』(2003年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『アイデンティティー』は、大雨で外部と普通になったモーテルでの連続殺人を描くスリラーです。が、とにかくネタバレ禁です。90分の短尺でタイトルの意味に「なるほど」と気づくまでが勝負! ぜひレビューを読まずにお楽しみください。
ロマコメ

映画『15年後のラブソング』(2018年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『15年後のラブソング』は、伝説のロックスターと彼を崇拝する恋人との三角関係を描くロマコメです。 ニック・ホーンビィ(『ハイ・フィディリティ』『アバウト・ア・ボーイ』)の小説を映画化。作品は作者のものなのか? 子どもは? 
アクション

映画『デス・プルーフ in グラインドハウス』(2007年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『デス・プルーフ in グラインドハウス』は、テキサス州を舞台に殺人鬼と狙われる美女たちの抗争を描くサスペンス・スリラー。他愛もない会話とド派手なカーアクション、グランドインハウスの雰囲気を再現したB級映画的編集など、タランティーノ監督の映画偏愛が満載の映画です。
ロマコメ

映画『ハンナだけど、生きていく!』(2007年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ハンナだけど、生きていく!』は、大学を卒業したばかりのハンナが恋や仕事を通して自分らしさを見いだしていく青春ストーリー。『レディ・バード』『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』など監督業も好調のグレタ・ガーウィグのマンブルコア作品です。
タイトルとURLをコピーしました