歴史ドラマ

歴史ドラマ

映画『未来を花束にして』(2015年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『未来を花束にして』は、1910年代のイギリスを舞台に参政権を求めた女性たちを描くヒューマンドラマです。 原題にもなっている「サフラジェット」と呼ばれた女性たちの活動は過激なものですが、そうならざるを得なかった背景こそ必見の映画です。
歴史ドラマ

映画『活きる』(1994年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『活きる』は、1940年代~60年代の大きく揺れる中国社会を、一つの家族をとおして描いた大作映画です。原作は余華が1993年に発表した同名小説。監督はチャン・イーモウ。国の体制に翻弄される人間の弱さと、それでも生き抜こうとする強さを実感する1本です。
2021.09.18
歴史ドラマ

映画『マチルダ 禁断の恋』(2017年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『マチルダ 禁断の恋』は、滅びゆく帝政ロシアを舞台に、最後の皇帝ニコライ2世と美しきバレリーナ、マチルダの恋を描いたストーリーですロシアでは神格化されているニコライ2世の実話に基づくスキャンダルを描いた本作。すべてはマチルダをどう思うか、にかかった映画です。
歴史ドラマ

映画『それでも夜は明ける』(2013年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『それでも夜は明ける』は、奴隷として売られた自由黒人ソロモン・ノーサップが、解放されたのちに綴った伝記『Twelve Years a Slave』を映画化したものです。本作は、第86回アカデミー賞の作品賞をはじめ、多くの映画賞を受賞しています。
2021.09.29
歴史ドラマ

映画『女王陛下のお気に入り』(2018年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『女王陛下のお気に入り』は、18世紀初頭のイングランドを舞台に、アン女王と2人の側近女性の愛憎をコミカルに描いた宮廷ドラマです。女王を演じたオリビア・コールマンのオスカー受賞のほか、各映画賞で受賞・ノミネートを受けた主演の3女優の名競演が見ものの1本です。
2021.07.26
歴史ドラマ

映画『ドクトル・ジバゴ』(1965年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ドクトル・ジバゴ』は、ロシア革命期のロシアを舞台に、医師で詩人のジバゴと最愛の女性ラーラの運命的な恋愛を描いた壮大なラブストーリーです。原作はロシアの文豪ボリス・パステルナークの同名小説。「これぞ映画!」と言わしめる名作です。
2021.09.28
歴史ドラマ

映画『サンストローク 十月革命の記憶』(2014年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『サンストローク 十月革命の記憶』は、十月革命後のロシアを舞台に、白軍の将校の刹那な恋とロマノフ朝の末期の世界を描いた映画です。原作はイワン・ブーニンの短編小説『日射病』。監督はロシアの名匠、ニキータ・ミハルコフ。ロシア革命期の歴史をふまえて、悲愴美あふれる世界を味わいたい1本です。
2021.09.28
歴史ドラマ

映画『レッズ』(1981年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『レッズ』は、1917年のロシア革命とその革命を記録した実在のアメリカ人ジャーナリスト、ジョン・リードの半生を描いた映画です。ウォーレン・ベイティが製作・監督・脚本・主演の4役を務め、巨額を投じ2年以上かけて撮影した渾身の作品。アカデミー賞では最優秀監督賞を受賞しています。
2021.09.28
歴史ドラマ

映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』(2018年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』は、0歳でスコットランド女王になったメアリー・スチュアートと、イングランド女王エリザベス1世との交錯する運命を描いた歴史映画です。男社会にうごめく陰謀と女の嫉妬ー。2人の最旬女優の競演が見どころの1本です。
2021.08.10
歴史ドラマ

映画『マリー・アントワネットの首飾り』(2001年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『マリー・アントワネットの首飾り』は、フランス革命前夜に起きた王妃マリーに・アントワネットを巻き込む詐欺事件を描いた映画です。詐欺の首謀者はジャンヌ・ド・ラ・モット伯爵夫人。彼女を犯行に向かわせたのは嫉妬か、恨みかー。ヒラリー・スワンクが貴婦人かー。
2021.09.22
タイトルとURLをコピーしました