アクション

アクション

映画『デス・プルーフ in グラインドハウス』(2007年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『デス・プルーフ in グラインドハウス』は、テキサス州を舞台に殺人鬼と狙われる美女たちの抗争を描くサスペンス・スリラー。他愛もない会話とド派手なカーアクション、グランドインハウスの雰囲気を再現したB級映画的編集など、タランティーノ監督の映画偏愛が満載の映画です。
アクション

映画『ロード・オブ・ウォー』(2005年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ロード・オブ・ウォー』は、世界を股にかけた武器商人と紛争の裏側をシニカルに描くアクション映画です。複数のモデルはいるとされるがあくまでもフィクション。テンポも良く見せ場も多い1本です。
アクション

映画『スペシャル・フォース』(2011年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『スペシャル・フォース』は、アフガニスタンで武装組織に誘拐されたフランス人ジャーナリストの救出劇を描くアクション映画です。少数精鋭の部隊によりアジトからの奪還に成功するものの、さらなる困難がー。
アクション

映画『デッドマン・ダウン』(2013年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『デッドマン・ダウン』は、妻子を殺された男の復讐を描くサスペンスアクション映画です。組織に潜入し殺し屋となった男ヴィクターをコリン・ファレル。そのヴィクターに自身の復讐を依頼する女性ベアトリスの母にイザベル・ユペール。こんなドンパチ系になぜユペールさんが!?という映画です。
アクション

映画『ジョン・ウィック:パラベラム』(2019年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ジョン・ウィック:パラベラム』は、前作で追われる身となったジョンと、ジョンを狙う暗殺者との新たな戦いを描きます。 舞台はニューヨークからモロッコ、そして再びニューヨークに。キアヌ・リーヴス、イアン・マクシェーン他おなじみのキャストにハル・ベリーらを新たに加え、なんでもアリ感が増した人気シリーズの第3作です。
アクション

映画『ブラッド・ファーザー』(2016年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ブラッド・ファーザー』は、元犯罪者の父が、音信不通となった娘を凶悪な組織から救い出すバイオレンス映画です。 主人公の父ジョンにメル・ギブソン。どこかで見たような敵の風貌、その敵をバイクの上から狙う姿。往年の『マッド・マックス』を彷彿させる1本です。
アクション

映画『グレートウォール』(2016年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『グレートウォール』は、中国を舞台に欧州の傭兵が謎の怪物、饕餮(とうてつ)と戦う米中合作の歴史ファンタジー映画です。 史実? 時代考証? そんなものは必要なし! チャン・イーモウ監督、総製作費1億5千万ドル、マット・デイモン主演、なぜ?が止まらないトンデモ作品です。
アクション

映画『マイアミ・バイス』(2006年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『マイアミ・バイス』は、1980年代に人気を博した同名のTVシリーズをリメイクしたアクションムービー。 麻薬密輸組織に潜入するマイアミ警察の特捜課「バイス」の刑事コンビ、ソニーとリカルドの活躍を描いています。
アクション

映画『オーシャンズ8』(2018年)の ザックリとしたあらすじと見どころ

映画『オーシャンズ8』は、人気シリーズ『オーシャンズシリーズ』の女性版です。前作までと同様、豪華キャストによる犯罪チームが緻密な計画と華麗なテクニックによって、ターゲットを狙います。スティーブン・ソダーバーグは製作に回った本作、見どころは「メットガラ」の再現!?
アクション

映画『ジョン・ウィック チャプター2 』(2017年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ジョン・ウィック チャプター2 』は、前作で復讐を遂げ、再び平穏な生活に戻ろうとするジョンが、あたらな殺し合いに巻き込まれる映画です。今回の鍵は「誓印」 裏組織を抜けるときにサンティーノに対し血の誓いを立てていたジョンは、借りを返すように脅され再び殺し屋稼業に戻ります。
タイトルとURLをコピーしました