恋愛ドラマ

スポンサーリンク
恋愛ドラマ

映画『ブルージェイ』(2016年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ブルージェイ』(2016年)は、地元で再会した高校時代のカップル、ジムとアマンダの一夜を描いた物語です。思い出が詰まったジムの実家で2人は楽しく過ごそうとするがー。全編モノクロで描かれる大人のラブストーリーです。
恋愛ドラマ

映画『間奏曲はパリで』(2013年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『間奏曲はパリで』は、夫とともに農場で牛を育てている主婦ブリジットが、ふとしたきっかけで夫に内緒でパリへ小旅行をする話です。旅のきっかけとなる若いパリジャンや旅先で知り合うデンマーク人紳士とのひと時を楽しむブリジットですが、妻の行動を不可解に思った夫もパリを訪れー。
恋愛ドラマ

映画『サイドウェイ』(2004年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『サイドウェイ』は、バツイチの小説家志望の中年男が、結婚を控えた親友とともにワイナリー巡りをするロードムービーです。ダメ男を再生させるのは、カリフォルニアの美しい風景と魅力的な女性とのふれあい、そして極上のワイン。 地味ながら、アカデミー賞の作品賞ほか5部門にノミネート(脚色賞を受賞)された佳作です。
恋愛ドラマ

映画『アニー・ホール』(1977年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『アニー・ホール』は、NYを舞台に男女の恋と別れを描いたラブストーリーです。 ウディ・アレンの初期の名作で、シニカルなストーリーや凝りに凝った演出と撮影技法、アニーのファッションなど、さまざまな見どころのある傑作です。
2020.07.30
恋愛ドラマ

映画『マリリン7日間の恋』(2012年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『マリリン7日間の恋』は、マリリン・モンローが映画『王子と踊子』に出演のために滞在したロンドンでの出来事を、同映画の助監督を務めたコリン・クラークの回想録を元にしたラブロマンス映画です。 マリリンを演じたミシェル・ウィリアムズは、この作品でアカデミー賞主演女優賞にノミネート。ゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞しています。
2020.07.28
恋愛ドラマ

映画『50歳の恋愛白書』(2009年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『50歳の恋愛白書』は、何不自由のない暮らしを送る「理想の妻」ピッパの現在と過去の物語です。満たされない心を埋めるのは恋なのかー。劇作家アーサー・ミラーの娘にして、名優ダニエル・デイ=ルイスの妻であるレベッカ・ミラーが原作・脚本・監督を務める大人の女のラブストーリーです。
2020.07.28
恋愛ドラマ

映画『セリーナ 炎の女』(2014年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『セリーナ 炎の女』は、20世紀初頭のアメリカ南東部を舞台に繰り広げられる夫婦の愛想劇です。 共演の多いブラッドリー・クーパーとジェニファー・ローレンス。(『世界にひとつのプレイブック』『アメリカン・ハッスル』『JOY』)本作ではドロドロに揉めております。
2020.09.05
恋愛ドラマ

映画『恋愛小説家』(1997年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『恋愛小説家』は、独身で偏屈で毒舌家で潔癖症の中年作家が、カフェで働くシングルマザーに恋をするラブストーリー。 主演のジャック・ニコルソンと相手役のヘレン・ハントが、アカデミー賞の主演男女優賞をW受賞した作品です。
2020.09.06
恋愛ドラマ

映画『恋におちたシェイクスピア』(1998年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『恋におちたシェイクスピア』は、エリザベス1世統治下のロンドンを舞台に、劇作家シェイクスピアと豪族の令嬢ヴァイオラの恋を描いたラブストーリーです。「ロミオとジュリエット」になぞらえた身分違いのふたりの恋、圧巻の衣装、そしてグウィネス・パルトロウの美しさがたっぷり堪能できる映画です。
2020.09.06
恋愛ドラマ

映画『カフェ・ソサエティ』(2016年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『カフェ・ソサエティ』は、1930年代のハリウッドを舞台に、二人の女性と一人の男の恋愛を通して「人生の選択」を描いた物語です。ウディ・アレン監督らしいシニカルなユーモアあふれるストーリーと、2人の女優(クリスティン・スチュアート/ブレイク・ライブリー)の輝きがたまらない映画です。
2020.09.16
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました