サスペンス/ミステリー

サスペンス/ミステリー

映画『ギリシャに消えた嘘』(2014年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ギリシャに消えた嘘』は、1960年代のギリシャを舞台に投資家夫婦とガイドをかって出た青年の三角関係を描くサスペンスストーリー。原作はパトリシア・ハイスミスの「殺意の迷宮」 このヴィゴ・モーテンセンは必見です。
サスペンス/ミステリー

映画『オペレーション・フィナーレ』(2018年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『オペレーション・フィナーレ』は、アルゼンチンに潜伏するホロコーストの首謀者アイヒマンと、これを追うイスラエル、モサドを描くサスペンス映画です。一筋縄ではいかないアイヒマンとの駆け引きは、ラストまで緊張感たっぷりの1本です。
サスペンス/ミステリー

映画『テイラー・オブ・パナマ』(2001年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『テイラー・オブ・パナマ』は、パナマに左遷されたMI-6の諜報員と、情報源とされた仕立て屋が思わぬ国際紛争の危機を招くサスペンス。原作小説はジョン・ル・カレの『パナマの仕立て屋』 仕立て屋にジェフリー・ラッシュ、諜報員にピアース・ブロスナン。007とは一味違う地味さが見どころのスパイ映画です。
サスペンス/ミステリー

映画『女神の見えざる手』(2016年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『女神の見えざる手』は、銃規制強化法案をめぐり、巧妙な仕掛けで政府を動かしていく敏腕ロビイスト・エリザベスを描いた社会派ドラマです。二転三転する展開。そしてラストは思わず息を呑む最大の仕掛けが。主演ジェシカ・チャスティンのクールなカッコ良さも必見の映画です。
サスペンス/ミステリー

映画『誰でもない女』(2012年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『誰でもない女』は、第二次世界大戦時、ドイツ占領下のノルウェーでドイツ兵との間に生まれた一人の女性の数奇な運命を描くサスペンス映画です。ナチスドイツによる人口増加計画「レーベンスボルン」によって終戦後も苦悩し続ける女性とその家族。戦争が残した傷はあまりにも深くー。
サスペンス/ミステリー

映画『女は二度決断する』(2017年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『女は二度決断する』は、ネオナチによる爆弾テロで家族を失い絶望する女性の、ある決断を描くサスペンスです。 これ以上ない悲しみと絶望に堕ちていく主人公をダイアン・クルーガーが熱演し、パルム・ドール(カンヌ映画祭)ほかを受賞した映画です。
サスペンス/ミステリー

映画『ミュンヘン』(2005年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ミュンヘン』は、1972年に起きた「ミュンヘン五輪虐殺事件」に対するイスラエル側の極秘の報復計画を描いた作品です。 監督はスティーブン・スピルバーグ。テロの背景にある国家や民族の複雑な問題と、その中で苦悩し自分を見失っていく主人公。娯楽的要素は皆無の社会派ドラマです。
サスペンス/ミステリー

映画『ナイン・シガレッツ』(2003年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ナイン・シガレッツ』は、隣人をストーカーしているハッカーが引き起こす巻き込み系のクライムコメディサスペンスです。 タイトルが示すように、タバコにまつわる登場人物たちが次々と不測の事態に陥ります。見どころは、当時24歳のディエゴ・ルナ、だけではないクセありの1本です。
サスペンス/ミステリー

映画『ダウト ~あるカトリック学校で~』(2008年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画タイトル:ダウト ~あるカトリック学校で~ 原題:Doubt 製作年:2008年 アメリカ 監督:ジョン・パトリック・シャンリー 映画『ダウト ~あるカトリック学校で~』は、 厳格なカトリック学校...
サスペンス/ミステリー

映画『記者たち 衝撃と畏怖の真実』(2017年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『記者たち 衝撃と畏怖の真実』は、2003年3月、イラクの大量破壊兵器の存在を理由に開戦に踏み切ったアメリカを、唯一批判した新聞記者たちを描く実録風サスペンス映画です。
タイトルとURLをコピーしました