サスペンス/ミステリー

サスペンス/ミステリー

映画『マッチ工場の少女』(1990年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『マッチ工場の少女』は、マッチ工場で働く貧しい少女の社会への静かな復讐劇。最少のセリフと決定的な部分を見せないショット、妙に叙情的な音楽で労働者階級の抵抗を描き出すアキ・カウリスマキ監督が世界に存在を示した作品です。
サスペンス/ミステリー

映画『ペイド・バック』(2010年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ペイド・バック』は、ナチス戦犯の医師の捕獲任務の末、射殺したイスラエルモサドの3人。が、30年が過ぎ真実が暴かれようとしー。 2007年のイスラエル映画「The Debt」をハリウッドリメイクしたスパイサスペンス。緊張の展開とスリリングな関係性、そしてクールなジェシカ・チャステインが見どころの1本です。
サスペンス/ミステリー

映画『コンプリート・アンノウン~私の知らない彼女~』(2016年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『コンプリート・アンノウン~私の知らない彼女~』は、15年ぶりに現れた元カノの驚愕の「生き方」を描くスリラー・サスペンスです。幾度も名前や経歴を変えていくその生き方。それは逃避ではなく変化を求めた生き方というがー。
サスペンス/ミステリー

映画『フラットライナーズ』(2017年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『フラットライナーズ』は、医学生達の臨死実験を描くホラーサスペンスです。実験後、様々な能力が増す一方、封じ込めていた自責の念が幻覚を引き起こしー。1990年の同名作のリメイク作品。映像技術の進歩が見せるよりリアルな臨死体験とは。
サスペンス/ミステリー

映画『ドリアン・グレイ/美しき肖像』(1970年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ドリアン・グレイ/美しき肖像』は、オスカー・ワイルドの長編小説『ドリアン・グレイの肖像』を、舞台を1970年代のロンドンに置き換えた映画化作品です。現在までに3度の映画化と舞台やドラマで多くの俳優が演じてきたドリアン・グレイ。当時26歳のヘルムート・バーガーがまさに当たり役という1本です。
サスペンス/ミステリー

映画『セバーグ』(2019年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『セバーグ』は、1960年代にヌーヴェルヴァーグの寵児となった女優ジーン・セバーグを描くサスペンス。政治活動をめぐってFBIの監視対象となり執拗な盗聴とプライバシーの暴露によって心を病んでいくセバーグをクリスティン・スチュワートが熱演。単なるファッションアイコンではないセバーグを再認識する1本です。
サスペンス/ミステリー

映画『サバービコン 仮面を被った街』(2017年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『サバービコン 仮面を被った街』は、1950年代の架空のニュータウンを舞台に人種差別と保険金殺人の顛末を描くクライムコメディ。ジョージ・クルーニー監督にコーエン兄弟脚本、マット・デイモンとジュリアン・ムーアでおもしろくないはずがない、はずがー。
サスペンス/ミステリー

映画『ナイロビの蜂』(2005年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ナイロビの蜂』は、ナイロビ駐在の外交官が妻の不審死から新薬の臨床実験の真相に迫るサスペンス映画です。原作はスパイ作家のジョン・ル・カレ。「愛」によって世界は変えられるのか。アフリカを舞台とした異色の仕上がりも見どころの1本です。
サスペンス/ミステリー

映画『ヒヤシンスの血』(2021年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ヒヤシンスの血』は、共産政権下のポーランドを舞台に、ゲイコミュニティをめぐる事件を追う警官の苦悩と事件の真相を描くサスペンス映画です。「ヒヤシンス作戦」と呼ばれた同性愛者への弾圧とはー。LGBTQへの差別が表面化している現在のポーランド。その背景の理解にもつながる映画です。
サスペンス/ミステリー

映画『ヘイター』(2020年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ヘイター』は、不祥事で大学を除籍された青年が自分を評価しない人々や社会に恨みをぶつけていくサスペンス映画です。格差社会を背景にSNSやフェイクニュース、ゲームを活用しながら恨みを晴らすー、現代の闇を感じさせる1本です。
タイトルとURLをコピーしました