レビューと感想

映画のザックリとしたあらすじと感想です。

ジャンルごとに分かれております。

ヒューマンドラマ

映画『カモン カモン』(2021年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『カモン カモン』(2021年)は、数日間を9歳の甥とともに過ごすことになった中年独身男の奮闘を描くヒューマンドラマです。慣れない経験がもたらしたのは、自分自身にとってかけがえのない時間でありー。監督、脚本は映画『人生はビギナーズ』ほかのマイク・ミルズ。この映画が心にもたらすものをずっとずっと大切にしていきたい。そう思える1本です。
ヒューマンドラマ

映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(2011年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』は、9.11アメリカ同時多発テロ事件で父親を失ったアスペルガー症候群の少年の成長を描くヒューマンドラマです。どうやっても埋めることのできない大きな喪失と、それを引き受けて生きていくこと。重いテーマながら、そこにある「人間愛」に心を打たれる1本です。
ヒューマンドラマ

映画『コーダ あいのうた』(2021年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『コーダ あいのうた』は、聴覚障害者の家族を持つ10代の少女と家族のストーリーです。フランス映画『エール!』(2014年)のリメイク版で、第94回アカデミー賞の作品賞ほか3部門を受賞した話題作です。
サスペンス/ミステリー

映画『私は世界一幸運よ』(2022年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『私は世界一幸運よ』は、ライターとして成功をつかみ結婚を控えた主人公アニーが、自身の過去に決着をつけようとするサスペンスです。 性被害のトラウマと銃乱射事件という二重被害にも屈しない強い女性。彼女に向けられる「潜在的な偏見」に気づかされる1本です。
サスペンス/ミステリー

映画『スティルウォーター』(2021年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『スティルウォーター』は、服役中の娘の無実を晴らすためフランスに乗り込むアメリカ人父を描くサスペンスです。 異文化のなか孤独な戦いを強いられる父と手助けするフランス人母子。ヒーローではない父による娘の救済は叶うのかー。あえて事件を見えにくくし主人公らの内面に迫る展開が見どころの映画です
ヒューマンドラマ

映画『ドリームプラン』(2021年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ドリームプラン』は、テニス未経験ながら後の世界的テニスプレイヤーとなるウィリアムズ姉妹を育てた父の物語です。 実話に基づくこの映画で主人公リチャードを演じたウィル・スミスはアカデミー賞主演男優賞を受賞。授賞式での殴打事件も話題になりました。
サスペンス/ミステリー

映画『水の中のナイフ』(1962年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『水の中のナイフ』(1962年)は、裕福な中年夫婦と屈折した若者とのヨットの上で展開される三角関係を描くロマン・ポランスキー監督長編デビュー作です。何かあるな思わせるカメラワークとクシシュトフ・コメダのジャズがめちゃくちゃカッコイイ。世代や経済格差間、冷えた夫婦間での精神的マウントの取り合いが非常にスリリングな1本です。
コメディ

映画『チア・アップ!』(2020年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『チア・アップ!』は、シニア女性たちがチアリーディングに挑むコメディ映画です。年齢に対する周囲の蔑みに屈することなく毒舌を吐く一方、病や死の影に怯えるリアルさも。ダイアン・キートンほかキャストの笑顔が最高の1本です。
青春映画

映画『天国の口、終わりの楽園。』(2001年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『天国の口、終わりの楽園。』は、人妻とふたりの高校生が伝説の海岸「天国の口」を目指すロードムービーです。 いまや世界で活躍するガエル・ガルシア・ベルナルとディエゴ・ルナ。母国メキシコを舞台にしたひと夏の経験はあまりにも美しく、そして残酷でー。
コメディ

映画『過去のない男』(2002年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『過去のない男』は、暴漢に襲われ記憶喪失になった男を描くコメディドラマです。作風は変わらず時代も世界線も超えて温かい。円熟味すら漂わせておいて"初恋"と語らせるあたりもニクイ。そして犬ハンニバルが最高にカワイイ、アキ・カウリスマキ監督作品です。
タイトルとURLをコピーしました