レビューと感想

ヒューマンドラマ

映画『遠い夜明け』(1987年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『遠い夜明け』は、アパルトヘイト下の南アフリカ共和国で、黒人運動家のスティーブ・ビコと親交のあったリベラル派の白人新聞編集長ドナルド・ウッズの生きざまを描いた映画です。ウッズの著書をもとに製作されたこの映画の公開当時の南アフリカ共和国は、まだ、アパルトヘイト政策が続いていました。
コメディ

映画『モネ・ゲーム』(2012年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『モネ・ゲーム』は、モネの名画で贋作詐欺を企てる美術鑑定士と、その相棒となるテキサスの天然カウガール、そしてカモになる億万長者が織りなすコメディ映画。1966年のアメリカ映画『泥棒貴族』をリメイクした作品で、コーエン兄弟脚本の映画です。
ヒューマンドラマ

映画『マンハッタン』(1979年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『マンハッタン』は、NYマンハッタンを舞台にした大人の恋愛物語です。 スタイリッシュな映像、ガーシュウィンの音楽、スノップな会話―。これぞ、都会派ウディ・アレンの神髄と言える映画です。
ヒューマンドラマ

映画『ボーイズ・ドント・クライ』(1999年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ボーイズ・ドント・クライ』は、LBGTに対する社会的偏見と差別、それによって自己を深く傷つけられても「自分」を懸命に生きようとした青年の話です。主演のヒラリー・スワンクは、この作品でアカデミー賞主演女優賞を受賞しています。
サスペンス/ミステリー

映画『ファーゴ』(1996年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ファーゴ』は、カーディーラーの男が、借金返済のために自分の妻を誘拐し、義父から身代金をだまし取ろうと計画。ここから連鎖的に起こる惨劇を描いた映画です。コーエン兄弟代表作のひとつでアカデミー賞脚本賞と主演女優賞(フランシス・マクドーマンド)を受賞しています。
恋愛ドラマ

映画『カイロの紫のバラ』(1985年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『カイロの紫のバラ』は、1930年代、大恐慌時代のニュージャージー州が舞台。映画館に通いつめるウエイトレスの女性と、映画『カイロの紫のバラ』から飛び出してきた役者とのラブロマンスです。ウディ・アレン監督作品で、当時の恋人ミア・ファロー主演の大人切ない映画です。
コメディ

映画『ディボース・ショウ』(2003年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ディボース・ショウ』は、離婚訴訟をめぐって敏腕弁護士の男と、慰謝料を奪い取ろうとする女。 その駆け引きをブラック・ユーモア満載で描くコーエン兄弟監督のコメディ映画です。
サスペンス/ミステリー

映画『あるスキャンダルの覚え書き』(2006年)のザックリとしたあらすじと見どころ 

映画『あるスキャンダルの覚え書き』は、ロンドン郊外の労働者階級の中学校に赴任してきた美術教師シーバと、お局教師バーバラの危険な関係を描いた心理サスペンス映画。アメリカで実際に起こった事件をもとにした小説を映画化したものです。
恋愛ドラマ

映画『恋するリベラーチェ』(2013年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『恋するリベラーチェ』は、ド派手な衣装とステージパフォーマンスで人気を誇ったエンターテイナー、リベラーチェと、彼に見初められた若者スコットとの同性間の愛憎を描いた映画です。どんな題材でもスタイリッシュに仕上げてしまうスティーブン・ソダーバーグ監督が、テレビ映画として製作した作品です。
ヒューマンドラマ

映画『シャイン』(1996年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『シャイン』は、実在の天才ピアニスト、デイヴィッド・ヘルフゴットの半生を描いた映画です。 厳格な父親にピアノの才能を見出されたデイヴィッドが、父との対立や精神疾患と戦いながらピアニストとして再起していく姿を描いた作品です。
タイトルとURLをコピーしました