映画

サスペンス/ミステリー

映画『サバービコン 仮面を被った街』(2017年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『サバービコン 仮面を被った街』は、1950年代の架空のニュータウンを舞台に人種差別と保険金殺人の顛末を描くクライムコメディ。ジョージ・クルーニー監督にコーエン兄弟脚本、マット・デイモンとジュリアン・ムーアでおもしろくないはずがない、はずがー。
2022.05.21
ヒューマンドラマ

映画『ブリキの太鼓』(1979年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ブリキの太鼓』は、ナチス政権下のポーランドを舞台に3歳で成長を止めた少年オスカルとその家族の物語です。寓話性と奇抜さとグロのなか、成長を止めたオスカルに投影されるものとはー。ギュンター・グラスの同名小説をニュー・ジャーマン・シネマの代表フォルカー・シュレンドルク監督が描く問題作です。
コメディ

映画『あなたを見送る7日間』(2014年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『あなたを見送る7日間』は、父の訃報で実家に集まった4人の兄弟ら家族のヒューマンコメディです。 妻の浮気で離婚寸前の次男ほか、それぞれに抱える問題がー。
サスペンス/ミステリー

映画『ナイロビの蜂』(2005年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ナイロビの蜂』は、ナイロビ駐在の外交官が妻の不審死から新薬の臨床実験の真相に迫るサスペンス映画です。原作はスパイ作家のジョン・ル・カレ。「愛」によって世界は変えられるのか。アフリカを舞台とした異色の仕上がりも見どころの1本です。
映画

第94回 アカデミー賞を徹底予想!

3月28日(日本時間)発表の第94回アカデミー賞。今年も全23部門を徹底予想してみました。私の本命はー
ホラー/スリラー

映画『ガール・オン・ザ・トレイン』(2016年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ガール・オン・ザ・トレイン』は、アル中ですべてを失った女性レイチェルがある行方不明事件に関与。が、記憶が定かでなくー、というスリラー映画です。レイチェルの証言は事実か、妄想かー。主人公演じるエミリー・ブラントの病みっぷりが見どころの1本です。
ヒューマンドラマ

映画『ワイルド・ローズ』(2018年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ワイルド・ローズ』は、カントリーシンガーを夢みるシングルマザーの葛藤を描くヒューマンドラマです。主人公ローズを演じるジェシー・バックリーの歌声とステージパフォーマンスに魅了される1本です。
ヒューマンドラマ

映画『ロスト・ドーター』(2021年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ロスト・ドーター』は、海辺の町をバカンスで訪れた大学教授レダが、ある若い母娘との出会いを通じて自身の過去を見つめ直すストーリーです。「母性」を崇めたり美化したりすることなく、徹底して不確かなものとして描く力作。マギー・ギレンホールの初監督作品。
2022.03.23
おすすめの映画

なぜロシアはウクライナにー。 ロシアの100年を知るためのおすすめの映画と本

2022年2月に始まったロシアによる隣国ウクライナへの侵攻。「ロシア国民を守るため」という大義名分のもとの武力行使に国際社会は強く反発しています。ロシアはなぜウクライナに侵攻したのでしょうか。ロシアの100年をザックリ理解するためのおすすめの映画やドラマ、本をまとめてみました。
コメディ

映画『ドント・ルック・アップ』(2021年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ドント・ルック・アップ』は、まもなく彗星が直撃する地球を舞台に、壊滅は免れぬ危機のなか分裂する社会を風刺するブラックコメディ。ディカプリオ、ローレンス他、超豪華キャストも話題に。コロナ禍の今にもチクチク、グサグサくる1本です。
2022.03.11
タイトルとURLをコピーしました