コメディ

コメディ

映画『チア・アップ!』(2020年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『チア・アップ!』は、シニア女性たちがチアリーディングに挑むコメディ映画です。年齢に対する周囲の蔑みに屈することなく毒舌を吐く一方、病や死の影に怯えるリアルさも。ダイアン・キートンほかキャストの笑顔が最高の1本です。
コメディ

映画『過去のない男』(2002年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『過去のない男』は、暴漢に襲われ記憶喪失になった男を描くコメディドラマです。作風は変わらず時代も世界線も超えて温かい。円熟味すら漂わせておいて"初恋"と語らせるあたりもニクイ。そして犬ハンニバルが最高にカワイイ、アキ・カウリスマキ監督作品です。
コメディ

映画『幸せは、ここにある』(2022年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『幸せは、ここにある』は、妻を亡くした初老のコメディ作家と奇遇な縁で知り合う路上シンガーとの友情を描くハートウォームなヒューマンコメディです。『恋人たちの予感』(1989年)ほかラブコメ界の巨匠ビリー・クリスタル監督、脚本、主演作品です。
コメディ

映画『散歩する惑星』(2000年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『散歩する惑星』は、不詳の世界で展開する白塗りの人々の群像劇です。カンヌ国際広告祭で8度の受賞を果たしたCM界の巨匠ロイ・アンダーソン監督による長編映画。さまざまな不条理をシュールにシニカルに「現実世界もこうかも……」と思わせる1本です。
コメディ

映画『愛しのタチアナ』(1994年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『愛しのタチアナ』は、コーヒー中毒の仕立て屋とロックンローラー気取りの自動車の修理工が、エストニアに向かう女性二人連れと出会いー、というロードムービーです。修理工を演じるマッティ・ペロンパー。これが遺作です。
コメディ

映画『コンタクト・キラー』(1990年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『コンタクト・キラー』は、人生に絶望し自殺を試みるが失敗してしまった男が、プロの殺し屋”コンタクト・キラー”に自分の殺害を依頼するというサスペンスコメディです。殺し屋と契約したあとで運命の女性と知り合ってしまいー。カウリスマキ監督の”間”にジャン=ピエール・レオの存在感が映える1本です。
コメディ

映画『レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ』(1989年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ』は、奇抜なスタイルのバンド「レニングラード・カウボーイズ」の珍道中を描くロードムービーです。ロシアからアメリカ、メキシコに渡る本作とヨーロッパ経由で帰還する続編も。延々と続くシュールなボケと共産主義ほか全方位への風刺が効いたカウリスマキ監督のコメディです。
コメディ

映画『ラン・ローラ・ラン』(1998年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ラン・ローラ・ラン』は、恋人の窮地を救うためにベルリンの街を奔走するローラのストーリー。タイムリミットは20分。わずかなタイムラグが2人だけでなく周囲の運命を変えていくー。 タイムループとアニメーション、そしてジャーマンテクノによる疾走感が見どころのエンタメカルトムービーです。
コメディ

映画『選挙の勝ち方教えます』(2015年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『選挙の勝ち方教えます』は、2002年ボリビアの大統領選に挑むアメリカ人コンサルの奮闘を描くコメディです。 といっても、邦題からイメージするようなコメディ感は薄め。勝つために"危機"を売り込むという戦略がやたら現実感があってー、という映画です。
コメディ

映画『父さんはオジロジカ・ハンター』(2018年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『父さんはオジロジカ・ハンター』は、ハンティングの動画で人気を博す父と離婚後離れて暮らす12歳を描くヒューマンコメディ。息子との絆を深めようと一緒にハンティングに出かけるがまったく関心のない息子にー。父と息子の絆という古典的なテーマにほどよく現代的な視点を加えた1本です。
タイトルとURLをコピーしました