恋愛ドラマ

恋愛ドラマ

映画『エデンより彼方に』(2002年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『エデンより彼方に』は、1950年代のアメリカ、コネチカット州を舞台に差別や偏見が当たり前の社会の中、本質的な愛を得ようとする”理想の主婦”を描くドラマ映画。50年代のメロドラマを再現する衣装、撮影、編集、音楽のなか、現代的な問いを突き付ける1本です。
恋愛ドラマ

映画『女と男の観覧車』(2017年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『女と男の観覧車』は、子連れ再婚した女性の恋と葛藤を描くウディ・アレン監督の大人のラブ・ストーリー。1950年代のコニーアイランドの幻想的な美しさを背景に、こんなにキツイ話をー。ウディ・アレンってやっぱり最高よね、と思わせる会心の1本です。
恋愛ドラマ

映画『ダンシング・ハバナ』(2004年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ダンシング・ハバナ』は、革命前夜のキューバを舞台にアメリカ人女子高生とキューバ人青年がダンスを通じて恋に落ちるお話。 細くてクネクネしたディエゴ・ルナと固いロモーラ・ガライ。2人の若者がラテンミュージックをバックに踊りまくる映画です。
恋愛ドラマ

映画『エンジェル』(2007年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『エンジェル』は、本も読まず知識も教養もなく、妄想癖と独自の文才(?)を武器に通俗小説家として成り上がったエンジェルの波乱の生涯を描くストーリーです。 有名女優と同姓同名の作家による小説を、フランソワ・オゾンがマイルド仕立てに映画化。
恋愛ドラマ

映画『つぐない』(2007年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『つぐない』1930年代のイギリスを舞台にした上流階級の娘セシーリアと使用人の息子ロビーとの身分違いの恋を描く恋愛ドラマです。セシーリアの妹ブライオニーの誤解と嫉妬により2人の恋はー。原作はイアン・マキューアンの『贖罪』。当時13歳のシアーシャ・ローナンの名演に釘付けとなる映画です。
恋愛ドラマ

映画『わたしはロランス』(2012年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『わたしはロランス』は、女性になりたい男性とその恋人の10年にわたるラブストーリーです。周囲の偏見に晒されるロランスを理解し、ともに生きようとするフレッド。しかしー。当時23歳のグザヴィエ・ドランが描く繊細な人間模様と芸術的映像美は息を呑むばかり。長尺(2時間48分)を感じさせない圧巻の1本です。
恋愛ドラマ

映画『フランシス・ハ』(2012年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『フランシス・ハ』(2012年)のザックリとしたあらすじと見どころニューヨークに暮らすフランシスが夢や仕事、恋愛、友情などの問題に直面しながら、自分の人生を見つめ直していく物語です。トリュフォーの映画を彷彿させるモノクロで、現代に生きるリアルな女性を描いた作品です。
恋愛ドラマ

映画『ウィークエンドはパリで』(2013年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ウィークエンドはパリで』は、結婚30周年でパリ旅行をする熟年夫婦を描くヒューマンドラマです。 悲観的な夫に対し、今にもどこかに飛んでいきそうな自由な妻。2人の危うい関係はー。この結末の妙は大人にしかわからない!? ゴダールの『はなればなれに』へのオマージュをこめたダンスシーンも印象的な大人の映画です。
恋愛ドラマ

映画『ザ・フューチャー』(2011年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ザ・フューチャー』は、ケガをした猫の最期を看取ると決めた30代後半の同性カップルのストーリーです。生活の変化に備え「やりたいことをやっておこう」と思う2人ですがー。マルチアーチスト、ミランダ・ジュライによる独得の世界観を作りながら、これは「私」でもあると思えてくる愛すべき1本です。
恋愛ドラマ

映画『華麗なるギャツビー』(2013年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『華麗なるギャツビー』は、1920年代のニューヨークを舞台に、謎の富豪ジェイ・ギャツビーの恋と生涯を描いた映画です。 1974年にロバート・レッドフォード主演で映画化されたフィッツジェラルドの小説『グレート・ギャツビー』 時代を超えたバズ・ラーマン監督の豪華絢爛な脚色は、好みも評価もわかれるところでしょう。
タイトルとURLをコピーしました