レビューと感想

映画のザックリとしたあらすじと感想です。

ジャンルごとに分かれております。

サスペンス/ミステリー

映画『誰でもない女』(2012年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『誰でもない女』は、第二次世界大戦時、ドイツ占領下のノルウェーでドイツ兵との間に生まれた一人の女性の数奇な運命を描くサスペンス映画です。ナチスドイツによる人口増加計画「レーベンスボルン」によって終戦後も苦悩し続ける女性とその家族。戦争が残した傷はあまりにも深くー。
青春映画

映画『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』(2019年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』は、卒業を控えた女子高生のモリーとエイミーが「学生らしい思い出づくり」に奔走する青春コメディです。学園ものにありがちな設定をくつがえし、現代らしい多様性を描いています。自身も女優として活躍するオリビア・ワイルドの初監督作品です。
ヒューマンドラマ

映画『夏をゆく人々』(2014年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『夏をゆく人々』は、イタリア、トスカーナを舞台に昔ながらの養蜂を営む一家のひと夏を描いた映画です。現代社会から隔絶された一家の暮らしに訪れる変化を、4姉妹の長女ジェルソミーナの視点で描きます。監督は『幸福なラザロ』のアリーチェ・ロルヴァケル。ちょっとノスタルジックでどこまでも美しい作品です。
サスペンス/ミステリー

映画『女は二度決断する』(2017年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『女は二度決断する』は、ネオナチによる爆弾テロで家族を失い絶望する女性の、ある決断を描くサスペンスです。 これ以上ない悲しみと絶望に堕ちていく主人公をダイアン・クルーガーが熱演し、パルム・ドール(カンヌ映画祭)ほかを受賞した映画です。
ヒューマンドラマ

映画『ストックホルム・ペンシルベニア』(2015年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ストックホルム・ペンシルベニア』は、4歳で誘拐され誘拐犯によって育てられた少女と、22歳になって戻ってきた娘を育て直す母の葛藤を描いたヒューマンドラマです。ストックホルム症候群の複雑な心理と家族の再生、ひとりの人間の成長を描いたシビアなストーリーです。
サスペンス/ミステリー

映画『ミュンヘン』(2005年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ミュンヘン』は、1972年に起きた「ミュンヘン五輪虐殺事件」に対するイスラエル側の極秘の報復計画を描いた作品です。 監督はスティーブン・スピルバーグ。テロの背景にある国家や民族の複雑な問題と、その中で苦悩し自分を見失っていく主人公。娯楽的要素は皆無の社会派ドラマです。
サスペンス/ミステリー

映画『ナイン・シガレッツ』(2003年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ナイン・シガレッツ』は、隣人をストーカーしているハッカーが引き起こす巻き込み系のクライムコメディサスペンスです。 タイトルが示すように、タバコにまつわる登場人物たちが次々と不測の事態に陥ります。見どころは、当時24歳のディエゴ・ルナ、だけではないクセありの1本です。
犯罪/ギャング

映画『ザ・テキサス・レンジャーズ』(2019年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ザ・テキサス・レンジャーズ』は、1934年、アメリカ中西部で連続強盗をはたらくボニーとクライドを追うテキサス・レンジャーを描く犯罪ドラマです。難航する捜査のなか抜擢されたフランクとかつての相棒のメイニー。この2人を演じるケビン・コスナーとウディ・ハレルソンの熟年の魅力満載の映画です。
ヒューマンドラマ

映画『人生はビギナーズ』(2010年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『人生はビギナーズ』は、年老いた父から「自分はゲイである」とカミングアウトされた息子が、期せずして自分の人生を見つめ直していく姿を描くヒューマンドラマです。父ハルの飄々と余生を生きる姿に対し、ナイーブな息子オリヴァー。『サムサッカー』のマイク・ミルズ監督が自身の体験を基に描く心温まるストーリーです。
サスペンス/ミステリー

映画『ダウト ~あるカトリック学校で~』(2008年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画タイトル:ダウト ~あるカトリック学校で~ 原題:Doubt 製作年:2008年 アメリカ 監督:ジョン・パトリック・シャンリー 映画『ダウト ~あるカトリック学校で~』は、 厳格なカトリック学校...
タイトルとURLをコピーしました