サスペンス/ミステリー

サスペンス/ミステリー

映画『セバーグ』(2019年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『セバーグ』は、1960年代にヌーヴェルヴァーグの寵児となった女優ジーン・セバーグを描くサスペンス。政治活動をめぐってFBIの監視対象となり執拗な盗聴とプライバシーの暴露によって心を病んでいくセバーグをクリスティン・スチュワートが熱演。単なるファッションアイコンではないセバーグを再認識する1本です。
サスペンス/ミステリー

映画『サバービコン 仮面を被った街』(2017年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『サバービコン 仮面を被った街』は、1950年代の架空のニュータウンを舞台に人種差別と保険金殺人の顛末を描くクライムコメディ。ジョージ・クルーニー監督にコーエン兄弟脚本、マット・デイモンとジュリアン・ムーアでおもしろくないはずがない、はずがー。
2022.05.21
サスペンス/ミステリー

映画『ナイロビの蜂』(2005年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ナイロビの蜂』は、ナイロビ駐在の外交官が妻の不審死から新薬の臨床実験の真相に迫るサスペンス映画です。原作はスパイ作家のジョン・ル・カレ。「愛」によって世界は変えられるのか。アフリカを舞台とした異色の仕上がりも見どころの1本です。
サスペンス/ミステリー

映画『ヒヤシンスの血』(2021年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ヒヤシンスの血』は、共産政権下のポーランドを舞台に、ゲイコミュニティをめぐる事件を追う警官の苦悩と事件の真相を描くサスペンス映画です。「ヒヤシンス作戦」と呼ばれた同性愛者への弾圧とはー。LGBTQへの差別が表面化している現在のポーランド。その背景の理解にもつながる映画です。
2022.05.20
サスペンス/ミステリー

映画『ヘイター』(2020年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ヘイター』は、不祥事で大学を除籍された青年が自分を評価しない人々や社会に恨みをぶつけていくサスペンス映画です。格差社会を背景にSNSやフェイクニュース、ゲームを活用しながら恨みを晴らすー、現代の闇を感じさせる1本です。
サスペンス/ミステリー

映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』(2019年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』は、人気ミステリー小説の翻訳のためにある洋館に隔離された9人の翻訳家をめぐるミステリーです。『ダ・ヴィンチ・コード』と同シリーズの小説『インフェルノ』の出版の際のエピソードをモチーフに制作。複雑に進行するストーリーとその裏に秘められた思いとはー。
サスペンス/ミステリー

映画『プリジョネイロ』(2021年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『プリジョネイロ』は、家族を養うために出稼ぎに出たものの人身売買業者の手に落ちてしまう青年を描くサスペンス映画です。どうにもならない格差の現実の中、搾取される側に残されたある選択とはー。
サスペンス/ミステリー

映画『トレイン・ミッション』(2018年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『トレイン・ミッション』は、60歳で突如リストラされた会社員が見知らぬ女性から依頼された「あること」によって大きな陰謀に巻き込まれるサスペンス映画です。ジャウム・コレット=セラ監督とリーアム・ニーソンの名タッグ。今度の舞台は走行中の列車です。
サスペンス/ミステリー

映画『ドローン・オブ・ウォー』(2014年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ドローン・オブ・ウォー』は、アメリカ政府の無人戦闘機ドローンによる対テロ作戦の実態と、従事する空軍少佐の苦悩を描いた作品です。映画『ガタカ』(1997年)のアンドリュー・ニコル監督とイーサン・ホークが再びタッグを組み現代の戦争の姿を描きます。
サスペンス/ミステリー

映画『ザ・レポート』(2019年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ザ・レポート』は、9.11後、容疑者に対するCIAの尋問の実態を描くサスペンス映画です。拷問まがいの尋問の有効性を主張する科学者と事実を隠ぺいするCIA。上院調査員ダニエル・J・ジョーンズの実話をもとにしたAmazonオリジナル作品です。
タイトルとURLをコピーしました