ヒューマンドラマ

ヒューマンドラマ

映画『グッド・ヴァイブレーションズ』(2019年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『グッド・ヴァイブレーションズ』は、アイルランド、ベルファストを舞台にパンクロックに生きる意味を見出すレコード店主テリー・フーリーを描く実話に基づいた映画です。背後にあるアイルランド紛争をおさえておけばなお楽しめる。音楽の力を信じたくなる1本!
ヒューマンドラマ

映画『FRANK -フランク-』(2014年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『FRANK -フランク-』は、ミュージシャン志望の青年とバンドメンバーとの交流を描くヒューマンドラマです。バンドのフロントマンは常に巨大な被り物をかぶるフランク。フランクはなぜ被り物をかぶり続けているのか。実在の”フランク”一時期活動を共にしたジョン・ロンソンの回想録を基にした映画です。
ヒューマンドラマ

映画『ベルリン・天使の詩』(1987年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ベルリン・天使の詩』は、永遠の命を放棄し人間として生きることを決意する守護天使ダミエルのストーリー。冷戦時代最後のベルリンの姿をドイツを代表する監督ヴィム・ヴェンダースが映し出す名作です。
ヒューマンドラマ

映画『スタンドアップ』(2005年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『スタンドアップ』は、ミネソタの鉱山労働を舞台に全米初のセクハラ訴訟に勝利した実話に基づく映画です。 女性に対する卑劣な迫害を閉鎖的な社会背景と主人公と父、息子との関係を織り交ぜながら描いています。これは彼女だけの問題ではない。
ヒューマンドラマ

映画『ブリキの太鼓』(1979年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ブリキの太鼓』は、ナチス政権下のポーランドを舞台に3歳で成長を止めた少年オスカルとその家族の物語です。寓話性と奇抜さとグロのなか、成長を止めたオスカルに投影されるものとはー。ギュンター・グラスの同名小説をニュー・ジャーマン・シネマの代表フォルカー・シュレンドルク監督が描く問題作です。
ヒューマンドラマ

映画『ワイルド・ローズ』(2018年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ワイルド・ローズ』は、カントリーシンガーを夢みるシングルマザーの葛藤を描くヒューマンドラマです。主人公ローズを演じるジェシー・バックリーの歌声とステージパフォーマンスに魅了される1本です。
ヒューマンドラマ

映画『ロスト・ドーター』(2021年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ロスト・ドーター』は、海辺の町をバカンスで訪れた大学教授レダが、ある若い母娘との出会いを通じて自身の過去を見つめ直すストーリーです。「母性」を崇めたり美化したりすることなく、徹底して不確かなものとして描く力作。マギー・ギレンホールの初監督作品。
2022.03.23
ヒューマンドラマ

映画『ジュディ 虹の彼方に』(2019年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ジュディ 虹の彼方に』は、ジュディ・ガーランドを描く伝記映画です。ショービズ界に蝕まれるように逝ったジュディ。そんな不幸を描きつつもこの映画にあふれるのはジュディへの愛。ラスト、あの曲で号泣必至の1本です
ヒューマンドラマ

映画『サーミの血』(2016年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『サーミの血』は、北欧スウェーデンの少数民族サーミ人。差別や偏見に抗っていきツる少女と晩年のワンシーンを描いた映画です。少数民族に対する無意識による差別に気づかされる1本です。
ヒューマンドラマ

映画『クレイジー・ハート』(2009年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『クレイジー・ハート』は、アル中の落ちぶれカントリーミュージシャンの再生を描くヒューマンドラマです。シンプルなストーリーにジェフ・ブリッジスのヨレヨレ具合と哀愁漂う歌声がベストマッチの1本。アカデミー賞主演男優賞ほか受賞作品です。
タイトルとURLをコピーしました