ヒューマンドラマ

ヒューマンドラマ

映画『ボトル・ドリーム カリフォルニアワインの奇跡』(2008年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ボトル・ドリーム カリフォルニアワインの奇跡』は、のちに”パリスの審判”と呼ばれる1976年のワインのブラインドテイスティングと、そこに至るまでのカリフォルニア、ナパのワイン醸造家の物語です。ワイン好きは必見の1本です。
ヒューマンドラマ

映画『不都合な自由』(2017年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『不都合な自由』は、無実の罪で20年服役した男性と、早期出所に尽力し彼を支え続けた女性教師のヒューマンドラマです。主演はデュプラス兄弟の兄ジェイ・デュプラス。自身が手掛ける映画同様、弱い立場に置かれた人の内側を温かくえぐり出してみせる1本です。
2021.08.25
ヒューマンドラマ

映画『希望の灯り』(2018年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『希望の灯り』は、旧東ドイツのスーパーマーケットを舞台に、そこで働く人々の姿を描くヒューマンドラマです。原作はクレメンス・マイヤーの短編小説『通路にて』 ベルリンの壁崩壊後のドイツ。人々が手にしたはずの自由と、自由がもたらす虚無、そして希望の灯りとは。
ヒューマンドラマ

映画『夏をゆく人々』(2014年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『夏をゆく人々』は、イタリア、トスカーナを舞台に昔ながらの養蜂を営む一家のひと夏を描いた映画です。現代社会から隔絶された一家の暮らしに訪れる変化を、4姉妹の長女ジェルソミーナの視点で描きます。監督は『幸福なラザロ』のアリーチェ・ロルヴァケル。ちょっとノスタルジックでどこまでも美しい作品です。
ヒューマンドラマ

映画『ストックホルム・ペンシルベニア』(2015年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ストックホルム・ペンシルベニア』は、4歳で誘拐され誘拐犯によって育てられた少女と、22歳になって戻ってきた娘を育て直す母の葛藤を描いたヒューマンドラマです。ストックホルム症候群の複雑な心理と家族の再生、ひとりの人間の成長を描いたシビアなストーリーです。
ヒューマンドラマ

映画『人生はビギナーズ』(2010年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『人生はビギナーズ』は、年老いた父から「自分はゲイである」とカミングアウトされた息子が、期せずして自分の人生を見つめ直していく姿を描くヒューマンドラマです。父ハルの飄々と余生を生きる姿に対し、ナイーブな息子オリヴァー。『サムサッカー』のマイク・ミルズ監督が自身の体験を基に描く心温まるストーリーです。
ヒューマンドラマ

映画『アリスのままで』(2014年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『アリスのままで』は、若年性アルツハイマー症を患った言語学者とその家族の物語です。 少しずつ自分を失っていく主人公アリスを見事の演じたジュリアン・ムーアは、アカデミー賞主演女優賞ほか、この年の主要映画賞を総なめにしました。
ヒューマンドラマ

映画『こわれゆく女』(1975年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『こわれゆく女』は、心を病んでいく妻とその夫の愛ゆえの苦悩を描いたヒューマンドラマです。家族という閉じた世界の中でこわれくゆ妻と、夫の不器用な愛。ジョン・カサヴェテス監督と妻ジーナ・ローランズの狂気の演技で描く家族の愛とはー。
ヒューマンドラマ

映画『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』(2018年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』は、株取引で優位に立つために、高速の光ファイバーを1600㎞に渡って敷設しようとする実話に基づくストーリーです。奇想天外なプロジェクトを起こす主人公をジェシー・アイゼンバーグ。『ソーシャル・ネットワーク』を彷彿させる早口だけではない人間ドラマに仕上がっています。
ヒューマンドラマ

映画『日々と雲行き』(2007年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『日々と雲行き』は、突然職を奪われた会社経営者の夫と、フレスコ画の学位取得に励む妻の危機を描く人間ドラマです。 裕福な暮らしから一気に転落する2人。関係の修復はー。
タイトルとURLをコピーしました