ホラー/スリラー

ホラー/スリラー

映画『もう終わりにしよう』(2020年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『もう終わりにしよう』は、関係を終わらせようと考えながら恋人に連れられて実家を訪れた女性。その身に起こる不思議な出来事。『マルコヴィッチの穴』のチャーリー・カウフマンが監督・脚本を手掛ける過去と現在、主体と客体が混在する異色スリラーです。
ホラー/スリラー

映画『ガール・オン・ザ・トレイン』(2016年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ガール・オン・ザ・トレイン』は、アル中ですべてを失った女性レイチェルがある行方不明事件に関与。が、記憶が定かでなくー、というスリラー映画です。レイチェルの証言は事実か、妄想かー。主人公演じるエミリー・ブラントの病みっぷりが見どころの1本です。
ホラー/スリラー

映画『ブラック・シー』(2014年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ブラック・シー』は、黒海に沈むUボートから金塊を引き上げ一攫千金を目論むがー。金か命かをめぐるサバイバル。最初から上手くいきそうにないメンツが予想以上の泥試合を展開。ラストもそのあとどうすんのか、というハラハラし通しの1本です。
ホラー/スリラー

映画『バイバイマン』(2017年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『バイバイマン』は、その名を知っているだけで殺されるという謎の存在「バイバイマン」をめぐるホラー映画です。 スプラッターな表現は控えめな王道のB級映画。その中に往年の名女優フェイ・ダナウェイの名がー。
ホラー/スリラー

映画『ブラインドネス』(2008年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ブラインドネス』は、謎の伝染病によって視力が失われやがて無秩序化する世界を描くスリラー映画です。原作はジョゼ・サラマーゴ著『白の闇』 原作同様、多人種の名前のない人々が見せる人間の本質とはー。
ホラー/スリラー

映画『ミッドサマー』(2019年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ミッドサマー』は、精神に不調を抱える女子大学生に身に起こる悪夢を描くホラー映画です。北欧のカルト宗教を舞台に描かれる世界はまさに異色。デビュー作『ヘレディタリー/継承』(2018年)が最恐と言われたアリ・アスターの2作目となる監督作品です。
ホラー/スリラー

映画『クローズド・バル 街角の狙撃手と8人の標的』(2017年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『クローズド・バル 街角の狙撃手と8人の標的』は、マドリードのとあるバルを舞台に極限状態の中あらわになる人間の本性を描いたスリラー映画です。狙撃事件の背景には感染症がー。スペイン映画らしい濃いキャラ。ホラー、グロ、なんでもアリのように見えて一貫した緊張感のある奇作です。
ホラー/スリラー

映画『ハングリー・ハーツ』(2014年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ハングリー・ハーツ』は、運命的な出会いから結婚し男児を授かった夫婦の愛と崩壊を描くストーリーです。 主演はアダム・ドライバーとアルバ・ロルヴァケル。ロルヴァケル演じる壊れていく妻は『ローズマリーの赤ちゃん』(1968年)や『こわれゆく女』(1974年)に匹敵!? 必見の1本です。
2022.04.26
ホラー/スリラー

映画『ウーマン・イン・ザ・ウインドウ』(2021年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ウーマン・イン・ザ・ウインドウ』は、広場恐怖症のカウンセラーの女性が、近所の家を覗き見したことをきっかけに、不可解な事件に巻き込まれるホラーミステリーです。『ウインストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』『つぐない』などのジョー・ライト監督が、曲者揃いのキャストで描く現代版『裏窓』です。
2022.01.26
ホラー/スリラー

映画『サマー・オブ・84』(2018年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『サマー・オブ・84』は、1984年のオレゴンを舞台に、連続殺人事件の謎に迫る15歳の少年らのひと夏の体験を描く青春ホラー映画です。80年代の青春映画やホラー映画へのオマージュを感じる1本です。
2021.09.29
タイトルとURLをコピーしました