サスペンス/ミステリー

サスペンス/ミステリー

映画『女は二度決断する』(2017年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『女は二度決断する』は、ネオナチによる爆弾テロで家族を失い絶望する女性の、ある決断を描くサスペンスです。 これ以上ない悲しみと絶望に堕ちていく主人公をダイアン・クルーガーが熱演し、パルム・ドール(カンヌ映画祭)ほかを受賞した映画です。
サスペンス/ミステリー

映画『ミュンヘン』(2005年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ミュンヘン』は、1972年に起きた「ミュンヘン五輪虐殺事件」に対するイスラエル側の極秘の報復計画を描いた作品です。 監督はスティーブン・スピルバーグ。テロの背景にある国家や民族の複雑な問題と、その中で苦悩し自分を見失っていく主人公。娯楽的要素は皆無の社会派ドラマです。
サスペンス/ミステリー

映画『ナイン・シガレッツ』(2003年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ナイン・シガレッツ』は、隣人をストーカーしているハッカーが引き起こす巻き込み系のクライムコメディサスペンスです。 タイトルが示すように、タバコにまつわる登場人物たちが次々と不測の事態に陥ります。見どころは、当時24歳のディエゴ・ルナ、だけではないクセありの1本です。
サスペンス/ミステリー

映画『ダウト ~あるカトリック学校で~』(2008年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画タイトル:ダウト ~あるカトリック学校で~ 原題:Doubt 製作年:2008年 アメリカ 監督:ジョン・パトリック・シャンリー 映画『ダウト ~あるカトリック学校で~』は、 厳格なカトリック学校...
サスペンス/ミステリー

映画『記者たち 衝撃と畏怖の真実』(2017年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『記者たち 衝撃と畏怖の真実』は、2003年3月、イラクの大量破壊兵器の存在を理由に開戦に踏み切ったアメリカを、唯一批判した新聞記者たちを描く実録風サスペンス映画です。
サスペンス/ミステリー

映画『誰よりも狙われた男』(2014年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『誰よりも狙われた男』は、ドイツ、ハンブルクを舞台にイスラム過激派組織の密入国者を追う捜査官と、事態をめぐる各国の思惑を描いたサスペンスです。原作はスパイ小説で知られる作家ジョン・ル・カレの同名小説。名優フィリップ・シーモア・ホフマンの遺作となった映画です。
サスペンス/ミステリー

映画『盗聴者』(2016年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『盗聴者』は、仕事を抱え込みすぎて心身を病んだ男デュパルが、再就職先で盗聴音声の文字起こしの仕事に就いたことから大きな陰謀に巻き込まれていくサスペンス映画です。主演は『最強の2人』のフランソワ・クリュゼ。地味ながら緊張感が漂う真面目な映画です。
サスペンス/ミステリー

映画『ウインド・リバー』(2017年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ウインド・リバー』は、雪原の中で遺体となって発見された少女の事件の真相を描くクライム・サスペンスです。インディアン居留地に根深くはびこるネイティブアメリカンに対する蔑視・因習を描き出しています。その事件の真相とはー。
サスペンス/ミステリー

映画『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』(2015年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』は、すべてが遠隔で行われる現代の戦争と、そこに携わる人々の葛藤を描いた軍事サスペンスです。究極の決断に直面する大佐をヘレン・ミレンが熱演。アラン・リックマンの遺作となった映画です。
サスペンス/ミステリー

映画『ホテル・エルロワイヤル』(2018年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ホテル・エルロワイヤル』は、1969年、カリフォルニア州とネバダ州の州境のホテル「エルロワイヤル」を舞台に、そこに集まった7人の男女の正体とホテルに隠された秘密を描いたホラーサスペンスです。時代のエッセンスを織り交ぜたシニカルでスタイリッシュな作風は、好きな人にはドハマ必至の1本です。
2021.07.26
タイトルとURLをコピーしました